漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スミカスミレ5巻21話のネタバレ感想

  コメント (0)

cocohana2015年10月号のスミカスミレ21話のあらすじと感想です♪
21話はコミック5巻に収録されると思います。

スミカスミレ5巻21話のあらすじ【ネタバレ注意】

すみれの家

(つらい思いをしてたくさん悩んで)
(真白くんが)
(最後にこの言葉を選んでくれたんだと思うと)
(胸がいっぱいになった)

真白が贈ってくれた言葉を見ていると、温かい気持ちになってきます。

すると、用事をすませた雪白はサッサと帰って行きます。すみれは黎に会わなくていいのかと訊ねますが・・・

「まあ ふられたっちゅーか」
「一緒にいる意味ないっちゅーか」

少し寂しげにそう言う雪白。そして、自分はもうすっかり人間になってしまい、もう黎との間に一族の子を残す意味がないことを伝えます。

「それに」
「自分じゃ気づいてないかもしれんけど黎は・・・」

夜になり、どこかへ出かけていた黎が帰ってきます。

「これはクリスマスプレゼントです」

プレゼントの包を渡し、着替えに行く黎。すみれが開けてみると、それは若い子が使うような髪飾り。すみれは少し恥ずかしくってしまいます。

そして、着替えてきた黎を見て、驚くすみれ。

「その着物」

黎は、去年のクリスマスにすみれが贈った着物を着ています。今まで一度も袖を通していなかったので、気に入らなかったのだと思っていたすみれ。

「着たら汚れるじゃないですか」

そう言う黎に、ポッと頬を染めてしまいます。

(馬鹿ね)
(赤くなることなんてないのに・・・)

すみれの部屋

「こんな可愛いクリスマスプレゼントを・・・」

黎がくれた髪飾りを見ながら、フフフと微笑むすみれ。すると、部屋の外から黎のすみれを呼び声が。

部屋へ招くと、黎が語り始めます。

「あなたの」
「子供の頃を知っています」

突然、変なことを言う黎。すみれはとても気が弱く、したいことも親に言えず、いつも1人でシクシク泣いているような子で、黎はそんなすみれの姿をいつも屏風の中から見ていました。

「泣くくらいなら」
「自分の力で周りを変えぬか愚か者!」

ある時、たまらず声をかけた黎。屏風の猫にすみれが怖がり、それ以降屏風はしまわれてしまいます。

「その次に屏風が開かれた時には」
「あなたは60歳になっていました」

その後、若返り、真白と付き合うようになり、そして真白のために元の姿に戻ってしまったすみれ。しかし、それでも明るく振る舞う姿を見て、黎はあることに気づきます。

「屏風の呪縛の為などではなく」
「私があなたの幸せな姿を見たかったのだと」
「あなたをもう一度若返らせます」

そして、黎は再びすみれに口づけしようします。すみれは、そんなことをしたら黎が死んでしまうと、必至に拒否。

今まで自分の全ての精気を与えたものなどいず、死ぬかどうかわ分からないと言う黎。しかし、すみれはそんなあやふやな物のために、黎を危険にさらしたくなどありません。

強引にすみれの体を抱き寄せる黎。

「やめてください」
「黎っ」
「お願い」

黎はすみれの言葉にかまわず口づけします・・・