漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

PとJK9巻34話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊フレンド2017年3月号のPとJK34話のあらすじです♪

34話はおそらくコミック9巻に収録されると思います。

PとJK9巻34話のあらすじ【ネタバレ注意】

カコと大神

「これからどうするかは」
「おまえが決めろ」

そう言ってじろー達の所へ戻っていく大神。しかし、大神のシャツの袖をカコが掴みます。

「・・・ごめん」
「ちょっとよくわかんない」

「・・・え?」

思わぬカコの反応に、大神は唖然としてしまいます。

「しょーがないじゃんバカなんだから!」
「『これからどうするか』ってどういうこと?」
「絶好とかそういう話?」

アホなことを言う自分が恥ずかしくながらも、真意を訊ねるカコ。

「・・・まあ・・・」
「そういう話・・・」

「嫌だよ絶対!!」

大神の答えを聞いて、カコは絶叫します。

「まあ仙道さんは謎だけど・・・」
「でも大神さんは謎じゃないし・・・」
「なんのに大神さんと絶交するって意味わかんない」
「だから絶交とかしない」
「おっけー?」

「あ」
「うん・・・」

結局カコの迫力に大神が押し切られる形で、2人はじろーと三門の方へ戻っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

最終日

翌日はとうとう修学旅行最終日。この日も4人で行動するはずが、じろーと三門が電車の都合などで合流が遅れ、とりあえずカコと大神は2人で遊ぶことに。

カコの希望で動物園へ向かう2人。

「・・・あ」

2人がうさぎと触れ合っていると、同じくそこに居合わせた仙道と出会います。

「彼氏持ち女と隠密デート楽しそうだね」
「ったく・・・ここなら誰も来ないと思ったのに・・・」
「じゃーねー」
「浮気中にお邪魔しましたー」

仙道はさらっとイラつくことを言って、帰っていきます。イチイチ突っかかってくる仙道に、カコがイライラしていると・・・

「・・・唯」
「一緒に昼飯食いに行くか?」

大神が仙道を誘い、カコは唖然としてしまいます。

「・・・別にいーけど」
「そいつも一緒なのぉ?」

カコの方をジロリと見つめる仙道。しかし、大神にたしなめられ、結局3人でファミレスへ向かいします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ファミレス

「平ちゃんそれおいしい?」
「ひとくちちょーだい」
「食べさして~」

ファミレスへ入ると、仙道が大神に甘え始めます。

「ガキじゃねえんだから自分で食えや」

「あーこの人の前だからってカッコつけてんだー」
「略奪狙いなんでしょ」

仙道の爆弾発言に唖然とするカコと大神。

「あっでも・・・」
「平ちゃん純情だから略奪とかムリかー」
「だってさー超ウケんだよ平ちゃん」
「同じ布団に寝てんのになんもしてこないの!」
「あり得ないっしょー」

仙道のさらなる暴露にカコは真っ赤に。大神はあわてて仙道の口を押さえます。

気まずい雰囲気になるカコと大神。

「飽きたから帰る」
「平ちゃんごちそうさまー」

言いたいことだけ言った仙道は、サッサと帰ってしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

カコと大神

ちょうどジロー達から連絡が入り、合流することに。待ち合わせ場所に向かって歩きながら、カコはチラリと大神の方へ目をやります。

(ちょっとわかった)
(仙道さんて本当~に嫌なヤツだ!!)
(けど)
(大神さんにとっては)
(きっと気の許せる相手なんだ)

仙道との関係をもっと聞きたいものの、この微妙な雰囲気に戸惑っていると・・・

「・・・本谷」
「悪かったな」
「勝手に唯のこと誘って」
「本当は嫌だったろ」
「ちょっと唯の反応見ときたくて」
「おまえになんかする気があんのかどうか」

大神がカコに謝り、誘った意図を説明します。

カコはあれだけで、そんなことが分かるのかとビックリしてしまいます。

「・・・まあ・・・たぶん大丈夫じゃね?」
「佐賀野の件はオレが探りいれとくから」
「大丈夫だ」
「心配すんな」

「・・・ありがと」

大神の優しさが心にしみてくるカコ。そして、大神を疑ったり色々と聞き出そうとして、嫌な思いをさせたことを謝ります。

「別に嫌じゃねーかいいよ」
「オレを心配して言ってんのはわかったし・・・」
「・・・矢口だって」
「オレが潔白だって答えを聞きたくて聞いてる感じだったから」
「だから嫌じゃねえよ」

大神の言葉にカコの顔がほころびます。

「大神さんて・・・」
「やっぱり」
「いちばん優しいじゃん」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

帰宅

無事じろー達と合流し、最後の日を楽しむ4人。しかし、あっという間に時間はすぎ、帰宅の途へつきます。

飛行機で東京から戻り、学校で解散。帰り道カコがバス停へと向かうと、何と仙道と居合わせてしまいます。

仙道の隣に並ぶカコ。関わりたくないものの、無言のプレッシャーに負けて、声をかけようとすると・・・

「話しかけないでウザいから」

またまた突っかかってくる仙道にカチンと来てしまいます。

「あたし平ちゃん傷つける人きらいだからー」
「あんた平ちゃんのことキープしてんじゃん」

「キープって・・・」
「普通のトモダチだよ!」

ギロっとカコを睨みつける仙道。

「・・・それ本気で言ってんの?」
「あんたってさあ」
「ほんっとウソくさいよね」

さすがにこれには我慢できず、カコは無言でバス停を去っていきます。

(やっぱり関わっちゃダメな人だ)
(ムカつく)
(ムカつく!!)
(なんなのあいつ)
(なんで大神さんはあんな人を)

イライラしながら歩いていくカコ。しかし・・・

「平ちゃん傷つける人きらいだから」

仙道のその一言を思い出すと、足が止まってしまいます。

カコがその場で考え込んでいると、バタンという音が。そこには車で迎えにきた功太の姿があります。

カコに向かってニッコリと微笑む功太。

「カコちゃん」
「気付かなかった?」
「おかえり」

「ただいま・・・」