漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

虹色デイズ13巻47話のネタバレ感想

      コメント (0)

別冊マーガレット2016年6月号の虹色デイズ47話のあらすじと感想です♪

47話はおそらくコミック13巻に収録。13巻の発売日は2016年8月ごろだと思います。

虹色デイズ13巻47話のあらすじ【ネタバレ注意】

屋上

「・・・私も」
「好きです・・・」

涙をこぼしながら、自分の気持ちを伝える杏奈。

(小早川さんが)
(小早川さんがオレを・・・)

夏樹は、杏奈の言葉が信じられません。びっくりしすぎて、ばたーんっ、ゴッと倒れて頭を打ってしまいます。

しかし、どうして杏奈が泣いているのか分からず訊ねると・・・

「羽柴くんが好きって気づいてから」
「すごく世界が変わったの」
「明るくなったり」
「暗くなったり・・・」
「でも今は・・・」
「今までで一番キラキラしてる・・・」
「こんなに」
「嬉しいことってない・・・」

杏奈が涙を浮かべながらも、ニッコリ微笑みます。そんな杏奈を見て、夏樹は夢でも見ているかのような気持ちになってしまいます。

キッカケ

「・・・いつくらいに気付いたの?」

何気なく、そうなったキッカケを訊ねる夏樹。

「・・・えっとそれは・・・」
「去年のクリスマスの後くらいに・・・」

そう言いながら、なぜかモジモジしている杏奈。そして、夏樹の耳元で何かをささやきます。

「!!!!!!?」
「キ・・・キキキキキキ」
「キ・・・ス・・・・!!?」

熱でうなされている時にキスしたことを知らさせ、狼狽しまくる夏樹。

「最低すぎますね・・・」

夏樹はズーーーンと落ち込んでしまいます。

しかし、そのおかげで、色々考えることができたことを嬉しそうに話す杏奈。そして、今まで黙っていたことを謝ります。

そんな杏奈の両手をギュッと握りしめる夏樹。

「好きになってくれて・・・ありがとう」
「でもこれからは」
「もっと何でも話してね」
「何でも聞くし」
「オレも言うから」
「それに何より一番」
「小早川さんには笑っててほしい!!」
「いっしょうけんめい大事にするので」
「どうぞよろしくお願いします!!」

「・・・はい!!」

入り口

お互いの気持ちを確かめ合ったものの、少し恥ずかしくなってくる二人。夏樹はテレ笑いする杏奈がかわいくて堪りません。

「・・・キス」
「覚えてないのはちょっと悔しいね・・・」

つい夏樹がそんなことを口に出してしまうと・・・

「そういえば・・・私も少し」
「忘れたかも・・・」

杏奈もカーッと真っ赤になりながら、モジモジしています。

身体を寄せ合い見つめ合う二人。二人の胸がドクンドクンと高鳴ります。そして、唇と唇が重なりそうなった瞬間・・・・・・

カタッ・・・ギィィ・・・

入り口の扉が開きます。そこにいたのは、もちろん恵一たち。身を乗り出しすぎて、扉が開いてしまったようです。

「や」
「ごめ~ん」
「ちょと見かけてさ・・・」

と、野次馬根性丸出しの恵一たち。

「なんで見てんの・・・」
「あとででいーじゃんか・・・」
「結局こーなるんだよ・・・」

夏樹はせっかくのキスのチャンスを邪魔され、泣けてきます。

夏樹に構わず、二人に駆け寄る恵一達。そして、パァーッと明るく祝福して、サッとどこかへ消えて行きます。

「・・・・・・邪魔するだけして」
「速攻いなくなった・・・」

呆然とする夏樹。一方、杏奈は夏樹の隣でクスクスと笑っています。

「おもしろいね!!」

そんな杏奈の笑顔を見ていると、夏樹ももう邪魔されたことなど、どうでもよくなってきます。

「そうだね!」

ミスコン

「・・・杏奈」
「幸せになれるかな・・・」

ミスコンの控え室では、まりが杏奈のことを思い、泣いています。

「なるよ」
「夏樹はいいヤツだし大丈夫」

優しく声をかけるまっつん。

「ちびざるも」
「同じこと言ってた・・・」
「アンタのこと・・・」

「じゃあ」
「まりちゃんも幸せになれるな」

一方、開始時間が迫ったミスコン会場では、司会の恵一が会場を盛り上げています。

そんな恵一の姿を遠くから、見つめている希美。

(私も・・・)
(いつか杏奈さん達みたいになれるといいな・・・)