漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ReReハロ9巻32話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2015年11月号のReReハロ32話のあらすじです♪
32話はおそらくコミック9巻に収録。
9巻の発売日は2016年2月ごろだと思います。

ReReハロ9巻32話のあらすじ【ネタバレ注意】

湊の部屋

いつも散らかし放題の湊。エツコに注意され、めずらしく片付けをしていると、引き出しから香水の瓶が出てきます。これは母が新婚旅行で父から贈られたもの。

「なんで」
「こんなところに・・・」

その夜、湊の夢の中で母との思い出が蘇ってきます。

いつも自分のことを邪魔くさそうに扱っていた母。ある日湊はドアの裏から、母がエツコに湊のことを話しているのを耳にします。

「私 もともと子供嫌いなのよね」
「欲しくなかったけどこの家のために仕方なく産んだの」
「それだけでも感謝してほしいわ」

翌日

昨日、母の夢でうなされてよく眠れなかった湊。しかし、この日はリリコと一緒にバイトが入っています。

依頼人は若い女性。今日と明日2日に分けて部屋の模様替えを手伝うことに。

依頼人の部屋を一緒に訪れるリリコと湊。するとイケメンの湊を見た依頼人は、露骨にベタベタしてきます。

バイトを終えて、リリコはそのまま夕食を作りに湊の部屋へ。食事の準備をしながら、今日の依頼人の態度に愚痴をこぼしますが、イマイチ湊の反応がよくありません。

ボーッとして疲れているような感じの湊。リリコは食事ができるまで湊をベッドに休ませます。

グッタリとベッドで寝込む湊の夢に、また母との思い出が蘇ってきます。

湊が中学生(?)になったころ、ガンを宣告された母。看病する湊へ父が浮気をしていると、恨み言を聞かせます。

「私がこんな辛い目にあったるのに・・・」
「許せない」
「湊はママの味方よね」
「湊だけはママを裏切らないで」

(やめろ)
(今さら母親面するな)
(やめろ)

湊の部屋

食事の準備ができ湊を起こしにきたリリコ。するとベッドの側に、きれいな香水の瓶がおいてあるのを見つけます。手にとって眺めているリリコでしたが、湊が夢にうなされ暴れた拍子に、手の中の瓶が欠けてしまいます。

目を覚ました湊に瓶を割ってしまったことを必至に謝るリリコ。湊はもともと欠けていて要らないものだと言いますが、リリコにはとてもどうでもいいものには見えません。リリコが何度も謝っていると・・・

「いいんだって!」

イキナリ叫ぶと、リリコの手から瓶を取り、外へ捨てに行ってしまいます。瓶を捨てて戻ってきた湊は、オロオロしているリリコに、ニッコリ微笑みます。

「言ったじゃん割れてたんだって」
「捨てるつもりだったんだよ」
「ホント気にしなくていいーから」

その後、湊はいつもと変わらぬ様子。仕事を終えたリリコは家へ帰っていきますが、その前にゴミの集積所からさっきの瓶を持って帰ります。

(あんな顔)
(どうでもいい物だったら)
(きっとしない)
(捨てたらダメだ)

バイト

翌日、依頼人の要望でひとりでバイトにやってきた湊。しかし、依頼人の女性から母と同じ香水の匂いが漂ってきます。湊の顔は真っ青に。そして、イキナリ走りだしていきます。

湊が向かった先はゴミの集積所。しかし、昨日出した瓶はもう見当たりません。茫然となる湊。

「裏切らないで」
「湊だけは絶対ママを裏切らないで」

母の言葉が湊の胸に呪いのように鳴り響きます。

依頼人から連絡を受け、湊の変わりに依頼を済ませたリリコ。そして、湊へ連絡し湊がいる場所へ駆けつけます。
そして、昨日ゴミの収集所から拾ってきた瓶を取り出し、また割ってしまったことを謝るリリコ。その瓶に手をやった湊は・・・

「もうとっくに・・・捨てられてると思った」
「戻らないと思った」

震える手と震える声でそうつぶやく湊を見て、リリコはやはりこれは大切なものだったのだと感じます。

湊は少し落ち着くとリリコへ瓶や母のことを語り始めます。

「嫌いだったんだよ」
「捨てればもう思い出さずに済むと思ったんだ」
「スッキリするだろうって」
「逆だったみたいだけどな」
「捨てたら呪われるトコだった」

そう言って笑う湊。

その後、一緒に夕食の買い出しへ。無理している風でもなく、ホントに元気になった様子の湊を見てリリコはホッとします。

湊のマンションへ帰ってきた二人。すると、入り口の前の女性が立っています。その女性を見た湊の顔が真っ青に。

(香水瓶を見た時と)
(同じ反応・・・?)