漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

PとJK10巻35話のネタバレ感想

  コメント (4)

別冊フレンド2017年4月号のPとJK35話のあらすじです♪

35話はおそらくコミック10巻に収録されると思います。

PとJK10巻35話のあらすじ【ネタバレ注意】

カコと功太

「おかえり」

「・・・ただいま」

功太から優しく出迎えられるカコ。

そんな優しい顔を見たカコは、つい功太の胸に飛び込んでしまいます。

「・・・功太くん」
「あのね・・・」

カコは仙道との出来事を口に出そうとしますが・・・

「・・・なにしてんだ」
「外だぞ」

功太はバッとカコを引き剥がします。

(やっちゃったな・・・)
(わかってるけど)
(でも)
(少しぐらい抱きしめてほしかった)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

カコの家

とりあえず、功太の車に乗ってカコの家へ。

家へつくと、功太はカコのお父さんに捕まり、ご飯とお酒まで付き合わされてしまいます。いつの間にか2人は仲良くなっていて、携帯でよく連絡も取り合っているようです。

ご飯を終えて、カコとお母さんが後片付けをしている間に、2人はベロンベロンに。お父さんは、お母さんに抱えられ寝室に連れられていきます。

「功太くん大丈夫・・・?」
「あの・・・ごめんね」
「お父さんに付き合わせて・・・」
「・・・なんか・・・」
「お父さんと連絡もとってるって」
「嫌じゃない?」
「つーか嫌だよね?」

「嫌じゃないよ」

心配そうに声をかけるカコに、功太はあっけらかんと答えます。

「・・・それに」
「まあ」
「大事な娘さんを任せてもらったわけですから」
「離れてるお義父さんが心配するのは当然だし」
「それに応えるのも当然だと思うよ」

真摯な功太の言葉に、カコはうるうると目から涙が溢れそうになってしまいます。

「なんか今そーゆーのしみるんだよ・・・」

「なにかあった?」
「さっき・・・」
「抱きついてきたじゃん・・・」
「・・・外だったから」
「ごめんな・・・」
「オレも」
「ほんとは・・・」

酔ってウトウトしながらも、功太が心配そうに顔を寄せてきます。

「・・・功太くん」
「ぎゅーってして・・・」

功太の胸に飛び込み、抱きしめてもらうカコ。

「もっと!!」

カコも思いっきり功太を抱きしめます。

「もっと・・・」

ドタン

カコを抱きしめながら、そのまま倒れ込んでしまう功太。力尽きたようで、ぐーぐーと寝息を立てます。

そこへ、ちょうどお父さんを寝かせたお母さんが戻ってきてしまいます。

「あらも~」
「お父さあ~ん」

抱き合って寝っ転がる2人を見て、楽しそうにお父さんを呼びに行こうとするお母さん。

「やめて」
「お父さん呼ばないで!!」

カコはあわててお母さんを止めます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

数時間後

しばらくして起きると、歩いて帰っていく功太。酔い覚ましをかねて、歩いて帰るようです。

カコも途中まで功太を見送りに行き、歩きながら話をします。

「さっき抱きついてたときに」
「『もっと』って言ってたけど」
「足りた?」

「っえ」
「あっハイ!」
「ハイ・・・」

真顔でそう聞かれ、カコはふしゅ~と頭から湯気が出てきてしまいます。しかし、仙道のことを思い出すと、またすぐに元気がなくなります。

「・・・あの」
「わたしって嘘くさいかな・・・?」

思い切って、功太に聞いてみるカコ。

「・・・え」
「誰かにそう言われたの?」
「・・・まあ」
「わからんでもないけど」

「あっ・・・」
「あっ・・・」

功太の反応がショックで、カコは泣きそうになってしまいます。

「あイヤ」
「そう思う人もそりゃいるだろうって意味」

功太はあわてて弁明。

「君にだって理解できない人間っているだろ」
「相手にとっては君がそうってだけ」
「理解してほしいなら努力が必要だけど」
「そうじゃねーならほっときゃいいよ」
「だって君嘘つけないだろ」
「な」

そう言ってニッコリと微笑む功太。

「・・・・・・・あ」
「そうかも・・・」

カコも思わず納得し、元気が出てきます。

「で」
「もっかいきくけど」
「ぎゅーって」
「足りた?」

「足りない!!」

カコが功太の胸に飛び込み、2人は思いっきり抱き合います。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

仙道の部屋

ブー
ブー
ブー

夜、仙道が部屋で横になっていると、誰かから電話がかかってきます。

「・・・もしもし」

布団の中で電話に出る仙道。

「・・・いや」
「起きてたけど寒いから布団入ってる」
「・・・えー」
「こたつも電気代かかるじゃん・・・」
「布団でいいよ」

その時、外で物音がして、仙道はバッと跳ね起きます。

しかし、遠ざかっていく音を聞き、ホッとため息を出ます。

「・・・あのさ・・・」
「もう」
「いなくなんないでね・・・」

電話の相手に、弱々しく懇願する仙道。

「わかってるよ」
「唯」

電話先では、電話をしながらタバコを吸う大神の姿が。