漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

弱虫ペダル308話のネタバレ感想

  コメント (0)

週刊少年ジャンプ2014年29号の弱虫ペダルは第308話です♪
弱虫ペダル307話では、銅橋の過去が描画されていました。
以前は周囲の雑音に惑われていた銅橋でしたが、今はレースにのみ感情をぶつけるようになった銅橋。
それが銅橋の強さの秘密でもあります。

弱虫ペダル308話のあらすじ【ネタバレ注意】

「抑えられない感情」
「それは力だ!」
「オレが箱学だ!」
銅橋のすぐ後ろまで迫ってきた鏑木と青八木。
銅橋の何かしでかしそうな雰囲気を見て、また加速される前にと一気に追いつきます。
「ここからは、スプリンターの青八木さんお願いします!」
「酸素音速・・・ 肉弾丸」
そして、銅橋に追いつくやいなやカウンターで飛び出す青八木。
さっきは銅橋の加速に対応できなかった青八木ですが、今回は鏑木の後ろでじっくりと準備ができていたようです。

見事なコンビネーションで銅橋との差をドンドン開いていく青八木。
「これが総北の力だ!」
と、銅橋の方を見る鏑木でしたが、
「狩りってのは獲物がいないとな!」
と舌なめずりをする銅橋。

先頭を快走する青八木。
自分を鍛えてくれた田所先輩のことを思い浮かべています。
鏑木が役に立つ男であること。
でも、バカなこと。
(田所先輩なら、そこがいいんじゃないかと言うでしょうね)

「ジャージってのは狭いんだよ!」
ジッパーをぶち壊した銅橋がすごい迫力でイキナリ青八木の背後に!
「行けよ」

「踏み潰してやるよ!」

青八木の後輪と銅橋の前輪が接触するほどの間隔で銅橋が青八木を追い立てます。

ファーストリザルトラインまでは、あと1キロ弱。
(くそっ、残り150メートルまで取っておきたかったが・・・)
青八木にはまだ何やら秘策があるもよう。
「青八木一純正・・・」
「筋力弾丸・・・」
「バンビスタイル!」
酸素音速肉弾丸で膨らんでいた身体がしぼみ、脚が異常に膨らんでいきます。

弱虫ペダル308話の感想【ネタバレ注意】

弱虫ペダル308話では、鏑木が銅橋を捕らえて、そのままイキナリ青八木がスパートしましたが、これは簡単に捕まってしまいましたね。
しかし、青八木にはまだ筋力弾丸バンビスタイルなんていう秘策があったようです。肉弾丸もそうですが、ちょっと筋力の膨らみ方が極端すぎ(笑)まあ、漫画らしくていいんですが。
もともとラスト150メートルで出すつもりだったようなので、これは肉弾丸よりもさらにスピードに特化したスタイルでしょうかね~。肉弾丸は中距離、バンビスタイルは短距離って感じかな。
ここで一気に突きはなして勝負を決めれたらいいでしょうが、銅橋に粘られたらツラそうですね。そして、銅橋がアッサリ引き下がってくれるはずもないと思います。
短距離用のバンビスタイルのスピードを、無理やりゴールまで持たせることができるかどうか、が勝敗の鍵になるかもしれませんね。
とりあえず、次回はバンビスタイルがどれだけの威力があるのか楽しみにしたいと思います♪