漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

きょうは会社休みます。12巻46話のネタバレ感想

      コメント (19)

cocohana2016年9月号のきょうは会社休みます46話のあらすじと感想です♪

46話はおそらくコミック12巻に収録。コミック11巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

きょうは会社休みます。12巻46のあらすじ【ネタバレ注意】

お昼

「それからホットコーヒーラージください」

いつものコンビニで、昼食を買う田之倉くん。

「これとあとホットコーヒーのラージください」

田之倉くんのすぐ後ろで、国見さんが全く同じものを買っていきます。ストーカー女と噂していた女性と相手の男性が一緒に現れ、店員さんはギョッとしてしまいます。

そして、国見さんがケガの影響で財布からうまくお金を出せずにいると・・・

「貸して」
「まだ腕動かしにくいでしょ」

田之倉くんがサッと財布を受け取り、代わりに支払いをしていきます。

店の外、国見さんはこのまま一緒に外で食べようと誘いますが、田之倉くんは会社に戻って食べるつもりだったようで、誘いを断ります。

「てゆーか一緒に食べてください」
「わたし腕ケガして仕事まともにできてないから」
「休憩室に居づらいんです・・・」

寂しそうな国見さんを見て、仕方ないといった表情で同意する田之倉くん。

「・・・あれ」

そんな二人のやり取りを、道の反対側から田之倉くんに気付いた朝尾さんが見つめています。

休日

ウェディングドレスを選びに来た花笑と田之倉くん。しかし、花笑は派手過ぎないか地味すぎないか、似合うか似合わないかなど、色々考えすぎて一向に決まりません。

「花笑さん」
「どれでもいいから一回着てみてよ」

迷っている花笑に声をかける田之倉くん。しかし、たかが試着なのに、花笑はどれを着ようかまた悩んでしまいます。

「なんかつき合いはじめのころ思い出した」
「あの時もそーやってうだうだ悩んでたよね」

田之倉くんにぷーっと笑われ、花笑は付き合い始める時も、こうやってウダウダ悩んでいたことを思い出します。

(そうよ)
(臆病になってちゃダメなのよ)

帰り道

試着からの帰り道、この日は雨で田之倉くんが親からプレゼントされたという大きな傘に2人で入り、歩いて帰っていきます。

「田之倉くん」

後ろから声をかけられ振り返ってみると、国見さんがニッコリと笑っています。

そのまま、2人と並んで一緒に歩いていく国見さん。花笑は、なぜ国見さんが自分たちと一緒に行くのか疑問に思ってしまいます。

「あ・・・私も家がこっちなんです」
「田之倉くん家のすぐ裏のアパートに住んでいて」
「田之倉くん話してなかったの?」

花笑の疑問を察したのか、事情を説明する国見さん。

「あー・・・うん」

田之倉くんは、気のない返事を返します。

そのまま田之倉くんのアパートの側まで歩いてくると、国見さんは挨拶をして目の前のアパートに入っていきます。花笑は、ホントに田之倉くんのアパートのすぐ近くで驚いてしまいます。

何となく国見さんが明るくなった印象を受けた花笑。何かいいことでもあったのかと、田之倉くんに訊ねますが・・・

「そんなのオレが知るわけないじゃん」

不機嫌そうに答える田之倉くんに、花笑は胸がドキッとしてしまいます。

会社

平日、なぜか花笑の会社に国見さんがやってきて、一緒にお茶をすることになってしまいます。

リハビリに行く途中、花笑の会社があったから誘ったという国見さん。国見さんが事故にあったことを知った花笑は、ケガを心配しますが・・・

「・・・なんにも聞いてないんですね」
「本当に田之倉くんと結婚するんですか?」

花笑を挑発するように問いかける国見さん。さらに、事故に合った時、そばに田之倉くんが居て、色々面倒を見てくれたことを伝えます。

「すごい良くしてくれて・・・」
「彼・・・それ以来何度もうちに来てるんです」
「泊まってったりすることもあって・・・」

国見さんは、ウットリとした表情で、その時のことを話します。

田之倉くんが泊まっていったという話に胸がドキッとする花笑。しかし、とてもそんなこと信じられません。

「田之倉くんのこと信じてるんですね」
「でも私も彼のこと信じてますから」
「彼も迷っているんです」

そう言って、国見さんは店を出ていきます。

翌日

翌日、花笑は連絡をせずに田之倉くんの部屋へやって来ます。しかし、遅い時間になっても田之倉は帰ってきません。

ボーッと田之倉くんのアルバムを見つめながら、帰りを待つ花笑。

(・・・当たり前だけど)
(田之倉くんの人生の中で)
(私と一緒の時間なんてほんのちょっとなのね)

ドンドン不安が募ってくる花笑は、自然と国見さんのアパートへ足が向かいます。そして、郵便受けで国見さんの名前と部屋番号を見つけて、その部屋の前まで行ってみると・・・

「・・・うそ・・・」

部屋の前に、このまえ田之倉くんが親からプレゼントされたと言っていた傘が立てかけられています・・・