漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スキップビート38巻225話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2015年14号のスキップビート225話のあらすじと感想です♪
225話はおそらくコミック38巻に収録になると思います。

スキップビート38巻225話のあらすじ【ネタバレ注意】

敦賀さん

「・・・つるが・・・さ・・・ん・・・?」
「どぉしてすぐ違うって言ってくれなかったんですかあああああ!?」

目の前にいるのがコーンではなく蓮だと分かり、キョーコはあまりの恥ずかしさに絶叫。そして、コーンだと思いこんで早とちりしてしまったことを謝ります。

そんなキョーコに、蓮はコーンの代わりに自分に何があったか話してみないかと提案しますが、なんとなく口が重いキョーコ。蓮は自分がコーンだったら、キョーコが心を開いて打ち明けてくれただろうと思うと、黒髪に戻してしまったことを後悔します。

しかし、キョーコは決して蓮だから口ごもっているわけではなく、なぜか先ほどまで重苦しい気持ちが消えてしまったようです。

「思いっ切り泣いたので」
「スッキリしちゃったみたいです」

そう言って笑顔を見せるキョーコ。

蓮がいる理由

キョーコは冷静になると、なぜ蓮がここにいるのか不思議に思います。それを訊いてみると、約束したグアムでの食事を摂る動画を見せにきたという蓮。キョーコはわざわざそんなことなために、こんな時間にやってきたのかと驚きます。

「まぁ別に何も今夜じゃなくても良かったんだけど」
「とにかく」
「君に早く会いたくて」

そう言ってニッコリ笑う蓮にときめいてしまうキョーコでしたが・・・

「ものすごく頑張ったから」

紛らわしい言い方をする蓮に少し腹がたってしまいます。しかし、胸の痛みも絶望も、いつの間にか消えてしまっていたことに自分でも驚きます。

(ゲンキンだなって思うけど)
(それどころではなくなった)
(目の前にいるこの男性が)
(敦賀蓮だとわかったら)

そのころ社長は冴菜と二人で会った時のことを思い出しています。

「あの子をかわいいと思ったことなんて一度もない」
「・・・と言えば嘘になります」
「だけど」
「無理なんです私には」
「あの子を愛せる自信がない」

決意

気持ちも落ち着き、下宿先へ戻ることにするキョーコ。蓮から元気をもらい、前向きになれたことを伝えます。さらに、このままの勢いで母に正面からぶつかりに行ってみると宣言。

(え・・・つつつつ)

あまりに予想外の展開に驚き声も出ない蓮。

「恐らく当日はブリザードの中での心理戦かと思うので心身ともにその日に備えます」
「・・・つきましては敦賀さん」
「お約束のスタンプ」
「今いただけますか?」

キョーコはにっこり笑いながら、掌を指さします。

スキップビート38巻225話の感想【ネタバレ注意】

キョーコ元気になってよかった~

敦賀さんがきてくれたおかげですね。そして、その敦賀さんも驚いていましたが、キョーコなんと母に直接会いに行くつもりのようです。

まあ、ウジウジ悩んでいるよりは全然マシだと思いますが、さっきまで絶望してたのによくそんなに切り替えができるなあ。キョーコのメンタルの強さに感心します。

その母も、社長の回想シーンから判断すると、心の底からキョーコが嫌いというわけではないようですね。ちょっと安心しました。

キョーコはなぜ自分が嫌われているのか、聞き出せるといいですね。キョーコと母の直接対決がどうなるか楽しみです♪