漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ReReハロ7巻27話のネタバレあらすじ

  コメント (2)

別冊マーガレット2015年6月号のReReハロ27話のあらすじです♪
27話はおそらくコミック7巻に収録。
7巻の発売日は2015年6月25日です。

ReReハロ7巻27話のあらすじ【ネタバレ注意】

湊の部屋

湊の部屋へ食事を作りにきているエツコ。色々と湊の世話をし、心配している様子。改めて家に戻るつもりはないか湊に訊ねますが、やはり湊はそのつもりはないようです。せめて電話だけでもすることを勧めますが・・・

「援助は完全にないわけじゃないし」
「困ってないよ」

静かに呟く湊。

リリコの家

この日は父たちが朝から出かけ、家事が捗るリリコ。しかし、洗濯などを済ませ、特売のタマゴ狙いでスーパーへ向かっていると父から電話が。事務所で常連さんの対応を押し付けられてしまいます。

「勝手に用事押し付けないでよーっ!?」
「バカ親父っ」

そんな様子を影から見つめるエツコ。

湊達のカフェへ行くエツコ

エツコはそのまま青旺の文化祭へ。カフェで湊と斉木に歓迎されます。湊の父の許可が出て、明日から夕食の支度をしに行くと聞き、斉木は喜んでくれますが・・・

「・・・」

湊は無言。

カフェで出て、二人は校庭へ。湊はエツコが先ほど言っていた食事の件は、必要ないことを伝えます。

「H.Y.Aサービスのお嬢さんですか?」

父の手伝いをしているだけの高校1年生の女の子に、務まるとは思えないというエツコ。湊はムッとしながら、プロではなくても腕は確かだとリリコを擁護しますが・・・

「そういう事ではありません」

母親がおらず、学校に通いながら家事をこなし、家業の手伝いまでしているリリコ。その上、湊の食事の支度までしていると、勉強や自由になる時間もままならないだろうと言うエツコ。

「今はいいかもしれませんが」
「このままこんなことを続けていたら」
「いずれ倒れてしまうかもしれませんよ」

そう言われると、湊は何も言い返せなくなってしまいます。エツコは屋敷に戻り、ひとりベンチに腰かける湊。

「今日 父が来るはずだったんですけど」
「倒れて入院してしまいまして!」

初めてリリコに会った時のことを思い出します。

H.Y.Aサービス事務所

常連さんの相手だけでなく、結局父からなし崩し的に色々仕事を押し付けられてしまったリリコ。最後のデータ入力の仕事をこなしていると、湊から電話がかかってきます。

パーッと明るい表情になり電話を取るリリコ。湊から何をしてたか聞かれ、手伝い中だけどもうすぐ終わることを伝えますが・・・

「・・・じゃあ これから会える?」
「あっなにコレ」

書類に不備に気づき、思わず湊の声を遮ってしまいます。戻ってきた父に書類のことを確認していると、湊は時間になり電話を切って戻っていってしまいます。

せっかく休憩中に湊が電話をくれたのに、遮ってしまい落ち込むリリコ。

「じゃあ これから・・・」

湊の言葉を思い出しますが、最後の一言だけが思い出せません。

(じゃあ これから☓☓☓?)
(じゃあ これから☓☓る?)
(じゃあ これから会える?)

答えに辿り着きポッと紅くなるリリコ。しかし、文化祭は身内しか行けなかったはずです。

青旺の校門前

(き・・・来てしまった・・・)

青旺の校門の前に立つリリコ。好奇心もあったものの、なんとなく湊の声が元気がない気がして、ここまで来てしまいます。

しかも、金髪のかつらに、サングラスとコート姿。どうやら保護者に変装したつもりのようです。これで完璧だと意気揚々と乗り込みますが・・・

「入場券がないと」
「お入りできません」

アッサリ追い返されてしまいます。しかし、運良く通りがかった小泉くんが、余っていた入場券を見せ、自分の母ということにして入れてくれます。

湊のもとへ

そのまま湊のもとへ案内してくれる小泉くん。小泉くんにお礼を言って別れ、湊と二人っきりになると・・・

ぶはっ
あははははは

事情を聞いて湊は大爆笑。ひと通り笑い終わると、「おいで」と手を差し出します。空き部屋へ連れられ、備品の制服に着替えるリリコ。湊は青旺の制服姿のリリコを見ると、

「これで堂々と一緒に見てまわれる」
「青旺の生徒として」

ニコッと微笑みます。一緒に写真を撮ったり、模擬店をまわったり楽しく過ごすリリコと湊。

(電話の声が少し元気ないかもって感じたのは)
(気のせいだったみたいだ)

リリコもひと安心。そして、あっという間に暗くなり、最後の花火を待ちますが・・・

「あーっ」
「あの時の便利屋さんじゃん・・・!」

珠理奈に見つかってします。

二人っきりになるリリコと湊

部外者がいることに、少し騒然となりかけますが、湊がリリコの手を取って走り出します。誰もいない屋外階段へ着くと、爆笑しだす湊。この日一日を思い出し・・・

「ハラハラしたりヒヤヒヤもしたけど」
「すっごい楽しかったよ!」

湊につられて、リリコも笑ってしまいます。

ドン
「わぁ!」
「キレー」

花火が上がり、見上げるリリコ。すると後ろから湊が抱きしめてきます。顔を真っ赤にするリリコに・・・

「リリコ」
「今日来てくれてありがと」