漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる39巻202首のネタバレ感想

      コメント (9)

BE LOVE 2018年15号のちはやふる202首のあらすじです♪

202首はおそらくコミック39巻に収録されると思います。

ちはやふる39巻202首のあらすじ【ネタバレ注意】

新vs太一

2試合目は、1-3となり太一にはもう後がない状況。

その頃、周防名人は帰り道で、雨に降られています。

「執着するな」
「勝ちも負けも」
「どうでもいい」

以前 太一に言ったことを思い出す周防さん。

(たしかにある)
(そうやって得られる強さはある)
(でも君はさ)

一方、太一はギリギリの状況で、必死に打開策を練ります。

「読まれる札が」
「消えて見えるんだ」

周防さんの言葉が頭に浮かぶ太一。

(そんな悲しいかるたがあるか?)
(周防さん)
(そんな悲しいかるたがあるか?)

その時、太一はフト両肩を原田先生に叩かれた気がし、バッと顔を上げます。

もちろん原田先生が自分の側にいるはずもなく、先生の姿は応援席に。その原田先生の顔をじっと見つめます。

(どうな時も)
(俺の先生は原田先生だけ)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

次の札

(来い)
(読手に)
(「この札を読ませる」くらいの気迫で)
(来い)

右下段の札を、思いっきり見つめる太一。そして、次の札が読まれます。

「つき」
「みればー」

読まれると同時、思いっきり身を乗り出しますが、これは空札。あまりの緊張感に、太一は青ざめ、ドッドッと心臓の鼓動まで聞こえてきます。

そんな太一の姿を冷静に見つめる新。

(空札あと何枚あるから太一なら承知やろう)
(一枚に執着しすぎると自滅するで)
(ここにまだ4枚あるんや)
(苦しくなるばっかりや)

その時、他の札が消え去り、新の右下段の札だけが浮かび上がります。

(苦しい時の)
(右下段)

「はやぶるー」

すごい勢いで札を払う太一。そして、今度は逆に新が青ざめます。

(いま)
(畳の上に)
(「ちは」しかなかった)
(なかった)
(「ちは」しかなかった)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

決着

1-2となり、次の札。太一が自陣右下段の「ふ」の札を払います。

(F音)
(「ふ」になる前の音)

その様子を千早が事務室の小窓から見つめています。

払った札を丁寧に拾いながら、子供の頃、千早たちと一緒にかるたをしていた時のことを思い出す太一。

(周防さんみたいには取れない)
(できないあんな天才の真似)
(オレの憧れはずっと)
(あの時の)
(千早の取りなんだ)

太一の思いが伝わってきたのか、千早の目からドッと涙が溢れてきます。

そして、1-1となり、ついに勝負の行方は運命戦に。

「ちぎりな」

バッと自陣の札を抑える新。これで勝負は決着と思われましたが・・・

「運命戦になったらオレに譲れよ」

「うん」

新は前に太一と話したことを思い浮かべます。

そして、新はスッと札から手を離します。札の上を抑えてはいたものの、まだ触れてはいません。

「取れや」
「太一が取らんと」
「2試合目が終わらん」
「3試合目は譲らん」

顔にものすごい気迫を漲らせる新。その表情に太一は圧倒されます。

ちょうどその時、事務室で困った顔をしている詩暢。詩暢の膝の上には、涙を浮かべて気を失っている千早の姿が。

「名人戦予選」
「第2試合は・・・」
「一枚差で」
「真島太一くんの勝利です」

会場から司会者の声と、ワッと湧き上がる観客の声援が聞こえてきます。