漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

虹色デイズ12巻45話のネタバレ感想

  コメント (2)

別冊マーガレット2016年4月号の虹色デイズ45話のあらすじと感想です♪

45話はおそらくコミック12巻に収録。12巻の発売日は2016年4月25日です。

虹色デイズ12巻45話のあらすじ【ネタバレ注意】

学祭初日

(だれかとキスしたことあるって事だよね・・・)

ついに学祭スタート。しかし、夏樹はこの前の杏奈の言葉を思い出し、ひとり悶々としています。

その頃、杏奈も明日のことを考えています。

(家庭科室の事聞かれたら)
(何て言おうかな・・・)
(やっぱり)
(もう隠さないで)
(全部伝えた方がいいよね・・・)

カップリング喫茶

ひとりで校内をまわっている夏樹。するとカップリング喫茶というお店が、えらく盛り上がっています。

「オレの方が年下ですけど・・・」
「よかったら付き合って下さい!!」

「・・・あの私・・・」
「ごめんなさい!!」

夏樹がお店を覗くと、ちょうど告白した男子がフラれる場面に遭遇。2人がまた友達に戻れるようにも見えず、フラれた男子のこの後のことを思うと、また悶々としてきます。

フラれれば友達の関係すら終わること、杏奈がキスをしたことがあるかもしれないこと、それでも決意は変わらないこと。何度も覚悟したはずなのに、もう自分でも何を悩んでいるのか分からなくなってきます。

(大丈夫)
(大丈夫だよ)
(大丈夫・・・)
(ただ一言)
(言うだけ・・・)

荷物置き場

「・・・あれ・・・?」
「羽柴くん・・・?」

杏奈に声をかけられる夏樹。カップリング喫茶を出て、フラフラ歩いているといつの間にか校舎の隅の荷物置き場に来ていたようです。

イキナリ杏奈に出会ってビクッとする夏樹。しかし、今ここには誰もいないことに気づきます。

(2人きり・・・)
(じゃあもしかして)
(言ってもいい・・・?)

言ってもいいのか、やっぱり明日がいいのか、でもなぜ明日にこだわっているのか、また訳が分からなってくる夏樹。

「・・・?」

そんな夏樹を、杏奈は何かあったのかと心配そうに見つめています。

「・・・・・・」
「あの」
「オレ・・・」

「また明日っ」

結局何も言えずに、夏樹はその場から逃げるように走り去ります。

学祭2日目

翌日、メイク室の前で、自分の番を待っている夏樹。いよいよ約束の日となりますが、ほんとにちゃんと告白できるのか不安になってきます。

そこへ、同じくミスコンのメイク待ちの望月が夏樹を見つけて声をかけてきます。夏樹が元気のないのに気づく望月。

「もしかしてフラれました?」

「フラれてないよ!!!」

演技でもないことを言われ、夏樹は大慌てで否定。しかし、とてもツラそうな顔をしている夏樹を見て、望月は自分も辛くて一度は告白を諦めようとしたことを伝えます。

「でも今は告白した事を後悔していませんし」
「好きな人のいる毎日は」
「とっても楽しかったです」
「羽柴くんは違いますか?」

ハッとして自分のことを振り返る夏樹。頑張っても全然うまくいかなくて、何度も失敗して、カッコ悪いところを見せて、情けなくなって、落ち込んで、悩んで、それでも恋をした後は・・・

「・・・オレは」
「楽しかった・・・」
「楽しかったんだ・・・」

でも、楽しすぎて、心のどこかでこんな日々が続くことを願っていた夏樹。

(それじゃ)
(だめなのに)

校庭

望月にお礼を言って、校庭へ走り出す夏樹。杏奈との日々はどれも夢のようで、それを失うかもしれないけれど、それでも、もうそれだけでは足りません。

「こっ・・・」
「小早川さん!!」
「迎えに」
「来ました・・・」

(大好きな)
(君の)
(君の笑顔が)
(もっと見たい)

虹色デイズ12巻45話の感想【ネタバレ注意】

前回、杏奈の話を変な風に誤解してしまい、またうまくいかないかと心配しましたが、どうやら今回はちゃんと告白できそうですね。

これも全てもっちーのおかげかな。なっちゃんはライバルだったのに、もっちーいい人だ(;_;)

まあ、なっちゃんのことなので、最後の最後にまた何かあるかもしれないけど(笑) というか女装コンテストのメイク待ってたみたいだけど大丈夫なんでしょうか。杏奈に告白して、それから間に合うのかな。

ちょうど告白しようとした時に、連れ戻されるかもしれませんね。それとも、もしかして女装コンテストの舞台から告白・・・・ってことはさすがにないかな(笑)

一体どういうシチュエーションで、なっちゃんが告白するのか楽しみですね♪