漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

透明なゆりかご6巻ハツキス21話のネタバレ感想

  コメント (0)

ハツキス2017年7月号の透明なゆりかごハツキス21話のあらすじです♪

ハツキス21話はおそらくコミック6巻に収録されると思います。

透明なゆりかご6巻ハツキス21話のあらすじ【ネタバレ注意】

クリニック

「キャーーーー」

突然、クリニックに妊婦さんの叫び声が響きます。

☓華が駆けつけると、そこには真っ青な顔をした小川好恵さんという妊婦さんと、その隣でニヤける旦那さんの姿が。

「看護婦さん大変なの」
「いま好恵さんの旦那さんがイキナリ・・・」
「好恵さんのお腹を殴ったんです」

好恵さんと妊婦仲間の森さんが、☓華に事情を説明します。

「いま見てましたよ!!」
「自分が何やったか分かっているんですか!?」

先輩の看護婦さんが、旦那さんに注意しますが・・・

「殴るフリしただけで当ててないですから?」
「二人で話してるんで放おっておいて・・」

旦那さんは誤魔化した上に、全く反省の色もありません。

そんな旦那さんを、その場に居合わせた妊婦さんや看護婦さん一同が、ジーっと責めるような目で見つめます。

さすがに居心地が悪くなったのか、旦那さんは小川さんを連れ帰ろうとしますが、それを好恵さんが必死に拒否。ブルブルと震え出します。

「・・・いや」
「あなたといるとこの子が死んじゃう!!」
「私はもう子供を産むまで家には帰らないから!!」

仕方なく、旦那さんは1人で帰っていきます。

初めて来院した時は、とても優しそうなイメージだった旦那さん。それから何があったのか、好恵さんは今までのことを話し始めます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

小川さんの話

妊娠してから、急にお米が食べられなくなった好恵さん。過食も止まらず、パンばかり大量に食べるようになります。

食事も別々に摂るようになり、旦那さんの不満が溜まっていきます。

「・・・また寝ながらパンばっか食べてんの?」
「だからそんなに太るんだよ」
「・・・好ちゃん変わったね」
「妊娠したらこんなに変わるなんて思わなかった」
「別人みたいだよ・・・」

それから、2人の関係は徐々に悪化。そんなある日、旦那さんが泥酔して帰ってきます。

「最近オレ達ヘンだったよなー」
「仲直りしよー」
「たまにはいいだろ~♡」
「なあ~♡」

なぜか、上機嫌で絡んでくる旦那さん。しかし、旦那さんに抱ききつかれた瞬間、好恵さんは激しい吐き気に襲われます。

好恵さんは思いっきり旦那さんを突き飛ばし、洗面所へ。

「吐くほどイヤなのかよ!?」
「オレのことが!!」

洗面所で吐く好恵さんに、旦那さんは激怒。

「違うの・・・」
「汗の匂いが・・・」
「シャワー浴びてくれたら・・・」

好恵は妊娠で匂いに過敏になっていたらしく、それを必死に説明しようとしますが、旦那さんは聞く耳もちません。

「もういい!!」
「ソファーで寝る!!」

それ以降、2人の間の亀裂は決定的なものとなります。それに加えて今日の一件。好恵さんは、赤ちゃんの命の危険を感じます。

森さんが自分の家に来るように誘ってくれこともあり、好恵さんは出産まで旦那さんと別居することにします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

1週間後

それから1週間後、好恵が病院に担ぎ込まれ、そのまま入院することに。

森さんから事情を聞くと、この日 森さんの家に、旦那さんとお義母さんが訪ねてきたそうです。

森さんはてっきり謝りに来たのだろうと思い、家へ上げますが・・・

「・・・お前」
「・・・浮気してるだろ」
「お腹の子はオレの子じゃないんだろ?」
「だからオレをさけてたんだよな」

旦那さんは好恵さんに言いがかりをつけ、お義母さんもそれを擁護します。

あわてて森さんが2人を追い出し、家の中へ戻ると好恵さんが倒れていたそうです。

病院で治療を受け、しばらくして好恵さんが目を覚まします。

「あ」
「先ほどはすみません」
「お騒がせしちゃって」
「もう旦那に想いはありません」
「今までお腹の子供のために何とかしようと思ってたけど」
「わたし・・・1人で赤ちゃんを産んで」
「絶対この子を幸せにします」

晴れ晴れとした表情で、☓華にそう話す好恵さん。それから入院したまま分泌の日を迎え、好恵さんは元気な男の子を出産します。

産後、好恵さんは指導を受けながら、甲斐甲斐しく赤ちゃんの世話をします。

(こんなに旦さんそっくりなのに)
(見に来ることもないのかな・・・)
(旦那さん何だか憐れな人だな・・・)

☓華が旦那さんを不憫に思っていると・・・

「あれ?」
「この子・・・!?」
「こんなことあるんだ」

好恵さんが、何かに気づきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

数日後

好恵さんが別居していた旦那さんに連絡を取ると、旦那さんがしぶしぶクリニックにやってきます。

「あなた・・・」
「この子が自分の子じゃないって言ってたわよね?」
「これ見ても?」

そう言って赤ちゃんを掲げる好恵さん。すると、旦那さんの顔がみるみる青ざめ、ガバッと土下座を始めます。

「すまない!!」
「好ちゃんオレが悪かった!!」
「その子はオレの子だ!!」

赤ちゃんの背中には、♡型の蒙古斑が。旦那さんにも、同じ場所に同じ形の蒙古斑があるようです。

旦那さんは必死に頭を下げ、好恵さんにこれまでの償いをさせてくれるよう懇願しますが・・・

「あなたが謝らなければいけないのは私じゃない」
「一番守らなきゃいけないこの子を苦しめた」
「それを・・・今許すことはできない!!」

好恵さんは、赤ちゃんを抱きしめながら、涙をこぼします。

それから2人は離婚し、好恵さんは1人で子育てに励みます。この日クリニックに来た好恵さんに話を聞くと、やはりたった1人で子供を育てるのは苦労の連続のようです。

「でも子育ては確かに大変なんだけど」
「やっぱり『楽しい』からみんな続けられていると思うのよね」
「私もいつかそういう日が来ると思ってる」
「人の幸せって色んな形があるけど・・・」
「一番大事なのは」
「『自分と子供がいつも笑っている生活』のことだと思うの」

好恵さんは、とても幸せそうに微笑みます。