漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ReReハロ8巻30話のネタバレあらすじ

  コメント (0)

別冊マーガレット2015年9月号のReReハロ30話のあらすじです♪
30話はおそらくコミック8巻に収録。
8巻の発売日は2015年10月23日です。

ReReハロ8巻30話のあらすじ【ネタバレ注意】

昨日、湊とのことを永遠に打ち明けようとしたところ、避けられてしまったリリコ。登校の電車の時間もズラされ、この日は秦と二人っきりに。

秦はリリコと湊とのことは気づいていたようで、永遠もそれを聞きたくなくて避けたのだと察します。永遠が聞きたくないでのであれば言わない方がいいと思い、秦にも知らないフリをしてくれるようお願いするリリコ。

リリコと会うのが気まずくて、ひとりで登校してきた永遠。しかし、リリコは他の人には黙っている湊のことを、自分にはちゃんと話してくれようとしてのに、ちゃんと聞かなくていいのかと自分に問いかけます。

教室の前でリリコと秦顔を合わせた永遠。思い切って昨日の話は何だったのか訊ねます。

「へっ!?」

永遠から聞いてくるとは思わずビックリするリリコ。しかし、さっきこの件は言わないと決めたばかりで、大したことじゃないと誤魔化してしまいます。

リリコがちゃんと答えてくれないことに驚き、そして悲しそうな表情になる永遠。その場から駆け去って行きます。慌てて永遠を追いかけて行くリリコと秦。しかし、そのリリコに・・・

「どーせリリちゃんはあの人のことで頭いっぱいで周り見えてないんだよ」
「あの人さえよければあとはどーでもいーんでしょ」
「私のことなんてどーでもいいって思ってるんでしょ!」
「だからそんな風に適当に誤魔化すんだ」

泣きながら永遠が怒鳴ります。

昼休み

昼休み、湊へ電話で日曜日のごはんのことを相談するリリコ。しかし、湊はどうせならデートしようと提案します。実は2人はこれが初デート。リリコはトキメイてしまいますが、永遠のことを思い出すとひとりだけ楽しむ気分にはなれません。

それを伝えると、湊はそれなら4人でデートしようと再提案。いいアイデアだと喜ぶリリコ。しかし、そもそも永遠が来てくれる気がしないと再びガックリ。

その日の放課後。ひとりでトボトボと帰っていく永遠。朝、八つ当たりで怒鳴ってしまったことを後悔し、リリコにも秦にも合わせる顔がありません。

「トワ」
「リリコの呼び方しか知らないからそう呼ぶぞ」

いきなり湊が声をかけてきて驚く永遠。湊は、日曜日リリコと一緒に動物園へ行くので一緒に来るよう手短に伝え・・・

「言っとくけど・・・」
「来なかったらリリコに酷いやつあたりするよ」

そう言う湊の表情が、永遠フィルタを通すと鬼のような形相に映ります。

(・・・ディ・・・)
(DV!?)

日曜日

食事の買い出しに行くと言ってリリコを駅へ連れて行く湊。すると、なぜかそこへ永遠と秦がやってきます。状況のよく分からないリリコに、来なければリリコが酷いやつあたりにあうと脅したと伝える湊。

リリコは慌てて、永遠へ謝ろうとしますが・・・

「ん?あたしが?」

キョトンとした表情で湊の方を見つめるリリコ。

「だから」
「トワは」
「リリコを酷い目にあわせたくないからら来たんだろ?」

湊の言葉を聞き、目を潤ませながら永遠を抱きしめるリリコ。そして、永遠に嫌われたんじゃないかと思い怖くてまらなかったことを打ち明けます。すると永遠も同じことを思っていたことを打ち明け、2人はぷっと笑い出します。

改めて湊を永遠に紹介するリリコ。

「周防湊・・・くん」
「・・・つきあってるんだ」

湊を紹介され、永遠は「・・・うん」とだけ答えます。

動物園

そのまま4人は動物園へ。途中2人になるリリコと湊。

「湊・・・今日ありがとうサプライズ」

リリコは永遠と仲直りさせてくれたお礼を言いますが、湊はキョトンとした表情に。永遠を動かしたのも仲直りせたのもリリコの力だと言って頭をなでる湊。

「それでもやっぱり」
「キッカケをくれた湊のおかげだよ」
「ありがとう」

屈託のない笑顔でそう言うリリコ。そんなリリコの笑顔を見た湊はボソリと呟きます。

「自分のためにしたことだからあんま感謝されるのも」

(はやく)
(いつもみたいに屈託なく)
(笑ってほしかっただけだよ)