漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ReReハロ9巻35話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2016年2月号のReReハロ35話のあらすじです♪
35話はおそらくコミック9巻に収録。
9巻の発売日は2016年2月25日です。

ReReハロ9巻35話のあらすじ【ネタバレ注意】

齊旺

齊旺学園へ登校してくる生徒たち。

「おはよー万里小路さん」

そんな中、女子生徒が男子たちから声をかけられ一緒に歩いていきます。女の子の名前は万里小路葵。最近、齊旺中等部3年に編入してきた万里小路葵。名前の通り元華族。しかし、実は家が事業に失敗し、無理して齊旺に通わせてもらっているようです。

昼休み、万里小路は他の女子達から声をかけられます。先生が日直の万里小路に、中庭の掃除を頼みたいとのこと。もちろん快諾し中庭へと向かいます。

「信じたよアイツ」
「バカなんじゃないのー?」
「華族か何だか知らないけど」
「外部の新入りが男子に媚うってんじゃねーよ」

中庭

中庭を掃わいている万里小路。すると後ろから来た湊にぶつかってしまいます。転びそうになる万里小路をサッと受け止める湊。

慌てて謝る万里小路を少し不審そうに見つめる湊。一緒にいた斉木が何をしているのか訊ねます。先生に掃除を頼まれたことを伝えると、またもふたりは万里小路を無言でじっと見つめます。

最近、編入してきたことを知りやっと事情を察する湊たち。齊旺では掃除は業者に委託。斉木は、きっとからかわれたのだと万里小路へ教えます。

それでも、なぜか掃除を続ける万里小路。斉木は止めようとしますが・・・

「・・・でも・・・」
「あとここだけ片付ければ綺麗になるので・・」
「せっかくなのでやっちゃいます」

そう言ってニッコリと笑う万里小路。そのやり取りを聞いて、なぜか湊はプッと吹き出します。

「嘘だったの!?エーッ!!でもいーややっちゃおう」

リリコだったら、そう言いそうと思う湊。全然タイプの違う二人が同じことをやりそうだと思うと、おかしくなってしまいます。

3人で自己紹介をし合う湊たち。

「葵・・・です・・・」

名字だと呼びにくいと思い、下の名前を伝える万里小路でしたが・・・

「あおいちゃんね」
(青井)
(碧井)

どうやら二人は勘違いしてしまった様子。

放課後

教室に戻った葵のもとへ女子たちが集まってきます。さきほど湊と一緒にいたところを見られたようで、みな羨ましがります。周防の影響力を実感する葵。

(周防先輩・・・)
(かぁ・・・)

放課後、葵はボンヤリと湊のことを考えながら駅へ歩いていきます。すると駅のホームに湊がいるのを見つけます。普段はムスッとして少し怖そうな湊ですが、笑っているところを見るとかわいく思えてきます。

ずっと湊ばかり見ている自分に気づいた葵。赤くなりながらサッと電車へ入っていきます。

葵は晩ごはんの買い出しのためにスーパーへ。お目当ては数量限定の照り焼きチキン。

「すみません・・・」
「私にも取らせて下さい・・・!」

しかし、おばちゃん達のパワーに圧倒され、一つもゲットできません。それしか夕飯の予定を考えておらず、どうしていいか分からなくなる葵。落ち込んでうずくまってしまいます。

「よければどうぞ?」

そんな葵に声をかける少女が。なんとそれはリリコ。2つゲットしたうちの1つをリリコが差し出すと、葵はそれを受け取り泣き出してしまいます。

突然泣き出す葵にビックリするリリコでしたが、葵を落ち着かせ、外で話をします。自分の事情を説明する葵。引っ越してきたばかりで不慣れなこと。経済的に余裕がないこと。母が体調を崩していること。

葵の事情を聞いたリリコは、また会った時には買い物に協力することを約束します。

リリコに感謝し、帰っていく葵。すると、出かけていた祖父と偶然一緒になります。

葵に苦労をかけてしまい謝る祖父。そして、イキナリ葵にお見合いの話があることを伝えます。

突然の話に葵は頭が真っ白になってしまいます。まだ、結婚のことなど考えられない葵ですが・・・

「おまえには幸せになってもらいたい・・・」

そう言って涙ぐむ祖父を見ていると、何も言えずお見合いを了承してしまいます。

翌日

翌日、トボトボと登校していく葵。お見合いは気が進まないものの、自分の婚約で家が助かるならと、自分の気持ちを押し殺します。

「・・・アオイ?」
「どーした」
「気分悪いの?」

うつむき加減で歩く葵を見て、気分が悪いと思った湊が心配して声をかけてきます。慌てて考え事をしていたことを伝える葵。そして、突然現れた湊の顔を見ていると、ドキンドキンと胸が高鳴ってきます。

(・・・できない)
(私・・・)
(やっぱり私)
(お見合いなんてできない)

週末

お見合いを断ろうと思っていた葵でしたが、断る間もなくその週末にお見合いがセッティングされてしまいます。

着物姿で真っ青になりながら、相手を待つ葵。見合い相手が到着すると、思わずギュッと目を閉じてしまいます。葵はこの場から逃げたくて逃げたくてしょうがありません。

「やあ万里小路」
「今日はわざわざ足を運んでくれてありがとう」

「こちらこそお招きありがとう」
「周防」

挨拶を交わす祖父たち。祖父が呼んだ名前に葵がピクンと反応します。目を開き、見合い相手を見つめる葵。

「周防先輩・・・っ!?」

ReReハロ9巻35話の感想【ネタバレ注意】

今回は、引っ越してきたばかりの葵と、リリコと湊が別々に出会ったようですね。ストーリー的に都合のよすぎる展開です(笑)

そして、ラストはちょっと衝撃的な展開になってしまいました。まさか湊が出会ったばかりの女の子とお見合いをするとは。リリコはちゃんと知っているのかなあ。湊のことだから、祖父の顔を立ててお見合いするだけだからと軽く考えてそう。

リリコは酷いヤキモチを焼く感じには思えませんが、何でもひとりで抱え込んでしまうタイプだと思います。これが原因で二人の間がギクシャクしないといいですが。

相手の葵は、清楚でややおっとりした美人。活発なリリコとは正反対な感じですね。今回の掃除の時と同じように、湊はことあるごとにリリコと比較しちゃうんじゃないかなあ。そんな葵を相手に、湊がお見合いでどういう対応を見せるのか、ちょっと楽しみになってきました♪