漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ27巻153話のネタバレ感想

  コメント (2)

花とゆめ2018年4号の暁のヨナ153話のあらすじと感想です♪

153話はおそらくコミック27巻に収録されると思います。

暁のヨナ27巻153話のあらすじ【ネタバレ注意】

ヨナとハク

ハクの誘いで、この日一緒に剣の稽古をするヨナ。稽古で髪がボサボサに乱れたヨナを見て、ハクはブッと笑い出します。

「いや面白ぇくらい色気ねえから・・・」

「稽古なんだから色気いらないでしょ」

「いらない」
「いらない」
「嫁の貰い手もない」

失礼なこと当たり前のように言うハクを見て、ヨナは昨日のことは夢だったのではないかと思い始めます。

「・・・まあオレが貰ってもいいんですけど」
「自分でも」
「いつからこんなに」
「どうしようもなくなったのか」
「境目がわかんね」

今度は唐突に真面目に語り始めるハクに、ヨナは真っ赤に。

そして、ヨナが何かを言いかけますが・・・

「あ気にしないで下さいね」
「オレは別にあんたに何か期待してるわけじゃねーから」

そう言ってサッていくハク。

その場に残されたヨナは、ポカンとなってしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ハクとジェハ

夜中、外で見張りをしているハクとジャハ。

「長年秘めてきた想いをぶっちゃけた感想は?」

「本っ当」
「言うつもりなかったんだけどな」

ハクは自分でも困ったように、そう答えます。しかし、言ってからというもの、妙にスッキリとした気分になっているようです。

「オレもしようかな」
「挨拶」

ハクは、ヨナが挨拶だと言ってキスをしてきた時のことを思い出します。しかし、ジェハにはハクが何のことを言ってるのか分かりません。

「そういえば」
「ヨナちゃんがハクが話があるって言ってたのに」
「話してくれなかったって言ってたけど」
「何だったの?」

そのことを思い出し、ジェハは何気なく訊ねますが・・・

ハクは思い詰めた顔をして、ジッと黙り込んでしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ハクの話とは・・・

「・・・姫さんが」
「簪を手放したんだ」

情報屋への対価として、ヨナが簪を渡したことを説明するハク。

「それを」
「取り戻さなくていいのかって」
「言おうと思ってた」

しかし、ハクはヨナにとってスウォンのことは過去となり、今はヨナがしっかりと前に進んでいることを感じます。

「あの簪は」
「姫さんにとって」
「『思い出』だ」
「オレばかりが」
「まだ・・・」
「手放せていない」

キジャは、ハクがヨナに仕えるのと同じように、スウォンにも一生仕える覚悟を決めていたのだと察します。

(ハクはまだ)
(裏切りの日の闇にいる)
(ヨナちゃん)
(救ってあげられるのは)
(たぶん)
(君だけだ)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

暁のヨナ27巻153話の感想【ネタバレ注意】

前回ハクがヨナに告白して、今回はその後のお話でした。

ヨナはまだハクとの距離感がイマイチ掴めてない感じかな。一方のハクは気持ちを伝えて、自分だけスッキリしちゃった感じ(笑)

ヨナがハクに翻弄されている感じでかわいかったです。あれだけグイグイ押しといて、ヨナが前に出ようとした瞬間、サッとかわすなんて酷い(笑)

まあ、でもジェハとの話を聞いてると、ハクもまだスウォンのことが引っかかってるみたいですね。

多分ハクはスウォンに対して、憎しみの気持ちが一番大きいんじゃないかなと思います。

ただ、やっぱりそれだけでは割り切れないみたいです。親友であり、主であり、一度は一生ともに生きる覚悟した相手ですからね。

できれば、またこの3人が一緒に生きていける日が来るといいんですけど・・・

でも、肉親殺しまでしておいて、そんな展開がありえるのかなあ。あの日、なぜスウォンが裏切ったのか、早くその謎が知りたいです。