漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ27巻番外編のネタバレ感想

  コメント (2)

花とゆめ2018年11号の暁のヨナ番外編のあらすじと感想です♪

今回の番外編はおそらくコミック27巻に収録されると思います。

暁のヨナ27巻158話のあらすじ【ネタバレ注意】

緋龍城

3年前のこの日、緋龍城では年に1度の武術大会が開かれます。各部族が参加し、優勝を目指します。

特に風の部族では、将軍になったばかりのハクが、将軍として初めて参加することになり大盛り上がり。

観客席では、ヨナがハクの出番を楽しみに待ちながら観戦中。しかし、大会の様子を見て、イル陛下は渋い顔をします。

「・・・ヨナもう下がりなさい」
「武術大会はお前が見るものではないよ」

突然ヨナに退席を促すイル陛下。

「だって父上」
「今年こそ見てもいいって・・・」
「父上っっ」

ヨナが必死に訴えますが、陛下はもう顔すら合わせません。

結局、陛下は聞く耳もたず、ヨナは退席させられることに。

「大会とはいえ」
「暴力は見ていられないな」
「ほら・・・あんな子供がケガを」

イル陛下は、試合中のテウが傷つく様子を見ながら、悲しそうにつぶやきます。

しばらくして、ハクとスウォンが話していると、先程試合をしていたテウがやってきます。

「テウさん先程の試合拝見しましたよ」
「とても良い試合でした」

「無理して褒めないでください」
「オレは負けたんです」

スウォンから褒められたというのにむくれるテウ。そして、そのままヘンデを連れて、稽古に行ってしまいます。

スウォンが困った顔をしていると、今度はジュド将軍がやってきます。

「・・・スウォン様」
「ご無沙汰しております」

スウォンへは丁寧に頭を下げて挨拶をするジュド将軍。しかし、隣のハクをギロリと睨みつけると、何も言わず去っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ヨナとハク

大会は、いよいよハクの出番に。対戦相手のジュド将軍が試合場で待ちますが、なかなかハクは現れません。

その頃ハクは、ヨナが退席させられたと知り、ヨナの部屋へ。ヨナはひとりシクシクと泣いてします。

「・・・・・・ハク勝った?」

「・・・いやサボった」

ヨナの問いにあっけらかんと答えるハク。すると、ヨナは驚いたように、涙でぐしょぐしょの顔で振り返ります。

「なんで!?」
「何やってるのよ・・・」

試合の方はジュド将軍の不戦勝に。

「ジュド将軍は命拾いしたんじゃないかね?」
「雷獣ハクはイル陛下のお気に入りらしいぞ」
「ヨナ姫の護衛も空の部族のジュド将軍ではなく」
「わざわざ風の部族から呼び寄せているのだから」

観客席では、来賓達が愉快そうに噂話をします。

一方、部屋を出て2人で辺りの出店を周るハクとヨナ。ハクが買ってきたあんまんを、ヨナが嬉しそうに頬張ります。

「試合がみたいならあっちでやってますよ」
「行きます?」

「・・・あんまり興味ない」
「私はハクの試合が見たかったの」

ヨナの言葉に、ハクはキュンと頬を赤らめます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

大会終了後

大会は空の部族の優勝で終了。

「ちくしょー」
「ハク様が不戦敗やらかさなきゃなー」

「風牙に帰ったら問い詰めてやる!」

テウ達は不満でむくれていますが・・・

「あ」
「いい忘れてたがな」
「ハクはヨナ姫の専属護衛に任命されたから」
「風牙には帰らんぞ」

ムンドクの言葉にみな目を丸くします。

「「「なにーーーーっっ」」」

一方、まだ2人でブラブラしているハクとヨナ。

「あ」
「姫さん」
「あそこにスウォン様がいますよ」

スウォンの姿を見て、ヨナはポーッと真っ赤に。

「あー」
「はいはい」
「あんまんで丸々太って可愛い可愛い」

からかうハクをポカッと殴り、嬉しそうにスウォンへ駆け寄っていくヨナ。そんなヨナの姿を、ハクは微笑ましそうに見つめます。