漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

トモダチゲーム8巻34話のネタバレ感想

      コメント (1)

別冊少年マガジン2016年9月号のトモダチゲーム34話のあらすじと感想です♪

34話はおそらくコミック7巻に収録。8巻の発売日は2016年12月ごろだと思います。

トモダチゲーム8巻34話のあらすじ【ネタバレ注意】

病室

次のゲームまでの間、病院で療養し、手のケガを治すことになった友一。友一の病室に、天智、四部、心木が集まり、とりあえずこれまでの疑問をハッキリさせることにします。

「まずは・・・」
「四部が逮捕されるまでに何があったのかを」
「そして最終的には・・・」
「沢良宜が白なのか黒なのかを だ!」

まずは、四部に話を促す友一。

「お前は本当に父親を殺したのか?」

「違う!」
「俺は親父を殺してない!!」
「あれは全部 志法が裏切って・・・」

父親のことを聞かれ、四部は必死に否定します。

真相

まずは、順を追って父親が逮捕されたところから説明を始める四部。

天智達は、四部が修学旅行費を建て替えるために父からお金を借りようとして、「トモダチゲーム」のことを話してしまったと聞いていますが・・・

「は?違うぞ!!」
「その段階で俺は親父に『トモダチゲーム』のことを話してない!」
「いいか・・・親父が逮捕された原因は間違いなく志法だよ!」

修学旅行費を建て替えようとはしたものの、父から理由を問われ、トモダチゲームのことは言えずに口ごもったという四部。

その翌日、父は逮捕されてしまいます。それから、お金も用意できず、父が逮捕されたせいで、酷いイジメに遭うことに。

なぜ、父の罪が漏れたのか疑問に思いますが、志法が四部のもとへやって来たことでハッキリします。

「ごめん四部・・・実は私がお父さんに」
「あなたの父親の罪を話しちゃったの」
「もともと警察は目をついていたみたいで・・・」
「・・・その時のお父さんすごく怖くて」
「私・・・とっさに嘘つけなくて」

申し訳無さそうに打ち明ける志法。

「・・・要するに俺はお前のせいでこんな目に遭ってるってことか?」

四部は志法に対し、フツフツと怒りが湧いてきます。そして、その後のやり取りは裁判で、友一達が聞いた通り。

釈放後

落ち着いて考えると、志法がキッカケで父が逮捕されたものの、それは父の自業自得だと感じる四部。しかし、父の釈放後、殺されるまでに顛末に、やはり志法が関わっているように思えてなりません。

釈放後の父の様子を語る四部。父は釈放されると、どこから警察に漏れたのか徹底的に調べ、四部の友達である志法の父が刑事の沢良宜渉であることに辿り着きます。

「そうか・・・沢良宜志法」
「志法ちゃんか・・・」
「この娘に何かあれば・・・」
「沢良宜渉は引き下がるかもしれないな」

四部に向かって下衆な笑いを浮かべる四部。

「親父」
「志法に何かしたらブッ殺すぞ!!」

四部は、父に掴みかかります。

「つくづくお前は馬鹿正直な反応をする」
「そんなことでは『トモダチゲーム』で勝ち残るなど絶対に無理だろうな」

父から「トモダチゲーム」という言葉を聞きハッとする四部。つまり、トモダチゲームの話は、四部からしたわけではなく、父の方からしてきたようです。

翌日

その後、父と物別れをして、そのまま部屋で寝てしまったという四部。そして翌朝、目が覚めると、志法の父が目の前に立っています。

「四部誠君だね」
「君を四部正和氏殺害の容疑で逮捕する」

イキナリそんなことを言われ、訳がわからなくなる四部。しかし、気がづくとなぜか体中 血まみれになっています。

「ちょっとまってくれ!!俺は・・・」
「放せよ!!」
「なんで俺が!?」

混乱したまま連行され、四部は必死に抵抗。そんな四部に、志法の父がゾッとするような恐ろしい形相で語りかけます。

「諦めたまえ」
「君が・・・志法と出会ってしまったその運命を呪うしかない・・・」

志法の父の恐ろしい目を思い出し、四部はフトあることに気づきます。

志法に乱暴しようとして服を脱がせた時、なんと志法の体には肩から胸にかけて、痛々しいほど大きな傷があったという四部。志法や、志法の父が人には言えない過去があり、それを隠そうしている気がしてきます。

今後について

とりあえず四部の逮捕の真相は分かった天智達。しかし、まだまだハッキリしないことが多すぎて困惑します。

「いや・・・一つだけなら」
「この場でハッキリさせられることがあるぞ」
「四部・・・お前の第2ゲーム終了時の借金額はいくらだった?」

四部に訊ねる友一。

「20万だった・・・」

四部は、あの時ウソをついていたことを認め、本当は借金が半額になっていたことを打ち明けます。

四部の額が20万だとすると、あの時の合計額が合いません。

「確定だな・・・」
「志法ちゃんは嘘をついてる」

残念そうに呟く天智。

とりあえず、いま分かることはこのくらい。残りの真相を明らかにするためにも、友一達は改めて『大人のトモダチゲーム』へ参加することを決めます。