漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

双星の陰陽師12巻44話のネタバレ感想

      コメント (9)

双星の陰陽師SQ2017年7月号双星の陰陽師44話のあらすじと感想です♪

44話はおそらくコミック12巻に収録されると思います。

双星の陰陽師12巻44話のあらすじ【ネタバレ注意】

試合開始前

いよいよ ろくろと水度坂勘九郎の試合に。2人が部舞台に上り、顔を合わせます。

「まさか自分の家を興すなんてねぇ」
「実は僕も君が水度坂家に来てくれたら面白いのにって思ってたんスけどね」
「どスか」
「賭けでもしませんか・・・」
「この試合」
「僕が勝ったら」
「君に水度坂家の傘下へ入ってもらう・・・というのは?」

突然 賭けを持ち出され、ろくろは一瞬戸惑いますが・・・

「えっと・・・」
「じゃ・・・じゃあオレが勝ったら」
「水度坂家全員」
「焔魔堂家に入ってもらおう!」

逆にとんでもないことを言い出すろくろ。水度坂家一同から怒号が飛び交います。

「あっはっはっはっはっ!」
「それは流石に無理スねぇ」

いくら勘九郎が跡継ぎとはいえ、由緒ある水度坂家全員を動かす権限はないようです。さらに、ろくろ1人と一族全員が釣り合うとも思えません。

「だから」
「君が勝った時は」
「僕1人が焔魔堂家の傘下に入るっス」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

試合開始

とんでもない賭けが成立したところで試合が開始。

「手抜き」
「手加減」
「・・・は」
「出来ないスけど」
「いっスか?」

呪装をまとい、殺気を放つ勘九郎。しかし、亮悟たちから勘九郎の能力を聞いていたろくろは戸惑いもせず、逆に裂空魔弾の弾幕を浴びせます。

すさまじい量の弾幕にさすがの勘九郎も劣勢かと思いきや・・・

全く怯みもせず、弾幕の中をろくろへ向かって一直線に突き進みます。

「は~~~い」
「楽に(なる覚悟を)して下さい~~~い!!」

突然 勘九郎の腕が伸び、ろくろを襲います。ろくろはどうにか直撃を回避すると、会場中を駆け回ります。

(来い限界・・・)
(まだか限界・・・)
(限界・・・)
(限界は・・・)

逃げ回りながら長さの限界を待つろくろでしたが・・・

「ねぇのかよ!!!」
「限界っっ」

「大体200~300Mが限界っス」

「へ?」

何と目の前に勘九郎の姿が。そして、思いっきり蹴りを見舞います。ろくろ腕に気を取られているうちに、勘九郎本人も動き回っていたようです。

そして、そのままろくろは勘九郎の腕と脚のコンビネーションにいいようにやられてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

反撃

倒れ込むろくろに歩み寄り、勘九郎がギョッとするような顔で睨みつけます。

「ねぇ坊や」
「なめてもらっちゃ困るッよ・・・!?」
「こっちは手の内晒して戦ってるのに」
「まさか手を抜いたまま終わる気スか?」

身体を起こし勘九郎に向き合うろくろ。

「手を抜いてるつもりなんてないよ」
「・・・まあ」
「あんたの力量を知りたかったってのはあるけどね」

ろくろは切り札の呪力の消費がハンパなく、相手に見合った力でないとあっという間に力付きてしまうことを勘九郎に説明。

「・・・多分50%!」
「今のあんたになら半分の力で丁度対等だと思う!」
「だからさ」
「いくよっ・・・」
「100%!!!」

ろくろは50%で対等といいながら、なぜか全力を宣言。そして、狩衣の袖を取り外すと、有主との修行を思い出します。

「式神を生み出す最も重要なものは」
「ずばりイメージ力」

イメージと言われても、ろくろは何をイメージしていいか分かりません。

「脳裏に焼き付いて離れないビジョン」
「物や絵とか」
「思い出と直結してるとイメージもしやすいでしょ?」

有主の言葉にハッとするろくろ。紅緒の裸が脳裏に焼き付いて鮮明に思い出されます。

(アホか~~~っ集中しろ集中っ!!)
(裸の女の子なんて式神にしたら・・・)
(確実に人生おわるっ)

必死に紅緒の裸姿のイメージを振り払うろくろ。

(他にもあるだろ!)
(紅緒として)
(もっと衝撃だったのが)

「来い」
「焼きおはぎマンっ!!!!」

ろくろが呼び出したのは、ぼってりとした燃え上がるおはぎ。

「え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛」

あまりに頼りさなそうな見た目に、会場中に困惑したような悲鳴が沸き上がりますが・・・

「燃えろおおおおおおお」
「焼きおはぎマああああああ」

ろくろは式神を呪装として装備。燃え上がるような紅い手甲に変化します。

(野郎っ)
(なんつう呪力だよっ・・・)
(やっ)
(やべえっ・・・!!)

炎の推進力を活かし、一方的に勘九郎を殴りまくるろくろ。勘九郎は為す術なく場外へ吹き飛ばされてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

部舞台外

場外へノックダウンされた勘九郎へ、ヒタヒタと歩み寄るろくろ。

「オレがさ・・・」
「100%で戦った意味わかってくれる?」
「あんんた最初に『手加減も手抜きもしない』って言ったけど」
「あれ・・・嘘だよね?」
「あんたの友達から聞いたんだ」
「あんたまだ」
「纏神呪に匹敵する凄い技を持ってるって」

ろくろが50%の力で対等と言ったのは、勘九郎がまだ全ての力を出していないのを見抜いていたから。

「オレは100%で戦ってるぞ」
「だからあんたも今出せる100%の力で戦ってくれないか・・・」
「そのマスクの下に隠した」
「あんたの力出してくれないか・・・」
「なあ?」
「勘ちゃん先生!」

ろくろの言葉に、勘九郎はハッと大きく目を見開きます。