漫画ファンBlog

大好きな漫画のあらすじを紹介します♪

PとJK9巻33話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊フレンド2017年1月号のPとJK33話のあらすじです♪

33話はおそらくコミック9巻に収録されると思います。

PとJK9巻33話のあらすじ【ネタバレ注意】

修学旅行2日目

「せ~のっ」

「萌え萌え♡」
「にゃんにゃん♡」
「おいしくなあれー♡」

メイドカフェで、ノリノリでおまじないを唱えるカコと三門。

「萌え萌え♡」
「にゃんにゃん♡」
「おいしくなあれー♡」

同じくジローも満面の笑みで、おまじないを唱えます。しかし、大神だけは恥ずかしすぎて、赤い顔で固まってしまいます。

「・・・あれれ~?」
「平助ご主人様の声が聞こえにゃいですよお~?」

「ちゃんと言えよ~平ちゃん!」
「おいしくならにゃいぞ☆」

メイドさんやジロー達から、おまじないを促される大神。

(ここは地獄か)

結局、恥じらいを捨てられないまま、ムリヤリおなじないを唱えされられます。

カコと三門と大神

メイドカフェを出ると、今度は原宿へタルトを食べに行くことに。しかし、途中でジローがマニアックな特撮グッズの店を見つけ、1人で入っていってしまいます。

その間に、三門は大神に昨日のことを聞こうとしますが・・・

「・・・唯のことならジローにきけ」

大神は、自分から話すつもりはないようです。そして、大神はジローを追って、店へと向かいます。

「待てってt!」
「それだけじゃなくて・・・」
「・・・カコと功太のことだよ」

「・・・あ?」

足を止めて振り向く大神。

三門は、仙道唯がカコと功太の関係を知っていたことを伝えます。それを知ってるのは、三門と功太の同僚と大神だけ。

「・・・あんた身に覚えない?」

「三門!」
「そんな言い方・・・」
「大神さんが言うはずないよ」

大神を問い詰める三門を、カコが慌てて止めます。

「いいよ本谷」
「矢口の言ってることはもっともだ」
「けど」
「オレも誰にも言ってねえ」

なぜ知っているのかは分からないものの、仙道は悪い人間ではないという大神。

「おまえらが関わらなけりゃなにもしねえよ」

仙道を弁護する大神に、顔を曇らせる三門。

「あんたはこれからも関わるつもりなの?」
「・・・関わらないほうがいい人間と」
「関わるつもりなら・・・」

3人の間に緊張した空気が漂いますが・・・

「はーい」
「おまたせー☆」

ちょうどそこへ特撮グッズを掲げて、ジローが満面の笑みで戻ってきます。

カコと三門とジロー

シリアスな雰囲気が台無しななり、白ける3人。

「よし」
「原宿行こ」

「見ーろーよーーー!!」

ジローを無視して、三門とカコは歩き出します。すると・・・

「あー・・・ジロー」
「オレちょっと自分の学校んとこ戻るわ」

そう言って、大神はサッサと帰ってしまいます。

さすがに何かあったことに気づくジロー。そんなジローに、三門が先程のことを説明します。

「はー?」
「なんで今言うんだよっ」

「今しかきけねーだろっ」
「ま ジローにきけって言われたけど?」

怒り出すジローに逆に三門が詰めよります。しかし、ジローは大神と仙道は幼なじみだと言うだけで、それ以上は言葉を濁らせてしまいます。

「つーかっ」
「平ちゃんが言いたがらねーことをオレから話すわけねーだろ」
「平ちゃんの気持ちも考えろやな」

険悪な雰囲気が漂うジローと三門。カコが慌てて間を取り持ち、タルト屋へ行こうと提案しますが・・・

「・・・オレいいや」
「2人で行ってこいよ」

と、ジローまでも帰って行ってしまいます。

結局、2人で行くことになり、駅までやってきたカコと三門。

カコは大神が傷ついたのではないかと心配にしかし、三門も自分のために言ってくれたことを思うと、申し訳なくて仕方ありません。

(三門)
(悪者にして)
(ごめん・・・)

カコが三門に先程のことを謝ろうとしたその時・・・

(・・・で・・・)
(出たーーー!!)

ロッカーの方に、何と仙道の姿を見つけます。

ロッカーの中にポンと紙袋を入れる仙道。そして、仙道が去ってしばらくすると、帽子をかぶった男がロッカーを空け、紙袋を持って行きます。

「・・・!!」
「い」
「今のって漫画とかでよく見る・・・」
「いけないモノをいけない人にお渡しする手法だよね・・・?」

ガクガクと震えながら青ざめるカコと三門。

(タルト食ってる場合じゃないよ!!)