漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

スミカスミレ8巻33話のネタバレ感想

  コメント (0)

cocohana2016年11月号のスミカスミレ33話のあらすじと感想です♪

33話はおそらくコミック8巻に収録されると思います。

スミカスミレ8巻33話のあらすじ【ネタバレ注意】

行き

真白を見てドキッとするすみれ。

(もしかして)
(気軽な気持ちで来ちゃいけなかったかしら・・・)

一瞬戸惑いますが、車が走りだすと高校時代の思い出話などで盛り上がります。

途中、一旦サービスエリアで休憩する一行。すると、すみれが何か買ってきています。

「ここの土地の新鮮な野菜が」
「すっごくおいしそうだったんで」

「なんで目的地着く前にそんな大量に買い物した?」

すみれは河野に突っ込まれてしまいます。

別荘

別荘に着いたすみれ達。その豪華さに、河野は大はしゃぎします。

一方、すみれは普通に別荘を満喫しようとしている真白のことが、意外に感じます。

「真白くん」
「高校生の時親御さんに頼るの好きじゃなかったでしょ?」
「・・・だからちょっと意外で・・・」

何かを思い出すように頷く真白。

「父親のさ」
「ワンマンで家庭を犠牲にして仕事する所とか」
「許せなかったんだけど」
「自分が働くようになったら」
「家族の為に父親も色んなことと闘ってたのかなって」

真白の晴れ晴れとした顔を見て、すみれはハッとします。

(本当に大人になったんだわ・・・)
(真白くん)

荷物を下ろすと、真白と先輩がテニスを始め、すみれと河野は2人を応援します。

(テニスしてるとこ久しぶりに見たけど)
(どうしよう)
(かっこいいわ・・・)

バーベキュー

2人がテニスを終え、バーベキューの支度を始めるすみれと河野。冷蔵庫を開けると、先輩が持ってきたいちごのショートケーキが入っています。

ハッと時計を見つめるすみれ。今ごろ、黎がどうしているか気になります。

準備中もどこかうわの空のすみれ。

「どうかしたの?」
「さっきから時計気にしてるけど」

「え?」
「いえ別に」

河野の言葉で、すみれは我に返ります。そして、調味料が足りないことに気づき、その場所を真白に聞きにいきますが・・・

「ひゃあああ」

シャワーを浴びて、上半身裸で出てきた真白と鉢合わせになってしまいます。

その後は、無言で肉を焼き始めるすみれ。

「すみれちゃん中学生みたいだな」
「まだ顔が赤いんだけど」

すみれは、真白の先輩からからかわれてしまいます。

肉が焼け、乾杯して食べ始める4人。バーベキューの他に、先ほどすみれがさっと作った料理が何品も用意されています。

「・・・不思議だよな」
「中学生みたいなのに」
「もう何十年も主婦やってた感があるんだよな」

先輩の言葉に一瞬固まるすみれ。

「先輩ビールもありますよ?」
「飲み比べします?」

「おーいいねー」

真白がすぐに話題を変えます。

(真白くん今・・・)

その後は、みんなでバーベキューを満喫。いつの間にか河野はソファに寝てしまっています。

「由紀子ちゃん」

河野を起こすと、荷物を持って玄関へ向かう先輩。真白がどこへ行くのか、不思議に思っていると・・・

「オレたち」
「ここ泊まらないから」
「別に宿とってるんだよ」
「だからこっから別行動な」

2人は呼んでおいたタクシーへサッと乗り込みます。

「えっ・・・」
「ちょっと」
「待って下さいよっ先輩!」

慌てて追いかける真白とすみれ。

「如月!」
「頑張れ!」

河野がすみれに声をかけ、タクシーは走り出します。