漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スミカスミレ7巻29話のネタバレ感想

  コメント (0)

cocohana2016年7月号のスミカスミレ29話のあらすじと感想です♪

29話はおそらくコミック7巻に収録。コミック7巻の発売日は2016年8月ごろだと思います。

スミカスミレ7巻29話のあらすじ【ネタバレ注意】

黎とスミレ

「頼まれなくったってやるんです」
「あなたに言われた通り」
「あつかましく生きてますからね私は!」

黎に向かって叫ぶスミレですが・・・

「そんな事を言った覚えはない!」

そう言うと、黎はヒョイっとスミレを抱えて、部屋の外へ放り投げてしまいます。

(投げることないじゃない)
(負けないんだから)

仕方ななくトコトコと帰っていくスミレですが、かえって闘志に火がつきます。

「あさようございます!!」
「いいお天気ですよ黎」

翌朝、お弁当を作って、また黎の部屋を訪ねて行くスミレ。

「五月蝿い」

と、出てきた黎に一蹴されてしまい、ドアノブにお弁当をかけて出社します。夜、お弁当と取りに来るものの、重たいままのお弁当がドアノブにかかったままになっています。

(食べてないわね)

翌朝も、お弁当も作ってくるものの、やはり五月蝿いと一蹴。なんとなく黎の顔色が悪いの気にしながら、また出社。そして、夜取りに来るものの、またもお弁当は重たいまま。

(うん)
(食べてないわ)

翌朝、また黎の部屋へやってくるスミレ。

「毎朝毎朝いいかげんにしろ!」

苛ついた黎が出てくると、今度はスミレが布団まで用意してきています。この前、寝具が見当たらず、床に寝ているのではないかと心配したようです。

そして、栄養がいっぱいの山芋のお弁当を渡して、出社します。

黎が帰ってくると、部屋の前でスミレが膝を抱えて寝ています。最近、毎朝早くから栄養満点のお弁当を作り、この日は北海道への日帰り出張までこなし、疲れてしまったようです。

黎は無視して部屋の中へ。そして、しばらくすると、外は雨が降ってきます。

「おい!」
「雨だ!」
「いつまで寝てるんだ」
「早く帰・・・」

スミレを叩き買えそうとするものの、足元の箱に気づく黎。箱を開けるとグチャグチャのケーキが入っています。

昔、スミレがグチャグチャのケーキを作った記憶が蘇る黎。

「ダメです」
「ダメです」
「・・・」
「洋菓子はむずかしくて・・・」

そう言って、スミレがシュンとしていた顔が思い浮かびます。

雨に当たりようやく目を覚ますスミレ。

「!」
「作ったケーキが・・・」
「走ってきたから・・・」

ケーキは持ち帰って北海道のお土産だけ渡そうとしますが・・・

「いやその不格好のでいい」

黎がバクっとケーキを食べます。ひと口だけ食べて部屋入っていく黎。スミレは黎が食べたケーキを呆然としながら、見つめます。

(食べた・・・)
(ひと口だけど食べたわ)
(食べてくれた!)

そして、翌日からは少しずつですが、黎がお弁当を食べてくれるように。

(思い出したわけじゃないと思うけど)
(このまま頑張れば)
(以前の黎にもどってくれるかもしれない)

黎の会社

女子社員がデスクでご飯を食べていると、黎が入ってきます。

「しゃ」
「社長!」
「す・・・すみません」
「さぼってた訳じゃないんですけど」

女性は真っ青になって怯えます。しかし、ふっと微笑むと予定を告げて、黎は外出していきます。

「ねぇ社長雰囲気変わったと思いません?」

「あーそういえば」
「雰囲気ちょっとやわらくなったかも」

黎のいなくなった社内で、女子社員たちが噂します。

その日の夜、黎のお弁当箱を嬉しそうに見つめているスミレ。

(はじめて全部食べてくれてるわ)
(嬉しい!)

スミレは嬉しすぎて、小走りで帰っていきます。

「すみれ!」

「真白くん!」

すると、そこへ真白が。河野先輩がスミレががんばっているのを聞いて、やってきたようです。

真白にラーメン屋さんへ誘われ、黎の近況などを伝えるスミレ。美味しいラーメンを食べて、黎も少しずつ変わってきてくれて、スミレも元気が沸いてくるのを感じます。

翌日

翌日の夜、スミレがお弁当箱を取りに来ると、なぜか部屋のドアが開いています。中に、入るとボロボロに部屋が荒らされた跡が。

「黎!」

ダッと外へ走っていくスミレ。必死に辺りを探し回ります。

「黎!?」
「黎!!」

路地裏で、腹を抱えて倒れている黎を見つけるスミレ。

「・・・何しに来た」

冷たくスミレをあしらおうとする黎。手で抑えたお腹から、血が滲んでいます。

スミレは真っ青になって救急車を呼ぼうとしますが、黎が電話させてくれません。それならと、自分の部屋に運んで治療しようとしますが・・・

黎の体をスミレでは抱えることができません。

(・・・どうしよう)

ハッと真白の顔が思い浮かぶスミレ。真白に来てもらい、部屋へ運んでもらいます。

「黎っ」
「しっかりして」

血が出ている腹にタオルを当て心配するスミレ。すると、肌けた黎の肩に黒い影が・・・

スミカスミレ7巻29話の感想【ネタバレ注意】

黎は最初取り付く島もないような感じでした。どうも前の記憶も覚えている部分と覚えていない部分があるみたいですね。でも、スミレが粘り強くお弁当を届けていたおかげで、ちょっとずつ記憶も取り戻し、変わっていってくれたみたいでよかったです♪

やっぱり、いつもスミレの行動力はすごいです(笑)スミレとつき合っていると、みんないい方向に変わっていくんですよね~ スミレ自身も黎が変わるたびに、ウキウキととても嬉しそうで、こっちまで嬉しくなってしまいました。

でも、そん矢先に黎が誰かに刺されてしまったみたいです。せっかくいい方に進んでいたのに(-_-;)

かなり強引な商売をしていたみたいなので、客や同業者など、恨みを持っている人はいくらでもいそうです。犯人が誰かというのはどうでもいいというか、因果応報なのでしょうがない気がします。

それよりも、黎が無事でいてくれるよう祈ります。