漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

赤髪の白雪姫19巻95話のネタバレ感想

      コメント (0)

LaLa2018年4月号の赤髪の白雪姫95話のあらすじと感想です♪

95話はおそらくコミック19巻に収録されると思います。

赤髪の白雪姫19巻95話のあらすじ【ネタバレ注意】

リリアス

リリアスへ戻ってきた白雪達。さっそく薬室へ帰還の報告へ行きます。

「戻りました!」
「鈴さん!」

薬室にいたのは鈴とユズリ。

2人は白雪とオビの帰還を喜ぶと、一緒にやって来たゼンに目をやります。

「あーーーっ?」
「だいぶ前に一回会ったっけ?」
「何人かで来てた王城の・・」
「王・・・」
「城」
「の・・・」

そう言いながら、何かを察する鈴。

「ゼン・ウィスタリアだ」

「俺の主だよ」

「「初めまして殿下」」

一緒にいたのが殿下だと分かり、2人は緊張した面持ちで挨拶します。

「・・・オビ君に主と呼ぶ人がいるのは知ってましたが」
「正確にはどういうご関係なのでしょうか?」

鈴に問われ、ゼンはチラリとオビへ目をやります。

「いくつかあるが・・・」
「風変わりで気が置けない友人だな」

友人という言葉に、鈴とユズリは目を丸くします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

薬室への挨拶を終えると、白雪とオビはゼンにリリアスを紹介して回ることに。

冬になり、街には雪が積もっています。行きつけの店を回ると、今度は3人ででっかい雪ダルマを作って遊びます。

一通り遊び終え、3人は夕食をとることに。すると、白雪が席を外した隙にゼンがオビに何かを耳打ちします。

「・・・ええ?」
「熱があるんですか?」
「いいですけどなんで薬もらうのにこっそりなんです」

ゼンは子供の時から風邪を引くたび、チヤホヤと面倒をみられ、それが苦手とのこと。

「まっ」
「そういうことなら貰ってきますよ」
「今日別れるまで隠し通せるといいですね」

夕食を終えると、観光用の天幕街へ寄ってから帰ることに。

「俺はちょっと馴染みの店寄ってくんで」
「2人でのんびり戻ってください」

気をつかったのか、オビは一人でどこかへ行ってしまいます。

(今度おごろう)

ゼンは心の中でそう決心しながら、オビを見送ります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

天幕

天幕街へとやってきた白雪とゼン。

たくさんある天幕の1つを借り切ることができるようで、早速2人で天幕へと入ります。

幻想的でキレイな天幕の中へと入ると、白雪はジッとゼンの顔を見つめます。

「ゼン」
「熱計ってもいい?」
「顔が少し赤いと思う」

「ほんとか?」
「着込み過ぎた気はするが」

ゼンは誤魔化そうとするとものの、問答無用で白雪はゼンのオデコに手をやります。

「・・・おまえ」
「手が冷たいぞ」
「手袋しておけ」

ゼンはなおも熱を誤魔化そうとしますが・・・

「・・・熱じゃないなら」
「キスをしよう」

そう言って、白雪はジーっとゼンの顔を見つめます。

「ははっ」
「ばれたな」

そう言って、ゴツンとオデコをくっつけるゼン。

「悪かった」
「一晩寝て様子見てればいいと思ったんだ」

「引き受けるよ」
「様子見るのは」

そう言いながら、楽しそうに笑い合うゼンと白雪。しかし、その言葉の意味することを考え、カーっと真っ赤になってしまいます。

2人がそのまま固まっていると、時間を知らせる鐘の音が聞こえてきます。

ハッと我に返り、ゼンと白雪はあわてて天幕を出ます。

翌朝、ベッドで目を覚ますゼン。すると、部屋へ白雪が入ってきます。

白雪の顔を見て、ゼンは一気に目が冷めます。

「あ」
「そうか」
「リリアスにいるんだったな」