漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる39巻200首のネタバレ感想

  コメント (10)

BE LOVE 2018年13号のちはやふる200首のあらすじです♪

200首はおそらくコミック39巻に収録されると思います。

ちはやふる39巻200首のあらすじ【ネタバレ注意】

千早と結川さん

「速く取るのをやめなさい」

むかし原田先生に言われた言葉が蘇る千早。しかし、次の札はタメすぎて、出が遅くなってしまいます。

千早はフーっと大きく息を吐くと、再び集中力を高めます。

(調子がよくて120%が出てた)
(焦らなくていい)
(100%でいい)
(半音でいい)

先程の札は結川さんが取り、これで千早とは6枚差に。

「若宮さんと練習なんて自信なくすだけやろ」
「なんでやれるん桃ちゃん」

「うちやったら視界に入れたくもないわ」

結川さんは、練習仲間から言われ続けてきたことが頭に浮かびます。

(つらくても視界に入れ続けてきたから)
(うちはここにおるんや)
(かるたを愛し)
(かるたに愛された)
(あの変な服の趣味の)
(孤独な怪物を)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

太一と新

さっきの札は太一が取り、新との差はこれで1枚に。しかし、新は全く焦る様子はありません。

(いまのは)
(太一が取る番)
(次は)

次の札。一瞬時が止まったと錯覚するよな滑らかな動きで、新が札を払います。

そんな新の動きに圧倒されながらも、次の札へ集中し直す太一。

(新はスピードを上げてくる)
(「かぜそ」のパターンで)
(一枚でも守る)

しかし、今度は圧倒的な速さを速さを見せつけ、新が連取。

(囲ってたのに)
(隙間があったのか?)
(分からない)
(できるのか)

太一が呆然となる一方、新は自分が一番だと確信しているかのようにドッシリと構えます。

(太一はオレの)
(ライバルなんやろ?)
(叩き潰してもまた)
(戦ってくれるんやろう?)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

母親達

太一のお母さんが戻ってきて、外から観戦していることに気づく千早のお母さん。

外は雪。千早ママは傘を持って、太一ママのところへ向かいます。

並んで観戦しながら、千早ママは千早が小さかった時のことを話し始めます。

「娘さんのことよく見てらっしゃるんですね」
「私なんか見てるつもりでもちっとも分からなくて」
「高3で受験もあるのになんで・・・」
「って思うばかりで」

「わかります・・・」

ガックリする太一ママに、千早ママも心から同意します。すると、今度はそこへかなちゃんのお母さんがやってきます。

「ふふ」
「これはもうあの子たちが人の親になるまで分かってもらえない」
「親心ですよ」

その時、ちょうど和泉式部の歌が読まれます。それは娘が子供を産んだ直後に亡くなってしまった時に読んだ歌。

残された孫を見ながら、和泉式部は娘がきっと自分よりも親よりも、我が子を不憫に思いながら逝ったのだろうと想いを馳せます。

「親子の情など一方通行でいいんですね」
「おかげで分からないことばかりですけど」

かなちゃんママはそう言いながらも、少し寂しそうな顔に。

「自分のがんばりを認めてほしいたった1人」

太一ママは、先ほど周防名人から言われた言葉が頭に蘇ります。

(図星だった)
(愚かね私・・・)
(太一のがんばりさえ認めてこなかったくせに・・・)

いま精一杯戦っている太一の姿を見つめながら、太一ママはガックリとうなだれます。

一方、中では原田先生が3人の戦う姿をしっかりと見つめています。これまでの3人の物語をずっと見てきた原田先生。

(目をそらさず)
(見届けよう)
(今日が終われば)
(3人が)
(2人と1人になる)