漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ22巻125話のネタバレ感想

  コメント (2)

花とゆめ2016年15号の暁のヨナ125話のあらすじと感想です♪

125話はおそらくコミック22巻に収録。125巻の発売日は12月ごろだと思います。

暁のヨナ22巻125話のあらすじ【ネタバレ注意】

まだ少年時代の自分とスウォンの夢を見るハク。苦手な人間や許せない事の多い自分に対し、人でも物でも本当に平等に愛していたスウォン。

ハクは、スウォンが自分よりも、ずっと遠くを見ていることに気づきます。

ハクが起きてテントの外へ出ると、すでにユンが朝の準備を初めています。ハクがゼノに蹴られて起きてことを軽く愚痴ると・・・

「やっぱあの天幕でデカイ男5人は無理だな」
「・・・オレと交代する?」

それはつまりヨナと2人で寝るということ。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや やめとく」

「間が長いよ」

あまりに長く考え込みすぎて、ユンに突っ込まれてしまいます。

とりあえず、ハクはこの前リリに渡された荷物をユンに渡し、ヨナに返してくれるよう頼みます。ユンはそれを引き受けると、山菜を取りに向かいますが・・・

「うわあぁっ」

ユンが向かった先から、ユンの悲鳴が聞こえてきます。

ヨナの簪の入った巾着を谷へ落としてしまったというユン。巾着は途中にはえた木に引っかかっています。

ユンの悲鳴を聞いて四龍たちも集まってきます。しかし、ジェハでも足場が悪くて跳べないようです。

危険を犯しててでも自分が取ってくるというハク。ジェハから、ハクにとってもそんなに大事なものなのか訊かれますが・・・

「正直へし折りてえよ」

辛そうな顔で答えるハク。そんなハクを見て、みなあることに気づきます。

「・・・まさかあの簪って・・・」
「スウォン国王に貰ったもの・・・とかじゃないよね?」

ユンが問いかけるものの、ハクは無言。

「なにそれ・・・」
「どうしてヨナは・・・」
「そんな簪を持って・・・」

以前、自分が簪を取り出した時に、ヨナがひどくこわばった顔になったことを思い出すユン。

「ヨナはスウォン国王のこと・・・」
「好きだったの・・・かな・・・」

ユンのつぶやきに、みな沈黙してしまいます。

ユンは自分が謝るからと言って、ハクを止めますが、ハクは構わず谷へ降りていってしまいます。

ヨナがスウォンを好きだったことは百も承知のハク。

(オレが)
(オレが一番)
(一番許せないのは)
(スウォンあの日お前が)
(イル陛下を殺す前に)
(姫さんに簪を贈ったことだ)

川の中

ハクが手を伸ばした瞬間、巾着がズレ落ち川へ落ちていってしまいます。さらに、それを追いかけ、川へ飛び込むハク。

川の中。こんな事態にもかかわらず、ハクの頭の中にはスウォンのことばかりが浮かんできます。なぜ、ヨナに簪を渡したその足で、イル陛下を殺しになど行けたのか全く理解できないハク。

(殺す計画があったのなら)
(どうして笑顔で簪を)
(あの時あんなに幸せそうな姫さんの顔を見て)
(お前は何も感じなかったのか?)

自分の大切なものを全て踏みにじられ、心が散り散りになるほど悲しかったことを思い出します。

その後

「えっ」
「みんなで水遊びしてた?」

ヨナの前に、びしょ濡れになったハク達の姿が。あの後、ボーッとしながら流されていくハクを追って、みんなで川へ飛び込んだようです。

水遊びをしていたことにして誤魔化すと、ヨナが火を起こしてくれることに。

川から拾い上げた簪を、ユンが悲しそうな表情でじっと見つめます。

「本当に・・・辛い思いをしたんだね」
「ヨナは・・・」
「ヨナの痛みを思うとやりきれないけど」
「これは元に戻しておくよ」

そして、この簪をどうするかはヨナに決めてもらうことに。

「みんな」
「お湯沸かしたから温まって」

そこへ火を起こしたヨナが、みんなを呼びにきます。

「はーい」

暁のヨナ22巻125話の感想【ネタバレ注意】

今回はハクだけでなく、ヨナ以外のみんなまであの簪を目にすることになってしまいました。

ヨナは、荷物が戻ってきたことが分かれば、当然この簪も目にするでしょうし、しばらくこの簪がストーリーの焦点になるのかな。今はヨナの気持ちはハクに移っていると思いますけど、この簪をどうするんでしょう。そのまま取っておくのか、捨ててしまうなんてこともあるのか・・・

ハクは、ヨナがスウォンを好きだったことや、今でも好きかも知れないことが辛いのかと思ってましたけど、スウォンが父を殺す直前にヨナに簪を贈っていたことが許せなかったんですね。確かに、ワザワザ天国から地獄に突き落とすようなことをされて、ヨナはショックが何倍にもなったんじゃないでしょうか。

でも、いくらスウォンがふわ~としてて、何を考えているのかよく分からないところがあるとしても、そんなことをワザとはしないと思います。ということは、ヨナのお父さんを殺したのは、計画していたことではなく、何か突発的な事情があったのかなあ。あるいは、ワザと自分を憎むように仕向けたのか。

未だにその時のことは謎だらけですけど、これから少しずつ明らかになってくるかもしれませんね。