一週間フレンズ。7巻36話のネタバレ感想

ガンガンジョーカー2014年12月号の一週間フレンズ。は第36話です♪
第36話はおそらくコミック7巻に収録。
7巻の発売日は2014年12月ごろだと思います。

もし、絵付きで一週間フレンズ。36話を読みたいなら、U-Nextで「ガンガンJOKER」最新号を今すぐ無料で読むことができますよ♪

「ガンガンJOKER」を無料で読む

一週間フレンズ。7巻36話のあらすじ【ネタバレ注意】

追試の最中、長谷はポケットでずっと鳴っている携帯が気になります。
先生に許可を得て、相手を確認すると桐生から。
ただならぬ様子に追試を抜けて電話をかけます。
桐生から事情を聞き、その場へ急ぐ長谷。

事情が飲み込めない九条の兄。
自分が何か悪いことをしたかと心配するお兄さん。
桐生はとりあえず今日はここまま帰ってくれるようお願いします。
「ごめんね一くん」
「オレいつもうまくいかないね」
と、しょんぼりした様子で帰っていく一条兄。
「兄貴・・・俺知ってるから」
「兄貴の行動に悪気はないってこと」
と、声をかける九条。

やっと長谷がかけつけ詳しい事情を聞きます。
香織は今いろんな場面が頭の中に出てきて、何がなんだか分からない状態のようです。
「長谷くんも一緒に私の過去を受け止めてくれますか?」
この前、香織に言われた言葉を思い出す長谷。
つらい思いをさせるかもしれませんが、知っている全てを教えることを決心。

長谷は九条に言って、過去のことを説明してもらいます。
九条の引っ越す当日、九条は香織と公園で会う約束します。
そこへ兄がやってきて香織を驚かすことを提案。
しかし、それは自分をヒーローにするための兄の優しさだったと弁護する九条。
そして、おそらく香織は兄の言葉を聞いて、ショックを受け逃げ出して車に・・・
自分がキッカケで香織が記憶をなくしたことを謝る九条。

香織は記憶の整理ができ、意外と落ち着いた様子。
しかし、まだ何か胸へモヤを感じる香織。
香織は公園から逃げた時のことを思い出します。
逃げた香織の視界に女の子数人の姿が・・・
膝をつき震え出す香織。
(こわいこわい)
(友達って一体・・・)

「藤宮さん!俺のこと見て」
香織を落ち着かせ、もうひとりじゃないこと、みんなついてることを言い聞かせる長谷。
自分がひとりだと思い込み全てを拒絶していたことに気づく香織。
本当は自分の周りにも自分を助けてくれる、心から信じられる友達がいることを実感します。
「長谷くん」
「私ね・・・」
「全部」
「思い出したよ」

一週間フレンズ。7巻36話の感想【ネタバレ注意】

香織がついに記憶を取り戻したようでよかったですね♪
九条の兄の言葉がショックだったのは分かりますが、記憶をなくすほどのことかな・・・
と少し思っていましたが、どうやらその後友達と何かあったのが直接の原因だったようですね。
たぶん親友だと思っていた子から、香織が抜け駆けしたようことを言われたんじゃないかなあ。
それで友達を信じられなくなったんでしょう。
しかし、長谷のおかげで自分にも心から信じられる友達がいることを分かり、もう大丈夫なんじゃないでしょうか。
香織の記憶が戻ってこれで一件落着・・・なのかな?
それとも、これからひと波乱あるんでしょうか。
まあ、まずは香織が女友達から何を言われたのか気になりますね♪

タイトルとURLをコピーしました