漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

双星の陰陽師8巻28話のネタバレ感想

  コメント (5)

双星の陰陽師SQ2016年3月号双星の陰陽師28話のあらすじと感想です♪
28話はおそらくコミック8巻に収録。
8巻の発売日は2016年4月4日です。

双星の陰陽師8巻28話のあらすじ【ネタバレ注意】

vs聖丸

ふたりがかりで聖丸に攻撃をしかけるろくろと士門。しかし、ろくろの快心の一撃すら、聖丸は避けるどころか弾き飛ばしてしまいます。

(これほどの力があっても)
(まだ四番目なのかよ!!)

ろくろは、ここに来る前に士門から注意されたことを思い出します。

二年前に、ろくろと紅緒は婆娑羅と戦ったことがあるものの、あれは11人いるうちの最下位。生きた年月で力を増す婆娑羅。ろくろ達が戦った神威は、まだ生まれて十年足らずなのに対し、九位以上は優に100年を超えます。

ろくろは、油断すれば一瞬で死に至ることをキツく言い聞かせられます。

一旦、物陰に身を隠すろくろ達。しかし、紅緒が氷鉋の方へ向かって、もう10分以上が経ち、ジリジリと焦りが生まれてきます。

慌てて飛び出して行こうとするろくろを呼び止め、士門が何か策を伝えます。

「不本意だが・・・オレの嫌いな」
「”賭け”という手段を取る・・・!!」
「これがオレの切り札だ!」

再び対峙

「わりぃわりぃお待たせ~!」
「続きやるかい!」

おどけた態度で、ひとり聖丸の前に姿を現すろくろ。そして、聖丸を挑発し、注意を自分に引き付けます。

ろくろは聖丸を挑発しながらも防御に専念。そんなろくろの態度に、聖丸が段々と苛立ってきます。

ろくろと同じように穢れを全て祓うと言っていた陰陽師は、今までいくらでもいたという聖丸。しかし、いつまで経ってもそれは叶ぬまま。

聖丸は、ろくろにも早く諦めるよう伝えますが・・・

「オレと同じセリフ言ってた人が他にもいっぱいいたって?」
「それってつまり千年以上ず~~~っと」
「ケガレ滅ぼすのを諦めさせられてないってことだろ?」
「結局お前らには」
「人間の心を挫く力なんてないってことじゃねえか!!」

渾身の力で頭突きを食らわせるろくろ。

「朱染雀羽」
「纏神呪!!」

そこへ飛び出てきた士門が、聖丸をボコボコに殴り倒します。十二天将の力そのものを身に纏う奥義「纏神呪」を発動させた士門。力は数十倍になるものの、発動時間は5分以下、さらに一度使うと数時間戦闘不能となります。

「ここから先は一言一言よく考えて喋れ聖丸・・・!」
「何がお前の最後の言葉になるかわからないからな!!」

繭良vs氷鉋

「もう絶対退かないっ!」
「あなた達を祓って皆で現へ帰る!!」

再び氷鉋に立ち向かう繭良。白虎の力のおかげで急激に力が増し、氷鉋と互角に渡り合います。

しかし、単純な力は互角でも、体力がついていかない繭良は、ジリジリと氷鉋の追いつめられていってしまいます。

「あと少し十二天将として覚醒するのが早ければ」
「今と違った結果を得られたかもな」

体力の限界を迎えた繭良。ついに、氷鉋からボコボコにやられてしまいます。それでもフラフラと立ち上がるものの、ついに呪詛も維持できなくなってしまいます。

小夜と紅緒

繭良の結界の中から、戦いを見つめていた小夜。しかし、繭良の体力の限界とともに、すう~と結界が消えていきます。

泣きながら、気を失っている紅緒のもとへ向かう小夜。

「紅っ!!」
「目を覚まして!!」

必至に紅緒の目を覚まそうとしますが、紅緒は全く反応がありません。見極めの儀でろくろが見せた高次の力を思い出す小夜。

「ごめんさない・・・紅」

双星の陰陽師である紅緒にも同じ力が備わっていることを期待し、何か術を唱え始めます。

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

苦しそうな呻き声をあげる紅緒。そして、禍野の瘴気が紅緒の体へと集まっていきます。

「久しいなぁ葛の葉ぁ」
「まさかうぬの方からわしを呼ぶとはのおぉ」

紅緒を取り巻く黒い影の中から、何者かが小夜へ語りかけます。

その様子を呆然と見つめる繭良。

「嘘・・・だよね・・・」
「ねぇ・・・」
「化野さん」