漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

トモダチゲーム9巻38話のネタバレ感想

      コメント (1)

別冊少年マガジン2017年1月号のトモダチゲーム38話のあらすじと感想です♪

38話はおそらくコミック9巻に収録。9巻の発売日は2016年12月ごろだと思います。

トモダチゲーム9巻38話のあらすじ【ネタバレ注意】

密告者

「なんで・・・私が”追放”なんだ・・・?」
「貴様か!?」
「やはり貴様が密告したのか!?」

「・・・そうさ・・・」
「オレがあんたを密告した」

自分が追放されたことに愕然とする田上。そんな自分を見て笑っている後田へ詰め寄ると、後田はアッサリと密告したことを認めます。

しかし、追放するには過半数以上の密告が必要。今回はだったのは12人7人。つまり、クロキ達のグループ6人が後田へ賛同したようです。

「なぜだ!?」
「なぜ私なんだ!?」

この中で一番仕事ができる自分が選ばれる理由が分からない田上。そんな田上に、紫宮京がおかしそうに笑いながら説明します。

「それはね・・・オジさん」
「ここが民主主義の平等な社会だからだよ」
「強者の横暴を許さないのが民主主義・・・」
「そもそもルールっていうのはね”弱者”を守るために存在するんだよ」

完全な足でまといで”弱者”だった後田と、その弱者を追放しようといた田上。クロキ達は弱者の味方をしたようです。

「そ・・・そうか」
「そうだった今更思い出したよ」

田上は、潰れそうになった自分の会社と頑張っている社員を守るため、ろくに仕事をしない社員を解雇した時のことを思い出します。

結果、解雇者全員に訴えられ、弁護士から横暴だと罵られ、退職金と慰謝料を払わされてしまいます。

「ルールは弱者(クズ)の味方をするんだった・・・」

田上はここでゲームオーバーとなり、絶望しながら退出していきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

友一

「フフ・・・」
「楽しくなったきたねぇ」
「友一君」

ニヤリと友一に笑いかける京。田上が退場となったことで、今は京たちのグループだけで過半数を取れる状況。

つまり、いつでも友一を追放できる事態となっています。

「じゃあ」
「まあ」
「とりあえず・・・」
「テメエには土下座で謝罪してもらおうか」

そう言って友一の肩へポンと手をやるクロキ。四部が止めようとしますが・・・

「やるよ」
「あの時はヒドいことをしてスイマセンでした」
「・・・どうかオレを・・・」
「”追放”しないでください」
「お願いします・・・!!」

「ははは」
「よ~く分かってんじゃねぇかよ」
「自分の立場が」

友一は言われるがままに土下座し、その様子をクロキ達が愉快そうに笑います。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

提案

クロキに何やら耳打ちする京。

「なるほど・・・」
「本当は誰かさんをすぐに追放するつもりだったが」
「3日後・・・お前ら5人の中で一番使えないヤツを一人追放する」

そう宣言するクロキ。今の状況をさらに愉快なものにして楽しむつもりのようです。

「ちょ・・・ちょっと待てよ5人って」
「まさかオレも含まれてるのか?」

その提案に慌てる後田。しかし、今回 協力した後田にも、クロキ達は容赦しません。

「もし不安だっていうなら」
「どんどんアピールしろよ」
「自分がいかにオレたちにとって使える人間なのかをだよ」
「そして俺たちにとって反抗的なヤツをチクれ」

数の力に逆らうことはできず、友一はクロキ達のグループのご機嫌を取りながら作業を進めます。

その日の夕食。

「くそ!」
「なんなんだあのクロキってヤツ!!」
「何かあいつをギャフンと言わせる手を考えないと」

四部が溜まった鬱憤を爆発させます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

翌日、四部にクロキが近寄ってきます。

「おい・・・お前」
「四部だったっけ?」
「お前 昨日の夜」
「オレの悪口言ってたらしいな」

「・・・ま・・・まさか」
「誰かチクったのか!!?」

昨日のことを思い出し、あわてて仲間を見渡す四部。しかし、正直に名乗り出るものなどいるはずもありません。

「とりあえずいいじゃねぇか誰がチクったかは・・・」
「今回は最初だから大目に見てやるし・・・」
「ただなぁ・・・お前たちは絶えず監視されてるってことを」
「よおく覚えとけよ」

四部の身元で囁くクロキ。四部は事態を再認識し、絶望します。

そして、この日もその翌日も、クロキ達に言われるがまま、奴隷のような扱いを受けながら、作業を進めていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

3日後

そして、約束の3日目の朝。

「そんじゃ今日は追放者が一名出たんで発表します」

マナブ君が宣言。やはり、この日1人が追放されるようです。

愉快そうにニヤつくクロキ達に対し、友一は無言で絶望した表情で発表を待ちます。

「追放者は・・・」
「山下ケンジ」
「ケンちゃんでした~」

何とマナブ君が指名したのはクロキグループの山下。

「な・・・何が起きたんだ?」

事態が飲み込めず狼狽するクロキ。

「何がって見たまんまだろ」
「・・・そうだな・・・とりあえず」
「クロキ・・・テメェには一回 土下座をしてもらおうか!」

「は?」
「なんでオレが!?」

急に威勢がよくなった友一にクロキが反発。

「だからお前はバカなんだよ」

まだ事態の飲み込めていないクロキに友一が説明します。

今回、追放するのに必要だったのは6票。しかし、友一達のグループは今5人。残りの一票は・・・クロキ達の誰かが裏切ったことになります・・・