漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

PとJK8巻28話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊フレンド2016年7月号のPとJK28話の感想です♪

28話はおそらくコミック8巻に収録。8巻の発売日は2016年10月ごろだと思います。

PとJK7巻28話のあらすじ【ネタバレ注意】

完歩大会

この日は完歩大会。カコがパンパンに詰まったリックを背負っているのを見て、三門があきれます。

「この重みは母の愛だから・・・」

どうやら山を心配した母に持たされたようです。

そのままスタートしますが、最初の休憩所に着いたころには、カコはヘロヘロになってしまいます。

「母の愛に押し潰されてんじゃん・・・」

その休憩所には大分先を行ってたはずのジローが寝っ転がっています。動くのが面倒になったと言ってゴロゴロしているジローですが・・・

「せんせー」
「1年の子が坂道転がり落ちたってー」

その誰かの声を聞いてガバッと立ち上がります。落ちたのは、やはり小野塚さん。ジローが駆け寄ります。

「今度はなんだよ~」
「イノシシにでも追いかけられたのか?」

「惜しいですね・・・」

「惜しいのかよ・・・」

結局、小野塚さんはここでリタイア。カコも同じくリタイアすることになり、三門とジローは二人で歩いていきます。

ジローと三門

「一緒に歩きたいならスタート前に誘えばいいものを小賢しい手を・・・」
「このドヘタレ野郎」

ジローが小野塚さんを待っていたのは、三門にはバレバレのようです。

「ほんっと呆れるわ」
「さっさと言やいいのに」
「イライラする」

(さっさと終わってほしいのに)

寂しそうな背中を見せながら、先を歩いていく三門。

「いや!オレだってさ!ちょっとずつ勇気メーターたまってきてんだよこれでも!」

と、反論しようするジローに、あとどれくらいでそれは貯まるのか訊きますが・・・

「・・・あとちょっと・・・」

やはり煮え切らないジローに、パアアアアンとビンタを食らわせます。

「半永久的に同じこと言ってろ」

再び先を歩いて行く三門。

「・・・あたしはもうじゅうぶん背中押したじゃん」
「・・・もう疲れた」

三門の言葉にジローはハッとした表情に。

「決められんのはあんただけなんだから」
「この状況を終わらせるか」
「続けるか・・・」

告白

「・・・うん」
「そうだな」
「終わらせるよ」

真剣な表情で少し考えんだ後、これから告白することを宣言するジロー。そして、背中を押してくれた三門にお礼を言おうとしますが・・・

なんと三門の目から涙が溢れています。なぜ、三門が泣いているのか混乱するジロー。

「えっえっ?えっ!?」

三門も、自分でも気づかないうちに泣いていることに気づき、狼狽します。

山のせいでちょっとおかしくなったということで誤魔化すと、ジローがここでリタイアするよう勧めます。

自分も付き合うといい出すジロー。

「・・・だめ」
「・・・せっかく勇気出たんだから」
「あたしなっか置いて」
「さっさと行けよチビ!!」

三門はそう言ってジローを突き放しますが・・・

「嫌だよチビ」
「オレの方がちょっとでけーもん」

ジローがニコッと笑います。泣いている人を置いてはいけないというジロー。

「なんたって俺ヒーローだから!」

冗談っぽく言うジローの顔を見て、三門はこれまでのジローとの思い出が蘇ってきます。

「・・・すき」

思わず本音が溢れてしまう三門。

(しまった)