漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

透明なゆりかご4巻11話のネタバレ感想

  コメント (20)

ハツキス2016年3月号の透明なゆりかご11話のあらすじ&感想です♪
11話はおそらくコミック4巻に収録されると思います。

透明なゆりかご4巻11話のあらすじ【ネタバレ注意】

クリニック

授かり婚をして第一子を出産した関口さん。しかし、産まれてきたのは、なんと金髪・青い瞳の男の子!

「一体誰の子なんだ!!」

「だから晃ちゃんの子って言ってるでしょ!!」

関口さんは旦那さんの子だと訴えますが、全く信じてくれません。関口さんは、ショックで母乳が出なくなり、代わりに☓華がミルクを担当することになります。

旦那さん以外の人からも疑われ、ずっと塞ぎこんだままの関口さん。しかし☓華は、生まれていくるのをとても楽しみにしていて、ショックで母乳も出なくなった関口さんが嘘を言ってるとはとても思えません。

そのことを伝えると、涙を流しながら感謝する関口さん。

「私負けない」
「元気な子に育てる・・・」

退院後

関口さんは元気を取り戻し、無事退院しますが・・・

「旦那さんはどこの国の方ですか」

「旦那さんはフランス人とか~」

色んなところで好奇の目を向けられ、ドンドン暗くなっていきます。

さらに・・・

「オレの実家に子供が生まれたことがバレた」

これまで隠していたことがバレ、旦那さんから離婚届まで突きつけられてしまいます。

関口さんが通院してきた時に、事情を聞く☓華。1人でどうしていいか分からず涙ぐむ関口さんに、☓華はいつかちゃんと理由が分かる日までがんばるよう励まします。

「・・・・・・」
「そうだよね」
「私が動揺してちゃダメだよね・・・」
「この子には今わたししか」
「守ってやれる人はいないんだから・・・」

しかし、それから関口さんが病院にくることはなくなります。

2年後

☓華が道を自転車で走っていると、子供が飛び出してきます。あわてて急停止して子供に注意していると、髪が金髪でハッとする☓華。

さらに、そこへ関口さんも。やはり、その子はあの時の子だったようです。

「・・・本当」
「信じられないことがあったの・・・」

久しぶりに顔を合わせた☓華に、関口さんはこれまでのことを話し出します。

旦那さんの実家へ出産の報告に行った関口さん。しかし、やはり誰も信じてくれません。

DNA鑑定をしようにも、当時はまだあまり知られておらず、料金も高額。もう、どうする術もなく、涙が溢れてきます。

「・・・敬ちゃん?」
「敬ちゃんだ・・・」

その時、旦那さんのおばあちゃんが、子供に語りかけてきます。実はおばあちゃんには、ロシア人の夫との間に、敬一郎というもう1人の子供がいたそうです。

旦那さんのお父さんより一回りも上の敬一郎さんは父に似た外見で、そのことで小さいころからイジめられます。

それが嫌で16歳でロシアに渡った敬一郎さん。しかし、ロシアが成功を収めて日本に戻ってくると、すぐに亡くなってしまいます。

「忘れられていた敬ちゃんが戻ってきたんだ」
「新しい家族を連れて」

涙を流すおばあちゃんを見て、みんな関口さんのことを信じてくれるようになります。

その後

☓華が関口さんの話に驚いていると、旦那さんが車で迎えにきます。どうやら旦那さんと離婚せずに済んだようです。

関口さんは、あの時☓華が信じてくれことのお礼を伝え、子供と共へ旦那さんのもとへ向います。

(生まれ変わりがあるのかどうかは分からないけど・・・)
(もし敬ちゃんが家族に愛されたいために関口さんんおもとに生まれてきたのなら)
(今度こそたくさんの)
(人間から愛される)
(人生を送れますように・・・)