ちはやふる38巻198首のネタバレ感想

BE LOVE 2018年8号のちはやふる198首のあらすじです♪

198首はおそらくコミック38巻に収録されると思います。

ちはやふる38巻198首のあらすじ【ネタバレ注意】

1戦目終了後

(ぶっ潰してやる)
(太一)

太一の顔を思いっきり睨みつける新。新の胸の想いが太一にもヒシヒシと伝わってきます。

(新の目に)
(火がついた)
(オレを見た)

一試合目が終わると、すぐに二試合目に。二試合目の審判は今田裕子元女王が努めます。

審判席から、千早に目をやる今田さん。今日の千早は身体がよく動いていて、なにより音への反応がとんでもないように感じます。

(恐らく)
(綾瀬さんが2勝で決める)
(調子のいい若い子って怖い)
(その調子に)
(裏切られなければね)

一方、観客席では・・・

(綾瀬さん七枚差で一試合目取れたのは大きい)

桜沢先生も・・・

(自力の差が出た)
(調子もいい)

猪熊さんもやはり千早優位を予想します。

(千早ちゃんが勝つ!)
(きっと!)

そして、かなちゃん達 瑞沢の部員達も千早の勝利を信じて疑いません。

2試合目

二試合目が始まり、最初の札。千早の得意な「おく」の札が読まれますが・・・

結川さんまるでそれに賭けてでもいたような勢いで、札をぶっ飛ばします。

一方、得意な札を取られてガクーンをショックを受ける千早。

(1試合目勝ってゆるんだ?)
(うちは必ず取ると思って座ったで)
(得意札をまず削り取るて)

そして、次の札も結川さんが連取。その後も千早はなかなか調子が掴めず、結川さんに差を広げられていきます。

(1枚目・・・)
(早く)
(1枚目取らないと)

焦る千早を、心配そうに見つめる原田先生。

(落ち着け千早ちゃん)
(出札が悪いだけだ)
(そういうのは怖くない)
(怖いのは・・・)

そして、次の札・・・

読手の牧野さん読みは少しクセがあり、「ユウ」が「イ・ユウ」に聴こえてしまった千早はお手つき。

そんな千早の様子を、審判席の今田さんがジッと見つめます。

(調子がよすぎると)
(聴こえすぎるのよねぇ)

千早が動揺してるところに、次もまた「ゆ」の札が。それも結川さんが軽快に払い、これで5連取。

千早もどうにか1枚は返すものの、次の札はまたも結川が奪取。千早の反応がよすぎて、S音の他の札に引っ張れている間に、結川さんが正札をかっさらいます。

(調子がよくて)
(なのに焦りがある)
(反射が止まらない)

今田さんの読み通り、千早は調子がよすぎて空回りを続けます。

それからしばらく空札が続いて次の札・・・

結川さんが、鋭い飛び出しでまたも札を払います。

思わずガバっとその場から立ち上がる伊勢先生。

(桃ちゃん君は)
(そこまでの選手やったか)

観客席

先ほど結川さんが一緒に払った札が、観客席の原田先生のもとへ。

その札を千早に手渡しながら、恐ろしい形相で千早を睨みつける原田先生。原田先生のあまりの迫力に、観客席は凍りつきます。

(16歳の君にあの時言った言葉)
(忘れたわけじゃないだろう?)
(”速く取るのをやめなさい”)

一方、観客席の詩暢に、間下会長が話しかけてきます。昨日の理事会で決まったことを伝えに来たようです。

「再来年からやけど」
「これまで3試合やったクイーン戦が」
「名人戦と同じく5番勝負で決めることになってな」

「「「五番勝負!?」」」

2人の話が聞こえてきた他の観客達が絶叫します。

「今の挑戦者には直接関係ないんやけどな」
「若宮さんは」
「5試合クイーン戦戦うならどっちがいい?」
「結川さんと綾瀬さん」

間下会長に言われ、再び2人の方へ目をやる詩暢。そして、原田先生もジッと2人の戦いを見つめます。

(こんな時しかないと全部かけて来たんだろう)
(示せ)
(クイーンに届く牙を)
(持ってるのはどっちだ)

コメント

  1. 匿名 より:

    早速のアップありがとうございます。 勝ってほしいですねえ、千早に。

  2. 匿名2 より:

    全てが1首の回想だから
    千早が勝つんだろうけど
    桃ちゃんに意地を見させて欲しいなぁ

  3. D より:

    ありがとうございます。

    せをはやみ

  4. 匿名 より:

    まあ、主人公パワーで千早が勝つのは決まってるから

  5. 匿名 より:

    千早が勝つよね!

  6. にゃ より:

    ももちゃん好き。勝つのは千早だろうけど、頑張って欲しいなー。

  7. 匿名 より:

    コミックでましたねぇ。
    千早は、次はももちゃんがとって、最後は千早、みたいなかんじだといいなぁ。
    太一は勝って欲しかったけど、コミック見る限りでは、なんか無理そう。。
    結局、新がかって、周防さんと新は、周防さんの勝ちって感じかしら。
    恋愛は、ちはや、太一の告白断ってるし、新のこと好きって読んでたらわかるような…

  8. ぱふぃ より:

    作者の太一贔屓に辟易して購読を中止、久しぶりに気になって覗いてみたのですが
    作中屈指の天才()太一君の贔屓に益々拍車がかかっているのですね笑
    ここまでくると清々しいです
    またコミックス買って読もうかなギャグ漫画として

  9. こいしゅ より:

    二戦 〇真島4-綿谷
    3戦 ×真島1-綿谷 

    運命戦で譲ろうとした綿谷くんの陣に抜きにいかず、自分の陣をお手つき!

  10. 匿名 より:

    自分も読んでて作者がどことなく太一の方を贔屓してるなて感じていた
    そう感じてるのは自分だけかなと思っていたけど他にも思ってる人いて少しほっとした出番も新より全然多いし太一の方が人気あるし新好きとしては何だか悲しいなて思ってて作者は恋愛方面も結局最後は千早と太一をくっけるのではと思ってる

  11. 匿名 より:

    逆に、これでちはやが太一とくっつかなかったら
    嫌なんだけど。ずっとちはやを支えていたのは
    太一でしょ? 
    太一を贔屓してるのではなく、そもそも
    新は最初から主役じゃないからだと思う。
    ちはやふるはちはやと太一が主役なのでは?

  12. 匿名2 より:

    わたしも、千早と太一が主役だと思ってる

  13. 匿名 より:

    自分は主役(主人公)はあくまで千早であって新も太一も相手役で主役ではないと思うけどな

タイトルとURLをコピーしました