漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

虹色デイズ12巻44話のネタバレ感想

      コメント (0)

別冊マーガレット2016年3月号の虹色デイズ44話のあらすじと感想です♪
44話はおそらくコミック12巻に収録。
12巻の発売日は2016年4月ごろだと思います。

虹色デイズ12巻44話のあらすじ【ネタバレ注意】

学校祭の準備

ぎゃあああああああああああ

教室に作られた仕切りの中へ、夏樹が拉致されていきます。

「うう・・・」

ムリヤリ採寸を取られ、涙目で出てくる夏樹。

学園祭が間近となりドンドン役割が決められていきます。夏樹は去年に続いて女装コンテストに出ることに。ミスコンにはまっつんが推薦されます。

5組ではミスコンに決まり、ずーん・・・と落ち込んでいるまりの姿が。すると、そこへまっつんがまりに会いにやってきます。

まりがミスコンに出ることを知り、唖然とするまっつん。相手の男子に焼いてしまいます。しかし、一方のまりはまっつんの相手が誰でも、全く気にならない様子。

「それは信用されてるって」
「受け取っていいの?」

「・・・いんじゃない」

口を尖らせてそう答えるまりに、まっつんのハートがズッキュンと射抜かれます。ちらっと物陰へ目をやるまっつんでしたが・・・

「まりちゃんちょっと向こういかね?」

「なんで」

「チューしよ♡」

「頭湧いてんのかてめえ」

翌日

まりのクラスでは、クジで杏奈が学級委員に決まったようです。それを聞いた夏樹は、学校祭当日も忙しくて杏奈と一緒にいれないのではないかと不安になってきます。

(なぜこうも・・・)
(毎度不安要素が湧いてくるのか・・・)

準備の合間に手の空いた夏樹は、杏奈の様子を見に行くことに。

その頃、杏奈は調理に使うじゃがいもを運んでいます。

(委員に決まった時はどうしようかと思ったけど)
(これくらいなら負担にならないな)
(これで当日は・・・)

「小早川さん!?」

杏奈の姿を見つけ、声をかける夏樹。そして、杏奈が持つじゃがいもを変わりに運びながら、家庭科室まで一緒に歩いていきます。

杏奈が学級員になったと聞いたことを伝え、夏樹は恐る恐る当日も忙しいのか訊ねますが・・・

「ううん」
「本番は初日の受付だけだから」
「そんなに忙しくないよ」

と、聞いて一安心。

家庭科室

家庭科室につき、台の上に荷物を下ろす夏樹。すると・・・

ゴロゴロゴロ

袋の中のじゃがいもが転がっていってしまいます。

「ごっごめん!!」

あわててじゃがいもを拾い集めるふたり。

(あ)
(まだ落ちてた)

夏樹が台の下に落ちた最後のひとつに手を伸ばします。

「えっ・・・」

夏樹の顔のすぐ横に、同じくじゃがいもを拾おうとした杏奈の顔が。

(わ・・・ち・・・)
(近いっ!!!)

ばっと後ろへ跳ね退き、あやまる夏樹。しかし、杏奈は顔を紅潮させ、ぼーっとなっています。

夏樹があらためて謝ると・・・

「ううん!!大丈夫」
「私こそごめんなさい」
「振り向いたら顔が近かったから」
「キスのこと思い出しちゃっただけで・・・」

言った瞬間、ハッと口を抑える杏奈。

「え・・・?」
「あのっ・・・」
「今なんて」

夏樹と杏奈

ガラッ

そこへ他の生徒が入って来ます。ふたりはあわてて起き上がり、互いの準備に戻ることに。

(あれ・・・?)
(気のせいかな・・・?)
(さっき)
(キスのこと思い出しただけで・・・)
(って言ってなかった?)
(誰の話なんだろう)

作業をしながらモヤモヤする夏樹。一方、杏奈は顔を真っ赤にしたまま、クラスへ戻ってきます。

(困ったな・・・)
(言うつもりなかったのに・・・)
(どうしよう・・・)
(羽柴くん・・・)
(どう思ったかな・・・)

虹色デイズ12巻44話の感想【ネタバレ注意】

なっちゃん相変わらず運が悪いというか間が悪いというか・・・(笑)

確かなっちゃんが小早川さんにキスした時、熱にうなされていてそのことを覚えてないんですよね。で、小早川さんはそれを知らず、なっちゃんがどういうつもりでキスしたのか気になっているという感じだったと思います。

そこに来て、今回の誰か他の人とキスしたと誤解させるような言動。クリスマスの時のキスが、まさかこんな風に繋がってくるとは驚きました。

なっちゃんせっかく学園祭で告白すると決心しているのに、これでグラつかないといいのですが。

これを乗り越えて、なっちゃんがちゃんと告白できるのか注目ですね♪