ちはやふる40巻205首のネタバレ感想

BE LOVE 2018年19号のちはやふる205首のあらすじです♪

205首はおそらくコミック40巻に収録されると思います。

ちはやふる40巻205首のあらすじ【ネタバレ注意】

千早と詩暢

「やらんか?」
「うちと」
「五番勝負のクイーン戦」

「え・・・?」
「五番勝負・・・?」

突然の詩暢の申し出に、訳が分からず呆然となる千早。

そんな千早に詩暢は、再来年からクイーン戦も五番勝負となることと、それを1年早めてやってみたいことを説明します。

「うちがテレビに出るときはいつも」
「『女子高生クイーン』や」
「『女子高生』の肩書きが話題性あるってこと・・・」
「初の五番勝負の挑戦者まで女子高生やったらなおさらや」

自分の都合しか考えていない詩暢に、かなちゃんが怒り出しますが、詩暢は平然とした態度。

「何が悪いんや?」
「かるたしかないうちにはこの方法しかない」
「うちはプロになりたい」
「かるたで生きていきたい」
「利用できるものは何でもするわ」

超自分勝手なことを言いながら、千早の顔をジッと見つめる詩暢。そして、おばあちゃんに言われたことを再び思い返します。

「世界で一人目の」
「かるたのプロになんなさい」
「”二人目以降の人間のために”」
「”あんたがまずなんなさい”」

詩暢の事情を説明されても、千早はやはり今はどうしていいか分かりません。

どう返答していいか困っていると、千早はあることを思い出してハッとします。

「あ・・・」
「あれ?」
「た・・・太一と新の試合は・・・?」

下でまだ太一と新が試合をしていることを聞くと、千早はあわてて会場へと駆けつけます。

決勝戦 3試合目

ドキドキしながら会場へ入る千早。しかし、2人の前に並べられた札を見て、唖然とします。

(じ・・・)
(16枚差!?)

目の前にはツラそうに息を切らす太一の姿が。

次の札。新が太一の陣に3枚もある「か」の札を、全てきれいに渡って取ります。

さらに次の札も新が取って、あと2枚で負けという状況に。

しかし、太一は集中力を高め、決してあきらめません。

(しがみつくんだ)
(行かせない)
(かっこ悪くても)
(行かせない)

次の札は、見事に太一がゲット。すると、この時 新の袴の腰紐が緩んでしまいます。

腰紐を直してもらいながら、太一の小学校へ転校して来た時のことを思い出す新。

放課後、太一がサッカーに誘ってくれたというのに、新はアッサリと断ってしまいます。

(もし転校先に千早がおらんかったら)
(太一は絶対)
(絶対話しかけてくれて)
(そしてオレは)
(絶対うんって言わん)
(だってオレ)
(かるたしか上手くできんし)

腰紐を直してもらったところで、試合再開。

新が次の札を取り、とうとう太一は最後の一枚に。

(行かせない)
(行かせない)
(行かせない)
(周防さんを長崎に帰すんだ)

この状況になっても、まだ勝負を諦めない太一。

(千早の夢の)
(一番近くに行くんだ)

しかし、無情にも次の札も新が払い、新の勝利で試合終了。

歓声と拍手が会場に響き渡ります。

太一と新

試合が終わっても、札を挟んで向き合う太一と新。

「オレが・・・」
「オレがサッカーやってもよかったんや」

「え?」

新がボソボソと太一に話しかけます。

「オレがもうすこし器用で」
「球技も得意やったら」
「サッカーしとったんや」
「太一と」

新は、太一と一緒にボールを追いかける姿を思い描きます。

「なのに太一はかるたしてくれた」
「他の何でもオレよりできたのに」
「やったことないこと・・・」
「オレが得意なこと・・・」

新は苦しそうに言葉を絞り出します。

「こんなに長くやって」
「こんなに強くなるまで努力して」
「どんな顔してオレが」
「太一のこと邪魔やって思えるんや・・・」

ゆっくりと太一の両肩に手を伸ばす新。そして、涙を溢しながら、思いっきり太一を抱きしめます。

「か・・・」
「かるたを一緒にしてくれて」
「ありがとな」

新に抱きしめられながら、さっき札を並べた時のことを思い出す太一。生まれて初めて、札を愛おしく感じます。

(友達を)
(先生を)
(懸けるべき青春を)
(この時間をくれた)
(かるたが愛しかった)

ちはやふる40巻205首の感想【ネタバレ注意】

ついに太一と新の決勝戦の勝負がつきました~

太一も大健闘したものの、2戦目も新が譲ったようなところもありますし、実力通り新が完勝といった感じかな。

まあ、でも勝敗どうこうよりも、2人がお互いのことを想っていることを再確認できて嬉しかったです。

試合中は、若干険悪なムードもありましたけど、やはり新と太一はお互いが かるたよりも何よりも大事な存在なんでしょうね。

かるたでは、太一より新が上だということがハッキリしましたけど、それは新が得意なことに太一が付き合ってくれたから。

もし、新がサッカーをしていたら、逆に新がずっと苦しい思いを抱えながら、サッカーと向き合うことになってたのかな。そんなことを想像しちゃいます。

それに、かるたでは新に負けてしまいましたけど、恋愛の勝負の行方はまだまだ分かりませんね。太一は千早を手に入れられるよう、がんばって欲しいです♪

あと、詩暢ちゃんのおかげでクイーン戦が五番勝負になる流れなのも嬉しい~ 5試合目までもつれ込むような、白熱した戦いになるといいなあと思います。

コメント

  1. じんぱぱ より:

    毎回、楽しみにしてます♪

    新と太一は
    やっと友達のスタートラインに立ったのかな?と思いました

    今回の名人クイーン戦が最終回に繋がるだろうからクイーン戦は5戦が良いですね

  2. ひびき より:

    新がデレたー!泣きながら太一に抱きつくシーンに、こっちも泣いたよ。
    新かわいい!私は太一好きだけど、今回は新に萌えた~。
    不得意なことを続けることが苦手な新が一番、
    結果が出ないのに続ける太一の凄さを理解しているのかもしれない。
    太一は小さい頃から様々なことをやらされていたので、
    未知の世界へ踏み込むハードルは低く、
    そこから習得していくことも新が思ってるほど苦でもないと思う。
    だからカルタ以外の世界に飛び込むことが出来なかった新の世界に、
    わざわざ入ってきてくれたという新の感謝の想いは、
    太一には理解できないかもしれないけど、それでいい。
    そして太一もカルタをしてきたことで得られたら素晴らしい人間関係や経験を想い、心から感謝できた。
    いい戦いだったのでは。
    太一は試合から退場するけど名人の札ボーイとして参加するのかな。
    あれ、新の札ボーイの可能性も?あ、千早の?

  3. もも~ちゃん より:

    ホントですよねえ。 自分の土俵に上がって勝負してくれた太一は、新たにとってかけがえのない友人ですよ。 垣根も飛び越えて来てくれたのだから、それでこそ本当の友達!と言う気がします。 そして太一にとっても、ずっと挑戦し続けられる最高の目標でありライバルなんじゃないでしょうかね? ああ、麗しき友情!

    札ボーイ、札ガールは誰がするんでしょうねえ? 周防さんと太一がそれぞれ名人と新の札ボーイになったら、それはそれで因縁めいている気もしますが、大判係としてはこんなに豪華な選択肢はないでしょうねえ。千早のはカナちゃんですかね? 案外猪熊さんだったり桜沢先生だったりもするのかしら? 益々続きがきになります!

  4. 匿名 より:

    束で太一が負けか。
    これで和むようなら太一は一生新に勝てないが、まぁ実力通りだろ。

  5. 匿名 より:

    さあ、次回周防さんはどうするか!
    この戦いを見て 打倒 新にスイッチか!

  6. もも〜ちゃん より:

    もとい 須藤さんと太一が(周防さんと新の)札ボーイになったら、さらに因縁めいて来ますねえ。

  7. 匿名 より:

    私は太一は新につくかなって思います!
    新の札ボーイ&ガールしてくれそうな人が限られてるので、消去法でいくと太一しかw
    村井さんは先輩だし(目上の人にさせる役目じゃなさそう)、
    舜と滉だと、どっちがするか揉めるだろうし、
    理沙ちゃんは立候補してきそうだけど、本筋に関係ないし、
    望月さんは影が薄すぎる。
    由宇ちゃんはかるた会所属してないやろうし。
    大穴で翔二かなw
    伊織ちゃんが原作にいたら、伊織ちゃんしてそうなんですが。

    須藤さんと太一と名人の関係は、まだ清算されてませんもんね。
    太一にポジションを奪われたことで、須藤さんは太一に複雑な思いはあるかもしれませんが、女々しい性格ではないので、こじれることはなさそう。
    なので心配はしてないですけど、どう描かれるかは楽しみです!

    太一はこれでカルタをやめてしまうんでしょうか。
    中学時代のように細々とは続けてくれそうですが、新や千早のようにトップを目指す本気の練習時間が太一にはもうなくなりますよね。
    太一の強さは今がピークなのかと思うと切なくなります。
    千早の練習相手としてずっとそばでカルタしてほしいですけど。
    それなら強さはキープできそう…。

    あとは散々伏線で「名人は新のようなタイプはものともしない」と言われ続けているので、名人決定戦どうなることか。奇しくも名人も新も太一によって変化させられたこと(気付かされたこと)があったので、それが試合に影響してくるのでしょうか。

  8. 匿名 より:

    嬉しいのは新も太一も「ちはや」を見ていないこと。新ははじめからカルタそのものと太一を見ていたけど、太一もカルタそのものと新に正面から向き合った。それがすごく嬉しい。

  9. 匿名 より:

    みんな、超ハイスペイケメンで、受験の合間に勝つ気なく翻弄したいだけなのに、カルタもあっという間に新に並ぶ超天才なのに、なぜか不憫で健気で不運で才能ない扱いの太一の応援してたのに残念だねw!
    無理やり感動描写されてたけど、最後までまともにカルタに向き合うことなく、卑怯で自分勝手で自己中、女目当てや嫌がらせのためにカルタする小者のまま終わらせられて、残念だね!
    今までの太一の態度考えたら負けて当然だし、千早がいなかったら太一がサッカー誘うなんてあり得ないどころか散々イジメして嫌がらせしてただろうに、新がアホみたいにお人好しで、勝手に太一をいい奴扱いしたら、太一ファンが「太一は本当に素晴らしい人間!人の土俵で頑張ってすごい!」て、作者のゴリ押しと心象操作真に受けてて、ほんとアホかと思うw
    まあこっから千早が負けた太一見て、「太一が好き!」って言いだす感じプンプンだよね。なら太一ファン脱落せず最後までついてくだろうし。千早は新と世界一になると約束した頂上決戦に、新が進んで嬉しくない、太一に勝ってもらい一緒に行きたかったんだね。クソすぎて、太一とくっつけばいいと思うよ。2人とも大した情熱もないし惰性でやってるだけで、お互いカルタより色ボケしてフラフラしてるだけだしお似合いカップルだし。
    太一ファンはストーリーもキャラ設定も太一の精神的成長も関係なく、千早さえゲットするか、千早と新がくっつかず3人エンドすりゃ満足なんだし、まだ全然可能性あるよ!特に次回!
    なんと言っても作者が一番の太一厨だし!
    期待してればいーんじゃないw?

  10. 匿名 より:

    こんな長文をつらつら書く時点でアンチ装った太一ファンやんけ
    わざと挑発して新ファンにヘイト向かわせたいだけやろ

  11. 匿名 より:

    むしろ作品のアンチかな
    どっちのファンでも無さそう

    カルタに向き合ってきた時間も密度も違うしこの勝敗の結果はとても納得
    改めてお互いにかけがえのない友人だって認識できて良かったなー

  12. 匿名 より:

    カルタにかける思いも経験も違うから負けて当然、太一は偉いんだって言ってるけど、太一は何度も卑怯と戦うやら夢見つけるに反応とか、カルタに向き合う成長機会は何度もあったよ。
    でも結局最後までカルタに向き合うこともなくなく、新への劣等感ぶつけ、千早をゲットをメインにやってた。
    最後に急に札が愛しいとか言わせてるけど、
    こんなの負けて当然の結果だと思う。
    なんか2人は友人でライバル感動のシーンやってるけど、千早絡む前から新にいじめしてたし、サッカーに誘うとかないでしょ。襟の件だけで、今までの嫌がらせ全部無かった扱いで、太一は素晴らしい友人!ってのも調子良過ぎるし。
    太一は自己中な人間だったけど、周りがいい人で、勝手に太一を誤解していい人扱いするから、全て許されOKって言うだけだと思う。こんな最後に小手先でいい人描写するんじゃなく、もっと早くにちゃんとカルタに向き合ってガチンコ勝負すれば、普通に清々しく終われたんだし。

  13. ひびき より:

    この上のコメントもわざとなのかな。それともマジなのかな。
    受け止め方は人それぞれだから否定したくはないけど、
    そんな内容じゃなかったはずだよ、ちはやふるw
    いろんな意見聞くのは面白いけど、
    そんなに他人に否定的だったり、内容歪曲して語られると、
    なにも響かないね。

  14. 匿名 より:

    立ち読みした。
    新が太一に抱きつくシーンやばっ!最後に二人抱き合うとこも。もう最終回でも良いんじゃね?と思うくらい良かったぞ~
    太一と新の友情?にカンパーイ????

  15. (・ε・) より:

    しかし、新vs太一より熱い試合はないから、この先の展開が苦しいですね。
    周防さんvs新でどうやって盛り上がるのか。クイーン戦も、この1年、千早が強くなったというより、詩暢ちゃんの強キャラ感が下がった印象。初登場時の最強感はどこへ。

  16. 92923 より:

    嫁がずっとこの作品読んでて、引きずられて読むようになったんですが・・
    この回は男のボクでも相当泣けました
    太一派・新派みたいなのんもありますが、もうそんなもんどうだってええ

  17. 匿名 より:

    千早が新に構う前から新には一人も友だちがいないっぽかったので、千早がいなければ太一が優しくしてくれたはずって言葉には「ん?」ってなりました
    かるたを続けたのも千早のためだし……ただ、これは読者の目線ですよね。
    新の目線だと太一は苦手なかるたを続けてくれて、大好きなかるたをつまらないって否定しないでくれた。そう考えれば新が太一を優しいと考えるのも納得できます

  18. 匿名 より:

    青春全部賭けてもやはり太一は勝てなかったかw

  19. 匿名 より:

    また頭おかしい長文新ヲタが発狂してんのか。
    この人前からどこでも長文垂れ流してるから浮いてるけど今回は新が勝ったのに何で発狂してんの?
    良い話なのにもはや何でも難癖つけたがる統合失調症のクレーマーでしかないな。

  20. 匿名 より:

    負けてても新の袴直してあげるなんて、なんて太一は優しいんだ…
    心優しい天使だわ

  21. 匿名 より:

    結局太一って今までカルタが嫌いだったのかな。
    太一を見習って結果が出なくても頑張ってる俺はどうなるんだ。

  22. 匿名 より:

    太一はこれでカルタを卒業するんだと思う
    カルタなんてやらずに別の青春を追っていればよかった、と思わせず
    これでお別れだけど愛しかった、と思わせて

  23. 匿名 より:

    長文の方の言っていることは正論だと思うけど、この漫画のファンには受け入れられないよね。この漫画のブレを正面から指摘しても漫画を楽しんでいる人たちには何のメリットも無いのだから。
    まるで麻生太郎大臣はみたいな物言いだよ。正論だけどちょっとね、という感じ。

  24. 匿名 より:

    太一ってそんなに卑怯か?むしろ自分の中の卑怯さと向き合って正々堂々と戦ってたと思うんだけど…
    何にしても作品に対する批判はしてもそれを読んで楽しんでる人たちを批判したり貶したりしては行かんでしょ…

  25. 匿名 より:

    うん、太一は自分と向き合ってて好印象なキャラだよ
    新ファンってみんなこうやって太一や太一ファンを貶すことに情熱注いでるような陰湿な感じなのかな
    それが新というキャラの価値を落とすことになってるのにね

タイトルとURLをコピーしました