漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

東京タラレバ娘8巻28話のネタバレ感想

      コメント (0)

Kiss2017年5月号の東京タラレバ娘28話のあらすじです♪

28話はコミック8巻に収録されると思います。

東京タラレバ娘8巻28話のあらすじ【ネタバレ注意】

居酒屋

「わー!」
「おいしそーっ」

「伊勢海老のみそ汁に・・・」
「この魚なに!?」

伊豆の居酒屋で出された料理を前に、ランランと目を輝かせる香・小雪・マミ。

「ってことで」
「伊豆の海と我々のガチ第4出勤に・・・」
「カンパーイ!!!」

伊豆のおっちゃん達も交え、あれやこれやといつものように大盛り上がり。

しかし、マミは女友達と飲みに行くことはあまりないようで、とても新鮮なようです。

「あーし分かりました」
「今日こうやって小雪さんと香さんと美味しいもの食べながらお酒飲んで・・・」
「楽しいっすわコレは」
「倫子さんって楽しいから飲んでたんですね」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ボート

ボートの上で行為を終えたKEYと倫子。みんなのところへ戻ろうとするKEYを倫子が引き止め、2人はボートに座って話をします。

「私」
「似てる?」
「似てるから許せなかったんだよね」
「そんでさ」
「似てるからセックスしたんだよね」

倫子は少し寂しそうに問いかけます。

「・・・違う」
「ただオレは」
「あんたに教えてあげたかった」

声を張り上げて、倫子の問いを否定するKEY。

「人間はいつか死んでしまうんだってことを」
「あんたらが」
「愚痴ってるヒマなんてないってことを」
「今日という1日がどれだけ大事かってことを」
「あの店で大騒ぎしながら酒ので寝るのを見ればみるほど」

KEYの声は、だんだんと弱々しくなっていきます。

「オレは腹が立って」
「うらやましかった」

そんなKEYを、倫子はそっと抱きしめます。

「私あんたのことずっと嫌いだった」
「でも今日あんたの子供の時のビデオ見て」
「胸がしめつけられて」
「あたし・・・」
「私あんたのこと好きなんだと思う」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

出会い

「さっきもずっと考えてた」

倫子は最初の出会いが方が違っていたら、どうなっていただろうと考えてしまいます。

もし、みっともなく飲んだくれてなければ・・・
もし、1人で静かに酒を飲んでいたら・・・

「そういう出会いだったら」
「あんたは・・・その」
「先生に似た私を・・・」
「少しだけでも好きになってくれたかな」

身体を離し、倫子の顔をジッと見つめるKEY。

「・・・なったね」
「もしそうだったらオレは」
「オレはあんたと恋愛できたかもしれない」

KEYはキッパリと断言します。

「・・・・・・」
「そっか」
「でも」
「私」
「そのんあもののために自分を変えようとは思わない」
「あれが私達のスタイルなの」
「あたしらタラレバ女の生き方なのよ」

倫子は涙を浮かべながら絶叫。

「だから」
「あんたもこっちにくればいいじゃない」
「飲んで」
「愚痴って」
「辛い現実から逃げて」
「悲しい思い出にフタをして・・・」
「都合のいい未来を妄想して・・・」

KEYも自分達と同じように生きるよう説得する倫子。

すると、KEYが倫子に向かって、すがるように手を差し出します。

「じゃあ・・・」
「じゃあ」
「あんたがオレを変えてくれ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

電話

再び倫子を抱き寄せようとするKEY。しかし、その瞬間・・・

ヴーヴー

と、倫子の電話が鳴り出します。

倫子は早坂さんからの電話に出ようとしますが、KEYが引き止めます。

「出るな」
「どっちにするか今自分で決めろ」

「だって・・・」
「だってあんたを選んだとしても・・・」
「7つも歳下の男を・・・」
「そんなの結局ムリでしょ」
「それじゃあたし幸せになれないでしょ!?」

倫子は涙ながらに訴えます。

「幸せって何だよ」
「もう卒業しろよそういうの」
「いいかげん」
「そんあ実体のないものにすがるのはやめろ」

ボートの上で押し倒され、再びKEYに抱かれる倫子。

「っ」
「あっ・・・」
「あっ」
「あ・・・」
「っ!!!」

どうやったら幸せになれるのか、誰を選べばいいのか、倫子はもう何が何だか分からなくなってしまいます。

しかし、ただ1つ、鎖につながれたKEYを解き放ってあげたいという想いだけがこみ上げてきます。

(あなたを幸せにしたい)
(自分の幸せなんて今はどうでもいい)