漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

それでも世界は美しい19巻104話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2018年2号のそれでも世界は美しい104話のあらすじと感想です♪

104話はおそらくコミック19巻に収録されると思います。

それでも世界は美しい19巻104話のあらすじ【ネタバレ注意】

リビの幼少時代

リビがまだ6歳だったころ。この日、大王の狩りの出迎えから戻ってきたリビを、シーラが出迎えます。

「ああ良かった」
「どこも何ともないな」

リビの身体に何の異常もないのを見て、ホッと一安心するシーラ。

この頃すでに頭角を現し大王のお気に入りになっていたリビは、他の王妃達から疎まれ、暗殺者がやってくることもしばしば。

「大丈夫だよシーラ」
「何か起こらないように俺も見てるし」
「あの子ら口汚く罵ってきたりするけど」
「命に関わることはしないから・・・」

そこへバルドウィンがやって来てます。すると、リビの顔色が代わり、バルドウィンをシーラのいないところへ引っ張っていきます。

「シーラがいる所で心配させるようなこと言うな」

「だったら心配されるようなことをまずするなよ」

2人はギロリと見つめ合い、互いを罵ります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ある日

それからしばらくして、側室であるシーラの子のリビにも王位継承権が与えられることに。大王はリビに王位を継がせたいようです。その知らせを聞いて、大国王妃アントニアは歯噛みします。

アントニアには疎まれていたものの、その子である第2王子オリビアには懐かれていたリビ。この日、オリビアの趣味である植物採集を手伝ったリビは、そのついでにアントニアの私邸に行ってみることにします。

(俺だけじゃ敷地にも入れないが)
(こいつと一緒なら)
(何かアントニアの弱みが握れるかもしれない)

オリビアを私邸まで送って別れると、リビは敷地内へと忍び込みます。勝手口のようなものを発見し、そこから中へ入ると、地下室へと続いています。その地下室の地面には、地下水道へと続く穴が。

リビが何気なく、その穴を覗き込んでいると・・・

ドン

リビは誰かに背中を押され、地下水道へと落下します。

リビが水の中から上を見上げると、そこには不気味に笑うアントニアの姿が。

「まさか」
「こんな幸運がやってくるなんて」
「そこはねこの天窓以外出入りすることは出来ないのよ」
「おまけにここは私の私有地」
「何の証拠も残さずお前を消すことができる」

アントニアは穴に鉄格子をハメると、嬉しそうに去っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

リビ

そのまま夜になり、地下で震えているリビ。

(寒い・・・)
(空腹で目も回ってきた)
(ダメだこんな状態で気を失ったら・・・)
(俺が死んだらシーラは誰が・・・)

翌日、リビはなぜか温かいベッドの上で目を覚まします。

リビが気を失っている間に、誰かが救い出してくれたようです。

「起きたんだね」
「よかった」
「リヴィウス」
「やっと会えたね」

そう言って、少年が歩みよりリビに声をかけます。少年の顔はリビにそっくり。

その顔を見て、リビは少年の背景を察します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

それでも世界は美しい19巻104話の感想【ネタバレ注意】

今回は前回からの流れで、リビが幼いころのお話でした~

このころからリビは天才で、すごいシッカリしてたんですね。まあ、知ってたけど改めてビックリ(笑)

それに、シーラのことが大好きで、自分が守ってやるという気持ちがすごい伝わってきました。母子というより、恋人みたい(笑)

あと、アルっぽい少年が出てきて、早くも話が核心に迫ってきた気がします。リビがアルと再会した時、何故あんなにあmで憎しみ深い顔をしていたのか、分かるかもしれません。今回の話を見た感じでは、すごく優しそうな少年なんだけどなあ。

アルやシーラといったこれまでよく分からなかった人物が登場したり、若いころのリビやバルドウィンが出てきたり(今とあんまり変わらないけど・・・)、チョットいつもと違う感じで、また次回もすごい楽しみです♪