漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ReReハロ11巻40話のネタバレ感想

      コメント (3)

別冊マーガレット2016年7月号のReReハロ40話のあらすじと感想です♪

40話はおそらくコミック10巻に収録。11巻の発売日は2016年10月ごろだと思います。

ReReハロ11巻40話のあらすじ【ネタバレ注意】

葵と湊

この日は湊に勉強を見てもらう日。葵がシェアスペースに向かっていると、駅でクラスメイト達の姿が目に入ります。

みんなで仲良く遊びに行っていた様子のクラスメイト達。転校してきて、なかなか輪に入れない葵は思わず物陰に隠れてしまいます。

(私には周防先輩がいる)

悲しそうな顔で自分にそう言い聞かせる葵。そのままシェアスペースで湊と合流し、紅い顔で湊の姿をジッと見つめます。

(私は先輩さえいてくれたらいい)
(この人さえいてくれたら・・・)

湊の顔を見て、葵はフトあることに気づきます。

「先輩」
「少し日焼けしました?」

そう訊ねる葵に、湊が優しい笑顔でニッコリと微笑みます。

湊の優しい顔を見て、ドキンドキンと胸が鳴り出す葵。そして、期待に胸が膨らんできます。

(もしかしたら)
(もしかしたら先輩も私を)
(特別に想ってくれてるんじゃないかって)

湊のマンション

勉強を終えて、先に帰っていく湊。葵も帰り支度をしていると、この前見つけたかばんの中のネコのストラップが目に入ります。

ハッとして、湊に返すべきかどうか迷う葵。しかし、このストラップを失くした時の湊の悲しそうな顔を思い出すと、湊の後を追って足が駆け出します。

(・・・信じられない・・・)

湊にストラップを返そうと思ったものの、どう切り出していいか分からず、なんとマンションまでやってきてしまった葵。どうしようか迷っていると、マンションに入ったはずの湊が外に出てきます。

なぜか葵がこんなところにいることに驚いている湊に・・・

「あっ」
「あのあの」
「これ・・・っ!」
「さっき見つけましたっ・・・」

葵はストラップを差し出し、シェアスペースで見つけたことを伝えます。

呆気に取られたような表情で、ストラップを受け取る湊。

「葵」
「ありがと」
「お礼する」
「何がいい?」

湊はさきほど以上の優しい笑顔で微笑みます。

その顔を見て真っ赤になって、涙が溢れてきそうになる葵。

「なんでもいいなら私・・・私・・・っ」

「先輩が欲しい!」と葵が言いかけた瞬間・・・

「リリコ!」

そこへやってきたリリコに、湊が駆け寄り嬉しそうに抱きしめます。

リリコと葵

互いの姿を真っ青な顔で見つめるリリコと葵。葵はその場から逃げるように駆け出します。

この前の星梨奈の話、好きな人に彼女がいると言っていた葵の話、葵がネコのストラップを気にかけたこと、全てが繋がるリリコ。訳の分かっていない湊をその場に残し、葵を追いかけていきます。

リリコが葵に追いつき、二人は公園のベンチへ。

「先輩だけなんです」
「私の味方でいてくれるのは」

泣きながら語り出す葵。

「他に誰もいない・・・」
「先輩を譲って下さい」

葵はボロボロと涙をこぼしながら、リリコに必死に訴えます。

葵の言葉に唖然としつつ何も言えなくなってしまうリリコ。結局、その日はそのまま別れます。

スーパー

翌日(?)、リリコが葵をいつものスーパーへ呼び出します。

「あたしあれからずっと考えてた」
「そしたらだんだん腹立ってきて」
「ハァ!?譲ってくれってなんじゃソリャ!?湊は物か惣菜か!?」
「仮にあたしがいいよって言ったらカゴに入れて持ってくのか湊の意思は丸無視かっ!?」

ものすっごい変顔で葵に迫るリリコ。その迫力に葵も真っ青になります。

「・・・って」

一転、普通の顔に戻り、リリコは結果的に自分が、湊への気持ちを消そうとしていた葵の邪魔をしていたことを謝ります。

「ただ」
「葵ちゃんが言った『譲ってくれ』に対しては全力で」
「お断りします」

キッパリそう宣言するリリコ。しかし、湊を諦めきれない葵は、もし湊が自分を好きになってくれたらいいのかと聞き返します。

リリコはギクッとなり真っ青な顔に。

「そっ」
「そーならないように頑張るし!」
「よそ見されないように頑張るし!!」

リリコは動揺しながら答えます。

泣きながらその場から駆け出す葵。リリコにはああ言ったものの、この前の様子を見れば湊が自分に気持ちがないことは明らか。期待が砕かれ、道端でうずくまって声を出して泣き出します。

後日

後日、葵はクラスメイト達から花火大会に誘われます。

葵が来たことを心底喜んでくれている様子のクラスメイトを見て、葵は少し意外に感じます。

「あの・・・っ」
「私の方こと・・・」
「誘ってくれてありがとう」
「嬉しい」

思い切ってお礼を伝える葵に、ニコッと微笑むクラスメイト。その顔を見て、葵は自分には誰もいないのではなく、誰も見ようとしてなかったことに気づきます。

数日後、公園で夏休みの予定を話しあっているリリコと湊。リリコは湊が葵の勉強を見なくていいのかと心配しますが・・・

ちょうどそこへ湊の携帯に葵からメッセージが入ります。

「勉強はもう見てもらわなくて大丈夫です」
「それからお礼についてはもうもらっているので要りません」
「色々ありがとうございました」

ReReハロ11巻40話の感想【ネタバレ注意】

もっと葵とのことはコジれるのかと思ってましたけど、意外がアッサリと決着がつきましたね。

葵が友達に花火大会に誘われた途端切り替えができたのを見て、えっもう湊のことはいいの(゜o゜; っと拍子抜けしてしまいました(笑)

まあ、すぐに切り替えができたところを見ると、ホントは湊じゃなくても誰でもよかったのかもしれません。吊り橋効果みたいな感じでしょうか。自分が心細い時に力になってくれた湊を、好きだと勘違いしてしまったのかもしれませんね。

でも、おかげで今後も葵が湊やリリコと後腐れなくつき合っていけそうでよかったです。ちょっと世間ずれした感じはありますけど、裏返せばそれだけ純粋な子なんだと思います。シッカリ者で世間の荒波に揉まれまくっているリリコとは正反対な感じ(笑)

けど返ってそういう人との方が、互いにうまくやっていけるのかもしれません。葵がこれからもリリコのいい友達でいてくれるといいなと思います。

あと、二人の間にはわりとチョコチョコと邪魔というかライバルというか、そういう存在が現れますね(笑)また、そういう存在が現れたりするんでしょうか。

葵編は今回で終わりだと思うので、次はどんなお話になるのかとても楽しみです♪