漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる38巻197首のネタバレ感想

      コメント (20)

BE LOVE 2018年7号のちはやふる197首のあらすじです♪

197首はおそらくコミック38巻に収録されると思います。

ちはやふる38巻197首のあらすじ【ネタバレ注意】

新と太一

「スローで見たら」
「東の子のほうが早く触ってない?」

デジカメをもった観客の声に愕然とする新。

新は自信が持てないせで、審判にも聞かず、無理筋を主張したことを自分でも自覚します。

(1-2にしたくなかった)
(早く終わりたかった)
(やり直したい)
(やり直したい)
(太一)
(太一)
(どうしたらいい太一)

新はメガネを外し、苦しそうに顔を抑えます。

一方、太一ところへは、周防名人や机くん、肉まんくんが集まってきます。

「珍しく君が」
「楽しそうで」
「びっくりした」
「しかし最後の1枚よく引いたね」

周防さんの言葉に、机くんや肉まんも同意。

しかし、当の太一はどうでもよさそうな様子です。

「ああなったら周防さんだって引くでしょ?」
「執着したら」
「今日は勝てない・・・」

太一は静かに目を閉じます。

机くんと肉まんは、すでに太一が2試合目に向かって集中しているのを感じます。

(もしかしたら)
(真島の勝ちがあるかもしれない)
(あるかもしれない)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

女子控え室

エネルギーを使い果たし眠りこけている千早。一方、結川さんしっかりと昼ごはんを食べています。

すると、そこへ詩暢がやってきます。突然のクイーンの登場にみなビックリ。

詩暢は村岡屋さんからもらった着物用の下着を結川さんに私に来たようです。

それは半エリTシャツ風の競技かるたにピッタリのもの。かなちゃんは、大手の藤岡屋がこんな斬新なものを作っていることに驚愕します。

(イベントの時だけ着る特別なものになっちゃいけない)
(着物をもう一度普段着にするには)
(こういう柔軟な挑戦が大事・・・!)

その時、ようやく千早が目を冷まします。

「詩暢ちゃん!?」
「何しに来たの?」
「私の応援!?」

「千早あんたアホやろ?」
「同会の」
「結川さんの応援や」

そんなやり取りをしていると、小石川がたくさんの甘酒を買って戻ってきます。

千早達にも振る舞われ、美味しい甘酒で身体が温まり、みなホッとした気分に。

「太一と新にも」
「あげたいなぁ」
「緊張感ばっかり伝わってきた」

ピリピリとした2人の対局を思い出す千早。

「あげたいな」
「たったかいな」

すると、結川さんが皆に何かを提案します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

2試合目開始前

もうすぐ2試合目が始まろうかという頃、原田先生は周防名人が帰ろうとしているのに気づきます。

「何だかんだ言っても」
「けっきょく綿谷くんが勝つと思うんで」
「そんなの見ててもテンション上がらないんで」
「帰ります」

そう言い残し、アッサリと帰っていく周防名人。

会場へは、再び選手たちが入場してきます。

(どうやたったら取り戻せる?)
(どうやったら自分が)
(一番かるたがノビノビ取れたころに・・・)

千早と太一と3人で、楽しくかるたを取っていた頃を思い出す新。

(もうダメや)
(もう違う)
(もう違う)

新がどうしていいか分からず、絶望していたその時・・・

ヒヤッとした空気が会場へ入ってきます。

「え」
「わ」
「雪!?」

「すみませーん」
「空気の入れ替えでーーーす」

窓へ目をやると、外から千早達が窓を全開にしています。

寒い部屋がさらに冷やされ、窓が閉じられると、逆に温かく感じる新。先程までの悲壮な雰囲気が消えていきます。

「太一」
「さっき周防さんに言った」
「『勝ったら聞いてほしい願いこと』って」
「なんや?」

新の問いに、太一は答えようとはしませんが・・・

「オレに勝って叶えるんやろ?」
「教えとくのが筋やないか?」

新が強く迫ると、太一は周防さんが8年も実家に帰っていないことを説明します。

「嫌がらせだよ」
「勝って周防さんを長崎に帰す」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

暗記時間

暗記時間となり、かるたを並び始める選手達。しかし、新と太一はまだ何か話しています。

「・・・1試合目の最後の札さ」
「あれ」
「太一の取りやったかもしれん」
「無理筋主張して悪かった」

お詫びに、新は2試合目 何かハンデを付けることを提案します。

「はぁ!?」
「いらねーし」
「ふざけんな」

太一は怒り出すものの、やはり新は納得がいかない様子。

「・・・・・・・」
「じゃ」
「じゃあ」
「もし運命戦になったらオレに譲れよ」

「うん」

お爺ちゃんのライバルだった佐藤九段のことを思い出す新。

お爺ちゃんに取って、佐藤九段は憎たらしい敵でもあり、心の支えでもあった存在。佐藤九段が亡くなった途端、お爺ちゃんの認知症が進んだのは佐藤九段が亡くなった時のこと。

(かるたを取ってると分かる)
(太一はオレのこと嫌いや)
(オレも・・・)
(ええんや)
(嫌いやと思うてええんや)
(邪魔やと思うてええんや)

雪を見ながら、2人が子供だった頃のことを思い出す原田先生。

「子供はさ」
「どんなに好きでも」
「かるたが強くても」
「友達がいないと続けられないんだ」

新は吹っ切れたように、太一と対峙しています。

(太一はオレの)
(ライバルなんやろう?)
(ぶっ潰してやる)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ちはやふる38巻197首の感想【ネタバレ注意】

映画公開直前ということもあってか、今回はボリュームあって大満足の回でした。

試合と試合の合間のひとコマって感じですけど、個人的にはこういうのがたまらないく好きです♪

ストーリーの方では、やはり周防名人が言っていたことが気になりますね。周防名人は、苦戦しようが何だかんだで最後は新が勝つと思ってるみたい。

まあ、確かにそれが一番順当かなという感じの結末かな。でも、順当だからこそ、逆の結果になりそうな気もしますし(笑)

ただ、新はそれまで太一のことを邪魔だと思う自分が許せなかったみたいですけど、何か吹っ切れちゃいましたね。そうなると、精神面で太一と並んで、技術的なことを考えると一気に新が有利な気が・・・

一方的な試合にはなって欲しくないんで、できれば2試合目は太一に勝って欲しいんですけど大丈夫かなあ。

ちはやふるは、次回と次々回はお休みになっちゃうようで、次の回が見れるのは5/1です。次回がすごい待ち遠しい~