漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

椿町ロンリープラネット9巻48話のネタバレ感想

      コメント (0)

マーガレット2017年18号の椿町ロンリープラネット48話のあらすじです♪

48話はおそらくコミック9巻に収録されると思います。

椿町ロンリープラネット9巻48話のあらすじ【ネタバレ注意】

ふみ

「いただきます」

ひとり家で食事をとるふみ。家の中に、自分がごはんを噛む男が響きます。

(この家って)
(こんなに静かだったっけ)
(先生)
(今頃 京都で何してるだろ)

1人でいるのは慣れていたはずなのに、どうやって過ごしていたのかもう思い出せません。

(恋ってホント)
(人を弱くもするんだな・・・)

ふみが沈んでいると、突然どこから「ジリリリリリリン!」という音が鳴り出します。どうやら音は居間の棚の中から鳴っているようです。

ふみがソッと棚を開けてみると、中にはなんと黒電話が。

(こんな所に電話・・・?)
(まさか・・・)

ふみはドキドキしながら電話に出ます。

「も」
「もしもし・・・」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

悟郎の家

「いやー」
「いきなり呼びつけてごめんね」
「色々整理してたら収集つかなくなっちゃって」
「にしても暁がスマホ落とした時用に買っといた電話が」
「こんな形で役に立つなんてー」

電話をかけてきたは悟郎。部屋が散らかりすぎてどうにもできず、ふみへヘルプを頼んだようです。

「私でよければいつでもおっしゃってください」

ふみは快く部屋の片付けを手伝い始めます。

(わ)

部屋を片付けていると、1枚の写真が目に止まります。

「これって」
「もしかして・・・」

「ん?」
「暁だよ」
「中学の時の」

まだ幼い暁の写真を見て、ふみは目を輝かせます。

「その時からすでにモテててさ~」

当時のことを楽しそうに話し始める悟郎。しかし、ふみは微妙な気分になってしまいます。

「あの」
「先生って」
「今までどんな女性と付き合ってきたんですか」

「うーん」
「そうだなあ・・・」

悟郎によると、これまで暁は派手な子やお年上の子、純情な子や大人しい子と色んな女性と付き合ってきたようです。

「ま」
「今まで見た子の中で」
「ふみちゃんが一番若くて一番しっかりしてるかな」

悟郎の言葉に、ふみは表情を曇らせます。

「私は」
「全然しっかりなんか・・・」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

それから2人は片付けに励み、部屋はすっかり綺麗に。片付けが終わった時にはすでに夜になっていて、悟郎が外で食事をおごってくれることになります。

悟郎が連れてきてくれたのはインドカレーのお店。

「おいしい!!」

初めて食べたインドカレーの美味しさにふみは感激します。

「知ってた?」
「インドカレーのスパイスって」
「人を幸せにする成分が沢山含まれてるんだって」
「どう?」
「元気出た?」

そう言って微笑む悟郎。しかし、またふみの顔が曇ります。

ふみはうつむき、最近悩んでいることをポツポツと話し始めます。

「もし」
「私よりもしっかりして」
「私よりも先生にふさわしい人が現れたら」
「それでも先生は私を選んでくれるでしょうか」
「もしその人が先に先生に合っていたら」
「先生はきっとその人とうまくいっていたんじゃないでしょうか」
「・・・なんて」
「つまらない事ばかり考えてしまうんです」

ふみは、なぜ暁が自分を選んでくれたのか分からなくなってしまいます。

「例えば飴玉1つあげたとしても」
「ふみちゃんはきっととても喜んでくれるじゃん」

その時の状況を想像しながら、悟郎が楽しそうに語りだします。

「そのうちあげたこっちが嬉しくなるんだ」
「チープな言い方だけど」
「一緒にいて」
「たくさん幸せを感じることができるんだよね」
「ふみちゃんは」

悟郎は横目でジッとふみを見つめます。

「自信持ちな?」

「そ」
「うなんデスカネ・・・」

悟郎の言葉に、ふみは真っ赤になってモジモジ。あまりに真剣に言う悟郎を見て、ふみはドキドキしてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

帰り道

食事を終えて一緒に帰っていくふみと悟郎。ふみはもうすっかり元気を取り戻したようです。

「カレーとても美味しかったです」
「何だか悟郎さんとはカレーに縁がありますね」
「これからカレー食べるたび」
「悟郎さんのこと思い出しそうです」
「ふふ」
「何だかもう元気が出てきました」

「やーさすがにそれは早すぎ・・・」
「と」
「まつ毛」

悟郎はふみのほっぺたにまつ毛がついていることに気づき、そっと取り除きます。

「あ・・・」
「ありがとうございます」

ふみは、また真っ赤な子でキョドりまくります。

そんなふみのほっぺたに、再びが手をやる悟郎。ふみの正面から悟郎の顔が近づいてきます。

「悟郎さ・・・」