漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

予告犯3巻15話のネタバレあらすじ

  コメント (0)

週間ヤングジャンプ・予告犯3巻15話のあらすじです♪
以下、ネタバレを含むのでご注意ください。

予告犯3巻15話のあらすじ【ネタバレ注意】

タレコミ

警察へタレコミをするノビタ。仲間の数や、知り合ったキッカケ、主犯がいることなど、次々と自分たちの情報を話始めますが・・・

「新聞には社会に対する復讐とか書かれてるみたいですけど」
「本当の目的はそうじゃないんです」
「・・・も」
「目的・・・は」

ここまで話したところで、奥田やヒョロたちと楽しく過ごした日々を思い出します。

ガチャン

「はっ」
「はあっ」

受話器を置き、電話ボックスを飛び出していくノビタ。

捜査本部

ノビタのタレコミの情報を共有し、整理する捜査本部の刑事たち。

犯人は4人。ひとりは犯行予告動画を投稿し続ける「ネルソン・カトー・リカルテ」と名乗る男。もう一人はキムラと名乗る今回の通報者。

どちらも防犯カメラや電話ボックス付近の籠城カメラから、顔は割れています。そして、設楽木議員の殺害予告時間の明日17時まで、さらなる犯行グループの情報を集めることにします。

ネットカフェ

今回、新聞男が予告に使ったネットカフェを訪ねる吉野たち。

奥田の対応をしたバイトはすでに連絡がつかなくなっており、明らかに犯行グループの一員だと考えられます。これで3人目の顔や情報も手に入れたことになりますが・・・

「歪ね・・・」

ポツリと呟く吉野。予告動画の投稿のため、仲間にバイトをさせるような手間やリスクをかける一方で、「ネルソン・カトー・リカルテ」という名前をわざわざ残す意図が分かりません。

「・・・警察を挑発しているつもりでしょうか」
「追いかけてみろと」

市川がそう言ったところで、吉野が隠しカメラに気づき手を伸ばします。

「・・・だったら」
「ご期待に応えてあげないとね」

奥田たち

仕掛けていたカメラの映像を見る、奥田、カンサイ、メタボの3人。吉野の鋭さに感心します。

そこへ予定より大分遅れてノビタが到着。やや挙動不審なノビタの様子に奥田も何か感じたようですが、それには触れず、全員集まってくれたことに感謝します。

「みんなよく来てくれた」
「ありがとう」

こぶしを合わせる4人。

清掃会社

今度は予告動画に映っていたビルから、清掃を請け負った会社をたどる吉野たち。そして、あの時奥田がバイトをしていた会社を訪ねます。

社長に新聞男と思われる男の写真を見せる吉野。

「あー・・・」
「奥田の野郎じゃねぇか」

奥田のせいでクレームからきて、契約を打ち切られた事情を説明し、怒り出す社長。奥さんも設楽木への殺害予告のために、奥田に自分たちの会社を利用されたことが悔しくしょうがありません。

必ず新聞男を捕まえることを約束し、会社をあとにする吉野たち。

「ようやく尻尾を掴んだ気がするわ」
「新聞男」
「・・・いいいえ」
「奥田宏明」