漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

予告犯1巻2話のネタバレあらすじ

  コメント (0)

予告犯1巻2話のあらすじです♪
以下、ネタバレを含むのでご注意ください。

予告犯1巻2話のあらすじ【ネタバレ注意】

「腹が減ったか?」
「そろそろメシにしよう」
監禁した男の前でゴキブリを揚げる新聞紙の男。
サイバー犯罪対策課の刑事たちが、また投稿された新聞紙の男の動画を見ています。
今回のターゲットは某外食店の元バイト。
以前、店の調理器でゴキブリを揚げる様子をSNSで発表したことがあるようです。
「こんなグルメ君にはごほうびだ」
「俺の特性メニューを腹いっぱい喰わせてやろう」
ウェブカメラに向かって宣言する新聞紙の男。

もう1本投稿された動画。
こちらのターゲットはR大学の元学生。
この学生は今年同じ大学の学生が犯した性犯罪について言及。
「男にホイホイついてく女も悪い」
「自業自得じゃねぇの?」
と、つぶやきを残し炎上騒ぎになります。
「元気があって大変よろしい」
「彼には特別な元気玉を注入してやろう」
新聞の男が宣言。

吉野たちは2件目のターゲット関修二に会いに行くことにします。
喫茶店で関に話を聞く吉野たち。
関は最近小太りな男に拉致られ暴行されたようです。
関によると、男の身長は165ぐらいで年齢は30代半ばとのこと。

帰り道、車の中で動画を確認する吉野たち。
吉野は関の言う小太りの男という表現が気になります。
新聞紙の男を小太りというには違和感が。
さらに、食品加工会社のニュースに写り込んでいた男は180cm近くはあるように見えます。
複数犯の犯行なのか、証言の誤りなのか戸惑う刑事たち。
そこへ吉野へ電話が。
投稿した端末のIPを辿っていったところ、市川の予想通り神奈川の店舗の端末に行き着いたようです。

帰る前にその店舗へ寄る吉野たち。
店長へ事情を説明し、履歴を調べてもらいますが・・・
たしかに、その端末が使われた形跡はあるものの、その時間はずっと空席だったとのこと。
監視カメラがあるため、その座席へ忍び込むことは難しいようです。
また、外部から社内ネットワークに侵入することも考えられますが・・・
ワンタイムパスワードを発行するデバイスを使用するなど、このチェーン店ではスーパーコンピューターを使っても侵入が不可能なほどのセキュリティ対策が施されています。

このデバイスは店長と本部写真のみに渡されているということで、署まで連れて行かれる店長。
そして、そのためのパトカーがネットカフェから出て行くのを見つめる男の姿が。
「・・・警察か」
「思ったより早かったな」