漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

虹色デイズ13巻49話のネタバレ感想

      コメント (0)

別冊マーガレット2016年8月号の虹色デイズ49話のあらすじと感想です♪

49話はおそらくコミック13巻に収録。13巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

虹色デイズ13巻49話のあらすじ【ネタバレ注意】

キャンプ

この日、キャンプへやって来た夏樹たち。保護者同伴で、圭一のお兄さんの片倉先生と、まりのお兄さんも一緒です。

準備の担当をドンドン割り振っていく片倉先生。

「え?なんで」
「オレら中?」

なぜか取り残され、訳が分からない夏樹、恵一、まっつん。

「何でって・・・」
「勉強だよ」
「キミたち受験生でしょ?」

何とここまできて、成績の悪い夏樹たちだけ勉強をさせれることになってしまいます。

ず~~んと暗い雰囲気で、仕方なく勉強する夏樹達。外では、早々に準備終わらせたみんながバーベキューを楽しんでいくます。

「・・・圭一さん・・・?」
「あーんしていいですか!!!?」

そこへ、希美がやってきて、恵一へお肉を食べさせてくれます。

「羽柴くん」
「プリント終わった?」

夏樹のところへは、杏奈がきて勉強を教えてくれることに。

まっつんは、まりの方へ目をやりますが・・・

(こっちすら向いてくれないっ・・・!!!)

お兄さんと話し込んでいて、まっつんには全く関心がない様子。

「まりちゃんオレにも何かかないのぉ!!?」

あまりに可哀想に思ったのか、片倉先生が残りは宿題にしてくれ、その後は全員でバーベキューを満喫します。

つよぽんとゆきりん

食後の散歩に出かけるつよぽんとゆきりん。ゆきりんは、大好きなつよぽんやみんなとキャンプに来れて、とても嬉しそうです。

お互いに通い始めた塾の様子などを話す二人。ゆきりんは冗談っぽく、かわいい女の子がいたか訊きますが、全く心配はしてない様子。

ゆきりんが自分のことを信じきっていることに、つよぽんが感心していると・・・

「それはズバリですね!!」
「相思相愛で以心伝心で」
「つよぽんぬが誠実だからですよ!!」

幸せそうに笑うゆきりん。

すると、二人のところへボールが転がってきます。さらに、それを追って小さな女の子と若いお母さんがやってきます。

ボールを女の子に手渡し、嬉しそうに見送るゆきりん。

「いーよねー!!」
「『お前の母ちゃん若いな』って言われるのあこがれだもん!!」

「息子設定なんだ・・・」

夜は、キャンプファイヤーを楽しむと、すぐに片倉先生が消灯を告げます。

早すぎる消灯にブーブーいいながら、布団の中でガヤガヤと話をしているまっつん達。横で静かに寝ているつよぽんはちょっとうるさく感じますが、最近はそれが心地よく感じます。

と、そんなことを考えていると、さっきまで騒いでいたみんなが、あっという間にみんな寝ていて呆気にとられるつよぽん。疲れているのに何故か眠れず、一人外に出て空を眺めます。

するとそこへ、つよぽんが外に出る音で目が覚めた恵一がやってきます。寢れないのか恵一が訊ねると・・・

「・・・だってもうさ」
「こーゆーの最後かもしれないじゃん」

しんみりと答えるつよぽんに、恵一は少し驚いた様子。

未来のことを考えいるつよぽんと、今をめいっぱい楽しんでいる恵一。ふたりの話はイマイチ噛み合いません。

自分も前は恵一と同じだったものの、みんなが進路表を書いた頃から感じ方が変わってきたというつよぽん。

「それとなく」
「次が見えたっていうか」
「大人にならないと」

一瞬、唖然とする恵一。こんな楽しい日に、そんなことを言い出すつよぽんに、軽く怒りだしてしまいます。

そして、なぜ自分にそれを言ったのか訊くと・・・

「恵ちゃんが一番オレと正反対だからかな」
「たぶんね」

つよぽんが静かに答えます。