漫画ファンBlog

大好きな漫画のあらすじを紹介します♪

暁のヨナ23巻134話のネタバレ感想

      コメント (4)

花とゆめ2017年2号の暁のヨナ134話のあらすじと感想です♪

134話はおそらくコミック23巻に収録されると思います。

暁のヨナ23巻134話のあらすじ【ネタバレ注意】

「オレの鞄返して!」
「仲間が怪我してるんだ」
「治療したいんだ」
「お願い!」
「お願いだから!」

泣きながら訴えるユン。

そこへミザリがやってきますが、メンドくさそうに話を聞いてくれません。ミザリはさっきヨナがやって来て、スウォンと交渉に言ったことを伝えます。

「あなた達を人質に置いてね」
「高華国がせめて来たらあなた方は殺されます」
「不死の人は拷問」

ミザリはそれが楽しみなように、嬉しそうに笑います。

「オレ達は人質なんだろ?」
「人質は今死んだら人質にならない」
「白龍と緑龍はオレと違って不死身じゃねぇんだ」

顔色も変えずミザリに話しかけるゼノ。そして、また蘇るところを見せるのを条件に、ユンの鞄を持って来てもらうことになります。

「ばかっあんな事言って」

自分を犠牲にしようとするゼノを怒るユン。さらに、みんながヨナ達のことを心配していると、ジッと何かを考え込んでいたシンアが口を開きます。

「ゼノ・・・」
「町中でオレが一瞬ちからを使おうとした時止めた・・・?」
「オレは使う」
「ヨナや・・・みんなが傷つけられるのなら」
「使う」
「誰が相手でも」
「全てが敵になっても」
「オレは」
「闘う」

ヨナ達

高華国へ急ぐヨナ達。するとその道中、苦しそうに息を切らし始め、過呼吸になってしまいます。

そんなヨナの姿を見て、あらためてまだヨナが16歳の少女だということに気づくヴォルド。

(仲間と高華国と真国の民の命が)
(何も持たないこの少女の肩にかかっている)
(それはどれ程の)
(恐怖か)

ヨナを休ませるために、この日はここにテントを張り夜営することに。

「何かして欲しいこととか持って来て欲しい物とかありますか?」

ハクがヨナに優しく語りかけます。

「・・・アオ」

「・・・・・・・・・・・・ぷっきゅー」

ヨナのリクエストに、かなり迷った末アオになりきるハク。そして、アオのように膝をかかえて横になります。

「よしよし」
「・・・お前も」
「四龍がいない分まで気を張らないで」
「わたし頼りないけど」
「そばにいるから」

そう言って、ハクの頭をなでなでするヨナ。その言葉にハッとし、ハクは思わずヨナを抱きしめてしまいます。

「・・・姫さ」
「・・・きです」

「・・・ハク?」
「なに・・・?」

翌日

(夢の中で)
(ハクに大事なことを)
(言われた気がした)

翌朝、ぐっすり眠っていたヨナが目を覚ますと、もう横にハクの姿はなく、外で朝ごはんの準備をしています。

この日、ヨナ達はスウォンに会うための力を借りるため、リリのもとへ向かうことに。

「えっリリがいない?」

仙水までやってきたものの、リリはアユラたちとどこかへ行っていて、もう数週間も戻っていないようです。

アテが外れ、困ってしまうヨナ達。アルギラとヴォルドが、ハクの里の力を借りれないか尋ねますが・・・

「・・・オレは長老に名を返した」
「何より王に関わる問題で里の手は借りられない」

ハクは悲しそうに、そう伝えます。

すると、高華国にヴォルドが情報交換をしている知人がいるらしく、一か八かあたってみることにします。

水の部族領 竜水

うす暗い建物の中へ入っていくヨナ達。ヴォルドが名前を伝え、頭らしき人物の前に通されます。

すると、その男はハクの顔を見た途端 顔色を変えます。

「・・・・・・」
「・・・おい」
「気分が悪い今日はもう帰る」

「待て」

あわてて帰ろうとする男の腕を、サッとつかむハク。

「昔・・・一緒に姫さんを探してくれたよな?」
「忘れちまったのかよ?」
「オギさん」

ニヤリと笑みを浮かべるハク。そんなハクにオビは脂汗を浮かべます。

「・・・目つきの悪さを変わらねぇな」
「高華の雷獣」
「ハク」

暁のヨナ23巻134話の感想【ネタバレ注意】

今回、早速ヨナ達はスウォンのところへ向かうのかなと思ってたんですけど、まずはスウォンに会うためにリリに力を借りるつもりだったようですね。

たしかに、いきなりヨナとハクがスウォンの前に現れたら、殴り込みにきたみたいになっちゃいますもんね(笑)

残念ながらリリはいませんでしたが、代わりにオギの力を借りることができそうです。前は王都にいた気がしますが、勘違いかな?まあ、こういう仕事柄どこにでも拠点があるのかもしれません。

オギが、ヨナとスウォンが落ち着いて話ができる場をセッティングしてくれるよう期待したいと思います。

あと、ハクがかなり迷った末にアオの真似をしていたところが可愛かったです(笑)しばらく前に進展しそうでしなかったヨナとハクの仲も、もしかするとこの旅の間に何かあるかもしれません。

ここでそういう話が出て来るのは予想外でしたが。今回の戦争でヨナとスウォンが会うような展開になったのは、そういう意味も含まれているのかなあ。ここで、3人の気持ちがハッキリとするかもしれませんね。

たぶん単純にヨナとハクがくっつくような展開にはならず、最後は結ばれるにしてもその前に一悶着あるんじゃないかと思います。スウォンのヨナに対する本当の気持ちや、何を思ってあの時イル王を殺したのか、その辺りもそろそろ分かるといいなあと思います♪