漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

5時から9時まで15巻82話のネタバレ

      コメント (0)

Cheese!2018年9月号の5時から9時まで82話のあらすじです♪

82話はコミック15巻に収録されると思います。

5時から9時まで15巻82話のあらすじ【ネタバレ注意】

高嶺

「・・・天音が寺を潰す・・・ですか」
「一体 何を考えているのかバカバカしい」
「何を考えているのかさっぱり理解しかねます」

住職から天音の話を聞いて、呆れた顔をする高嶺。

「私にとっては何よりまず」
「あと4周修行を勤め上げ寺へ帰ることこそ第一です」
「許嫁に固く約束致しましたので」

顔をキリっとさせ、そう宣言しますが・・・

「このあほんだら!!」
「弟の気持ちもよう思いやってやれんよぉなヤツが」
「跡継ぎやら女やらよう守れるかいな」

高嶺は住職から、大声で怒鳴られてしまいます。

「あんさんのお相手はんはえらいしっかりしはったお人なんやろなぁ」
「弟にさえ構ってもやれんような”余裕のない男”に頼りも甘えもようでけへんしなあ」

住職から嫌味まで言われてしまい、高嶺はションボリ。”余裕がない”という言葉が、グサグサと胸に突き刺さります。

「要するにお前は怖いんだな」
「彼女を繋ぎ止める自信がない」

以前、実家の住職からも同じことを言われたことを思い出し落ち込んでいると、住職から弟からも許嫁からも、まずはちゃんと話を聞いてあげるようアドバイスされます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

潤子

子供のことがバレてからも、お祖母さんのお世話を続ける潤子。いつお腹の子のことをディスられるかと警戒しますが・・・

「・・・今更そない構えんでもええわ」
「出来てしまもうた子は大事ぃにせんと罰あたってまうし」

潤子はお祖母さんの意外な言葉にハッとします。

「それって星川さんとの結婚認めてくれるってことですか」

「・・・しゃあないやろ」
「あんさんをうちの嫁に迎えるのは納得いかへんけど」
「条件がある・・・」

そう言って、お祖母さんは子供が男の子だった場合、お寺に入れるよう条件を出してきます。

そんな話を聞きながら、潤子とケホケホと咳が出てきます。

「ちょっと!」
「どないしたんしんどいん!?」

「・・・ち」
「違います」
「バカなこと仰るからあまりに呆れただけです」

失礼なことを言う潤子に、お祖母さんはむくれた様子。

「だって後継ぐかどうかなんて」
「そんなの子供が育ってから自分で決めることじゃないですか」
「それに・・・」
「星川さんが修行から戻ってこないとまだ正式な後継のことは分かりませんし」

吐き気に耐えながら、潤子は必死に訴えます。

「・・・もうこの!」
「あほやな」
「いらんこと考えんさとさっさと去んで部屋で横になり!」

そう言われ、部屋から追い出される潤子。何となくお祖母さんの当たりが柔らかい気がしますが、体調が悪すぎてよく分からなくなってしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

復帰

翌日、潤子がお祖母さんに朝食を持っていくと、何とお寺の掃除は免除で仕事に行くよう言われます。

「まだ身体のこと伏せときたいんですやろ?」
「あんさん見てたら」
「よう隠せる気せえへんわ」
「噂にしとぉないのはこちらも同じ」

お祖母さんはそう言うものの、気を遣ってくれているのか、弱みを握って脅迫でもしようとしているのか、よく分かりません。

とりあえず潤子はお祖母さんに言われた通り、出勤することに。久しぶりに仕事を再開すると、会社にも迷惑をかけてしまったことを身にしみます。

(今はまず)
(この4週間 体を守りつつできることをやって)
(どうかちゃんと直接報告できますように)

そう決心しながら、高嶺のことを想う潤子。そして、それからドンドン時は過ぎて行きます。

(・・・あと3週間)
(2週間・・・)

その頃、高嶺も潤子を想いながら、しっかりと修行に励んでいます。

(来週です)
(ようやくやっと・・・)
(修行を終えて私はあなたの元に帰りますよ)
(潤子さん)