漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

双星の陰陽師9巻33話のネタバレ感想

      コメント (7)

双星の陰陽師SQ2016年8月号双星の陰陽師33話のあらすじと感想です♪

33話はおそらくコミック9巻に収録。9巻の発売日は2016年8月ごろだと思います。

双星の陰陽師9巻33話のあらすじ【ネタバレ注意】

ろくろ達の家

「呪力を失った彼女にはもう島へ行く資格はない」

有馬の言葉に呆然となるろくろ。そして、怒りがこみ上げてきます。

「ふっ・・・ふざけんなよ」
「あんたがオレたちを選んだんだろうがっ」
「ずっと修行してきたんだぞ!!?」
「誰よりもっ・・・」
「一番頑張ってきたのは紅緒なんだぞっ!?」

ろくろが必死に訴えかけるものの、有馬はもうすでに紅緒には興味がない様子。

「今までお疲れ様」
「普通の人間として新しい人生を送るのもいいものだよ?」

そう言い残し、有馬はアッサリと帰っていきます。

そして、自分に呪力がなくなったことを知った紅緒は、虚ろな表情でフラフラと自分の部屋へ閉じこもってしまいます。

後日

翌日、紅緒の辛そうな顔を思い浮かべ、自分まで悲しくなってしまうろくろ。

(紅緒のあんな辛そうな顔なんて見たくないのに)
(紅緒には・・・)
(紅緒にはもっと)

ろくろは祭りの日の紅緒の笑顔を思い浮かべ、ハッとなります。そして、なぜか翌日から、ろくろまで学校を休むようになってしまいます。

数日後、ろくろ達の家へ婆やがやってきます。

「こ・・・」
「これは・・・!!?」

紅緒の部屋を開けて驚く婆や。なんと部屋中がズタズタになっています。

その中で、紅緒が虚ろな顔をして、へたり込んでいます。この数日、色々やってみたものの、どうやっても呪力を練ることができなかったようです。

「私は・・・」
「私は一体何なの・・・だろう」
「・・・もう」
「死に・・・たい」

ボロボロになった紅緒を見て、婆やは何も言えなくなってしまいます。

ろくろと紅緒

次の日、ろくろは紅緒を雛月の子供たちの墓参りに誘います。島に行く前に、同志である紅緒と一緒に来たかったというろくろ。

しかし、紅緒は自分の不甲斐なさのせいで、一緒に島へ行けなくなり、泣きそうになってきます。

「もう・・・ひとつろくろに謝らねばならないことがある・・・の」
「婆娑羅との戦い・・・でろくろがくれた髪飾りを失くしてしまった・・・!」

紅緒は涙が溢れてきますが・・・

「はい これ!」

ろくろが髪飾りを差し出し、ニッコリと微笑みます。紅緒の髪飾りが無くなっていたことに気付いたろくろは、ここ数日、禍野でケガレに襲われながら、ずっと探していたようです。

それを聞いた紅緒は・・・

「わぁああああああああ」
「うぇええええええええ」

大声で泣き出し、へたり込んでしまいます。

一向に泣き止みそうにない紅緒を連れて、ろくろは丘の上から街を見渡します。

自分が育ち、紅緒で出会った街がメチャクチャにされないためにも、先に島に行くことを告げるろくろ。そして、紅緒はどうするのか訊ねます。

「・・・行く!」
「必・・・ず!」
「どんなことをしてでも」
「呪力を取り戻しろくろを追いかけ・・・る!!」

まだ瞳に涙を浮かべながらも、先程までとは打って変わり、力強く宣言する紅緒。そして、ろくろの両手をギュッと握りしめ、元気づけてくれたお礼を伝えます。

テレた様子のろくろを、ポーッとした表情で見つめる紅緒。

(父様・・・)
(母様・・・)
(好きな人が出来ました)

そのまま紅緒はろくろに、チュッとキスをします。

「なっ・・・・!!」」
「べ・・・紅っ・・・!!?」

突然キスをされ、真っ赤になって狼狽するろくろ。そんなろくろの様子を少し不思議そうに見つめる紅緒でしたが・・・

「あ・・・」

無意識にキスをしてしまったのか、遅れて赤面します。

出発

そして、出発の日。

「また一緒に頑張ろうな!」

一緒に島に行くことになった繭良と共に、空港で出発を待つろくろ。そこへ、亮悟や紅緒達も見送りにやってきます。

みんなと別れを済ませ、飛行機へ乗り込んでいくろくろ。これまで、みんなと過ごした思い出が、次々と蘇ってきます。

「そんじゃあ」
「行ってきまっ!!!」

「行ってこぉい!!」

双星の陰陽師9巻33話の感想【ネタバレ注意】

いよいよ次回から、島編に入る感じですね。結局、紅緒の呪力は戻らずろくろだけ先に島に行くことになってしまいました。(繭良もだけど)

でも、しばらく絶望してましたけど、ろくろが励ましてくれたおかげ、紅緒が元気になってくれてよかったです。その調子で呪力を取り戻してほしいですね♪

まあ、禍野での有馬さんの言動を見ていると、何もしなくてもある時期や何かのキッカケで紅緒の呪力は戻るのではないかと思います。なので、呪力が戻るかどうかの心配はあまりしてないですけど、問題はそれが紅緒にとっていいものなのか、悪いものなのかですね・・・

有馬さんにとっては、きっといいものなんでしょう(笑)でも、紅緒にとってはどうなんでしょう。また紅緒が婆娑羅みたいになっちゃうのは嫌だなあ。

それを紅緒が、うまくコントロールできて、すごい力にできる感じだといいのかもしれませんけど。

あと、今回紅緒がろくろを好きだと自分で認めてましたね。心のなかでとはいえ、紅緒がハッキリそう認めるのは初めてかな?繭良もまだろくろのことを諦めてないと思いますし、こちらの女の戦いも面白くなりそうです(笑)

島には悠斗が待ってますし、きっと新しい婆娑羅も出てくると思いますし、どんな感じになるのかすごい楽しみですね♪