漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

東京タラレバ娘2巻5話のネタバレ感想

  コメント (0)

東京タラレバ娘5話のあらすじです♪

5話はコミック2巻に収録されています。

東京タラレバ娘2巻5話のあらすじ【ネタバレ注意】

翌日

倫子はホケーっとした顔をしながら、電車に乗っています。

(・・・・・・)
(夢?)
(だった・・・)
(とか?)

今朝起きるのKEYの姿はなく、グデングデンに酔っていた倫子は、記憶がハッキリとしません。

「何?」
「いい歳して緊張してるの?」

突然、裸で自分に呼びかけるKEYの姿を思い出す倫子。

「夢じゃねぇぇぇぇ」

倫子は電車の中で絶叫。そして、カタカタとLINEにメッセージを打ち込みます。

「ヤッた」
「ヤッてもうた」

「は?」

「何を?」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

呑んべえ

夜、この晩も当然 第4出勤となる倫子たち。また大声で、昨日のことについて うるさく話し始めます。

「おうおう」
「どうしたどうした」
「ペットのミドリガメでも死んだか?」

ただならぬ3人の様子を見て、常連の山さんが声をかけます。

「違うわよ」
「この子がゆうべ超イケメンの超若いモデルと温泉でヤッたのよ!!!」

「そうよ」
「この子だってたまにはセックスすんのよ悪い!?」

恥ずかしげもなく、下品な言葉で言い返す香と小雪。

「「で!?」」
「「どうすんの?」」
「「付き合うの?」」

2人が問い詰めますが、倫子はキョトンとなってしまいます。

「え・・・」
「付き合える・・・」
「の?」

朝起きた時にはKEYの姿はなく、連絡先ももちろ知らない倫子。自分でも、この後 具体的にどうしていいのか良く分かりません。

倫子はただ単に若い男に遊ばれただけのような気がしてきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

タラレバ

「倫子さん」
「遊ばれたんじゃないタラ」

「そうレバ」

戸惑っている倫子に、またタラとレバーの幻覚が話しかけてきます。しかし、そうは言われても今の状況を見るに、倫子には遊ばれたようにしか思えません。

「倫子さん・・・」

「本当は分かってるんレバ?」

「なぜ彼が自分から倫子さんに迫ったのか」

「それって・・・」
「もしかして・・・」

「そうタラ・・・」

タラとレバーの言葉に期待が高まっていく倫子ですが・・・

「恋・・・」

「魔が差したんタラ」

ズドーンとその期待は裏切られてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

カラオケ

また呑んべえでグデングデンになるまで飲んだ倫子。

「いや~しかし」
「まさかあんな小僧に遊ばれるとは・・・」

小雪たちに抱きかかえられながら、今度はカラオケへと向かいます。

「でも・・・」
「何もないよりゃマシじゃない」

香がそう言って、倫子を慰めます。

何かあっただけマシ。誰かも相手にされないよりはマシ。過ちの相手がイケメンだったけマシ。目の前を歩く女より顔をスタイルもマシ。やりたい仕事でメシがクエてるよりマシ。40オーバーの独身女よりは全然マシ。

次々と、マシなことを思い浮かべていく倫子。

(でも)
(いくら「マシ」を数えたって)
(私の人生全然幸せじゃない)

結局、たくさんのマシよりも、たった1つの愛に満たされていだけなのだと、倫子は再確認してしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

KEY

呑んべえへとやってきたKEY。しかし、この日は早目の店じまいで、小雪のお父さんがちょうど暖簾を下げています。

「おい兄ちゃん!」
「おまえっ」
「あのっ・・・」
「小雪ちゃんの友達のおかっぱに手ぇ出したらしいなっ」

KEYの姿を見つけて、山さんが怒鳴りつけます。

「へえ・・・」
「そんなこと言ってました?」
「カラオケってどこですか」
「一瞬だけ顔出して来ます」

場所を聞くと、KEYはスタスタとカラオケへ向かって歩いて行きます。

「行った・・・」
「大将!」
「アイツ男みせたよ」
「責任取ってあのおかっぱを・・・」

そのころ、ちょうどカラオケを出て行こうとしている倫子達。そこへスッとKEYが現れ、今朝は用事があって先に帰ってしまったことを謝ります。

「どうしても」
「あんたに行っときたいことあって」
「あのさ」
「昨夜のことなんだけど」

静かな声で倫子に語りかけるKEY。倫子は頬を赤らめ、期待値が上昇していきます。

「昨日の今日でべらべら人に喋ってんじゃねーよ」
「今日はオレの話で盛り上がったんだろ?」
「オレとやったって話で」
「最低だよアンタ」

一転、KEYが厳しい口調で怒鳴りつけます。

ズドーンとショックを受ける倫子。自分はぬるま湯に浸かりすぎて、恋の戦場のルールすら忘れてしまっていたことを痛感します。