漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スミカスミレ8巻32話のネタバレ感想

  コメント (0)

cocohana2016年10月号のスミカスミレ32話のあらすじと感想です♪

32話はおそらくコミック8巻に収録されると思います。

スミカスミレ8巻32話のあらすじ【ネタバレ注意】

すみれと真白

「黎さんのこと」
「前に家族だって言ってたけど」
「今でも・・・?」

真白の問いに言葉が詰まるすみれ。

「黎・・・は・・・」

ようやく何かを言おうとした瞬間・・・ちょうど黎がやってきて、何か用事があるので2人で帰るよう伝えます。

結局、そのまま歩いて帰っていくすみれと真白。すみれは歩きながら、黎が自分にとってどういう存在なのか、改めて考えます。

「・・・あの・・・」
「・・・黎のことなんですけど」
「・・・なんというか・・・」
「ちょっと・・・」
「ひと事では言い表せなくて・・・」

真剣に考えはしたものの、ハッキリとした答えは出せないすみれ。

「そっか・・・」

そう言うと真白はイキナリすみれにキスをします。

「高校を卒業して」
「再会してからずっと」
「いつ言おうか迷ってた」
「オレは」
「あなたのことが好きです」

真っ赤になって狼狽するすみれ。

「・・・別にすぐに返事がほしいんじゃないんだ」
「・・・ただ気持ちを知っててほしくて」

そう言う真白に今日のお礼を伝え、すみれはタクシーを拾い、ひとりで帰っていきます。

真白

少し強引だったことを反省しつつ、トボトボと帰っていく真白。

「おやお早いお帰りですね」

するとイキナリ黎が現れ、「うわぁぁ」と仰天します。

真白を散歩に誘う黎。

「こういう物語を知ってますか」

黎は、ライオンが人間の娘に恋をした物語を語り始めます。ライオンが娘と結婚したいと父親に迫ると、娘がおびえるから牙と爪を抜いてくれと言われ、自分を守るための牙と爪を抜いてしまいます。

そこまでして娘を欲していたライオン。

「すみれ様を」
「あの人を」
「愛おしく思っています」
「叶わぬことかもしれません」
「私は人ではないので」
「ですが最大限の努力はしていくつもりですので」

黎は、真っ直ぐに真白を見つめ、宣言します。

「・・・・・・」
「そうじゃないかと思ってました」
「でもオレも後ろに引く気はないですから!」

会社

勤務中、珍しくトチってばかりのすみれ。そのすみれの異変に河野先輩が気づきます。

「何があった?」
「白状しな」

そう言われ、すみれは真っ赤な顔をしながら、何もないと誤魔化します。

「真白くん」

河野の言葉に、ピクッとするすみれ。

「真白くん」

またピクッとするすみれ。

「・・・もう」
「相談にのるからさ」

ため息をつきながら、河野が今度は優しくそう伝えます。

「ありがとうございます」
「河野先輩」
「でもこれは」
「私が自分で考えて出さなきゃいけない答えだと思うんで」

真白の気持ちは嬉しく思うすみれ。しかし、また同じことがあって、また同じ思いをするのではないかと思うと不安になってきます。

すみれの部屋

「おかえりなさい」

部屋へ帰ってきたすみれを黎が出迎えます。

自分が合鍵を渡しておいて、狼狽しまくすみれ。そんなすみれに構わず、黎は買ってきたスイカを切り始めます。

黎が切った不揃いのスイカを一緒に食べる2人。

「おししいです」
「ありがとうございます」

甘いスイカに、すみれは感激します。

「今年は夏らしいことが沢山ですね」
「先日の花火大会の花火も綺麗でしたし」

花火大会の時のことを思い出し、急に真っ赤になるすみれ。

「何故 赤くなるんですか」

「なってませんよ」
「気のせいです」

「何かあったんですか」

2人がそんな押し問答をしていると、すみれの携帯に河野からメールが届きます。

土曜日、河野と河野の彼氏、それに真白と一緒に真白の別荘に誘われるすみれ。しかし、どうしようかなかなか返事ができません。

「どうしたんですか?」

黎に問われ、すみれは河野や真白達に誘われたことを伝えますが・・・

「言ってくればいいんじゃないですか」
「ご自分のことでしょう」
「自分がどうしたいかご自分で決めれば」

そう言いながら、不機嫌になる黎。

なぜ、そんな突き放すような言い方をするのかと、すみれもカチンときてしまいます。そして、その勢いで、一緒に行くことを伝えます。

そして、土曜日。

「おはよう」

すみれの部屋の前で、真白がすみれを出迎えます。