漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

双星の陰陽師11巻40話のネタバレ感想

      コメント (18)

双星の陰陽師SQ2017年3月号双星の陰陽師40話のあらすじと感想です♪

40話はおそらくコミック11巻に収録。11巻の発売日は2017年4月ごろだと思います。

双星の陰陽師11巻40話のあらすじ【ネタバレ注意】

焔魔堂家

有主が10組のクラスメイト達をうまく誘ってくれ、懸念だった焔魔堂傘下を確保。ろくろは早速 御前試合への参加申し込みの手続きをします。

本番に向けやる気満々の有主。

「お父さんに認めてもらうためにも」
「ぼ・・・僕も『石鏡悠斗討伐作戦』に志願するぞ?」
「そのためにもお前に御前試合で結果を残して貰わないといけない!」

有主がろくろに稽古をつけてくれることになり、その前にろくろにかけられた呪いを解くことに。有主の腕では右腕の封印は解けないものの、それとは別にかけられていた術を使いにくくする呪いが解除され、ろくろは普通の術ならまた使えるようになります。

(でもお父さんはどうしてこんな真似をしたんだろう)
(これではまるでわざと焔魔堂を10組に落とそうとしたみたいに・・・)

有馬の意図が分からず、不思議に感じる有主。

「へっへっへ!」
「これでやっとまともな修行ができるってワケだな!?」

ろくろは術が使えるようになり、やる気がみなぎります。

有主が教えてくれるのは式神の扱い。

「禍野で戦う手段は沢山あるけど」
「オレはこの”式神使役”が最も得意だし好きだ」
「御前試合に向け」
「まずは”お前だけのオリジナルの式神”を作り出して貰う!」

式神は術の一部に数えられ、御前試合で使っても問題ないようです。

「よおおおおおしっ」
「たぎってきたぜっっ!!」
「十二天将たちよりも凄い式神を生み出してやるぜ!!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

禍野

その頃、禍野でケガレと闘っている繭良。

「はあああああああっ!!!」

ズバッ

「くっ・・・・!」

「落ち着きなさい繭良様っ!!」
「普段通りにやれば祓えぬ対象ではありませんっ!!」

繭良は焦るあまり有効な攻撃が放てません。そうこうしているうちに、ケガレが変形し脅威度がアップ。繭良の手には負えなくなります。

「死にとうなかったらさがっときなはれ」
「皆は天若家の方たちの援護にまわって下さい」
「ケガレは私とすばる様が引き受けます」

そこへ十二天将の援軍がやってきます。やってきたのは、”六合”蹉蛇桜に”天后”御弊島すばる。

2人は圧倒的な火力がケガレを祓い、その迫力に繭良は圧倒されます。

(ダメ!)
(こんな所で弱音吐いてる場合じゃないっ)
(ここにはもうただ守られてるだけの)
(音海繭良はいないんだから!!)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

組み合わせ発表

御前試合まで、あと1ヶ月ほど。ろくろが家に帰ってくると、きなこが慌てて出迎えます。

「あっ」
「お~~~~~い!!」
「御前試合の組み合わせが決まったんやっっ!!!」

ろくろは、きなこから渡された組み合わせ票を手に取ります。

「終わったなジャリガキ・・・」

「お前はよく頑張った焔魔堂」

イキナリろくろを慰めだす有主ときなこ。しかし、ろくろは何がマズイのか訳が分かりません。

「大会は・・・」
「自体しよう」
「いくら何でも相手が悪過ぎる」

有主はすでにあきらた様子。ろくろの相手は、「最強・天馬」「最凶・鈩」に次いで島3番目の術力者である水戸坂勘久郎。

有主は今回は諦めて、次の機会を待とうと提案しますが、ろくろは諦めるつもりはないようです。

「そんなことしたら」
「びびって逃げたやつってレッテル貼られちゃわないか?」
「本番までまだ1ヶ月近くあるんだし」
「負ける理由探してウジウジ悩むくらいなら」
「その時間全部”勝つため”に使おうぜ!」

それから、毎日身体中がガクガクになるまで、ろくろは修行に励みます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

御前試合直前

そして、試合が間近に迫ったある日。

「えっ?」
「何で皆が家にいんの!?」

なぜか、ろくろの家に傘下に入ってくれたクラスメイト達の姿が。クラスメイトから、なにかプレゼントがあるようです。

渡された箱を開けて、目を輝かせるろくろ。中には、家紋が入っています。

「すっげ~~~~!!」
「かっけ~~~~っ!!」
「ありがとう!!」

デザインをきなこがリクエストし、クラスメイトが作ってくれたようです。

大喜びするろくろに、きなこが家紋の意味を解説します。

「命名『丸に重ね焔』」
「焔魔堂の”焔(ほのお)”に化野の狐”火”」
「お前と紅緒様ふたつの炎」
「これはいずれ島のてっぺんに立って皆を導く”炎”や」

(オレと紅緒の・・・)

その意味を噛み締めるろくろ。

「ありがとなきなこ~~~っ!!」
「やっぱお前は最高の式神だな~~~っ!!」

ろくろが思いっきりきなこを抱きしめます。

(こっちは大丈夫だよ)
(少しずつだけどちゃんと前に進んでる)
(・・・だから)
(だからお前も早く来い)
(・・・紅緒!)