ちはやふる40巻206首のネタバレ感想

BE LOVE 2018年20号のちはやふる206首のあらすじです♪

206首はおそらくコミック40巻に収録されると思います。

もし、絵付きでちはやふる206首を読みたいなら、U-Nextで「BE LOVE」最新号を今すぐ無料で読むことができますよ♪

「BE LOVE」を無料で読む

ちはやふる40巻206首のあらすじ【ネタバレ注意】

太一

向かい合い、試合終了の礼をする太一と新。この瞬間、太一が生まれてた始めて札を愛おしいと思った時間が終わります。

2人を見守っていた千早の目からは、ボロボロと涙が溢れてきます。

その時、窓の外の周防さんが、スッと新を指さします。そして、すぐにその場を立ち去っていきます。

(えっ・・・)

(えっ・・・?)

(周防くんが・・・)

(なんや今の・・・)

周防さんの意図が分からず、戸惑いの表情を浮かべる観客達。そんな中、太一は3試合目の前、周防さんに頭を下げた時のことが頭に蘇ります。

(あの礼はきっと)
(”ありがとう”と”さよなら”だ)
(”ありがとう”)
(”さよなら”)
(ありがとう)
(さよなら)
(だけど・・・)

「・・・・・・・」
「はっ・・・」

軽く苦笑いする太一。

「新」
「周防さんは強ぇー」
「でも」
「取りに行けよ日本一」

そして、太一は千早の方へ顔を向けます。

「千早」
「千早は」
「世界一な」

とても澄み切った笑顔を浮かべながら、太一は千早を激励します。

千早と詩暢

試合終了後、名人戦とクイーン戦に向けた会議が開かれます。

「え?」
「若宮さん今なんと」

「詩暢ちゃん」
「そんな思いつき言ったらあかん」

会議で、詩暢がクイーン戦5番勝負を提案し、各かるた会の先生達は仰天します。

さらに、意見を求められた千早も・・・

「わ」
「私は」
「五番勝負でも大丈夫です」
「若宮さんが望むなら」
「5戦でも10戦でも」

ハッキリとそう言い切ります。

これまで、自分は詩暢に勝つためにかるたをやってきたと思っていた千早。しかし、先ほど荒野にいる詩暢を感じて、確信します。

(私は)
(1人でいる詩暢ちゃんを)
(助けにきたんだ)

「私・・・」
「五番勝負にしてもらえたら」
「若宮さんに勝つ自信があります」

千早の言葉にハッとし、すごい形相で千早を睨みつける詩暢。そんな詩暢に負けじと、千早も詩暢の顔を睨み返します。

(太一と新のように)
(周防さんと太一のように)
(力の限りぶつかることでしか)
(助けられない)

体調が悪く寝込んでいる新のお母さん。夜、ふと目がさめると、仏間の電気がついていることに気づきます。

中を除くと、仏壇の前に座っている新の姿が。しかし、気がつくともうそこに新の姿はありません。

お母さんが呆然としていると、寝込んでいることを聞いた由宇がご飯を持ってやってきます。

「由宇ちゃん・・・」

由宇を見て、お母さんはハッと我に返ります。

その時、お父さんからビデオメールが送られてきて、2人は一緒に見ることに。動画を再生すると、2試合目に負けて落ち込む新の姿が映ります。

「由宇の弁当先に食っとけば負けんかった」
「じいちゃんの介護」
「一緒にしてくれた由宇の弁当は」
「じいちゃん担げるくらいのカロリー入っとんのや」
「バランス変でも」
「ありがとな由宇」

カメラの方へ、しっかりと向き直る新。

「3試合目は」
「全部出して勝ってくるからな」

新は、カメラの向かって、ハッキリとそう宣言。そして、そこで動画は終ってしまいます。

「え!?」
「これで終わり?」
「なんで結果教えてくれんの父ちゃん」

お母さんがお父さんに怒り出す隣で、由宇は目に涙を滲ませます。

「・・・もう」
「バカやなあ」
「新」
「心だけ先に帰して」

先ほど仏間で見た新の姿を思い出し、新が勝ったことを悟るお母さん。

「勝った報告だけじいちゃんにして」
「ずるいわほんま」

ちはやふる40巻206首の感想【ネタバレ注意】

今回は、決定戦終了後のひとコマという感じでした~ みんなの今の心境とかが分かってよかったです。

太一が千早を激励した時の顔が、まるで少年みたいに澄み切っていたのが印象的でした。新と思いっきりやり合うことができて、太一の中では満足感でいっぱいなんだろうなと思います。

千早と詩暢ちゃんの間には、早くも火花が散ってましたね。クイーン戦も多分このまま5番勝負になりそうで嬉しい!詩暢ちゃんに、1人ではなく2人でかるたをする喜びを味わせてあげて欲しいです。

新は生霊みたいに、おじいちゃんに報告だけしに帰って来たみたいです(笑)まあ、その描画はともかく、おじいちゃんも嬉しかったでしょうね。次は、挑戦者ではなく、名人になった姿を見せてあげて欲しいなあ。

それと、最後の由宇ちゃんを見て思い出しましたけど、新がどん底の時、由宇ちゃんがずっと支えてくれていたんですよね。由宇ちゃんはきっと新のことが好きなんでしょうけど、新にも少しはその気があるのかな?

最終的には、千早と太一、新と由宇ちゃんという形に落ち着くのかもしれません。それが一番しっくりくるような気もするし、新が千早以外の子を好きになるのは少し寂しい気もします。

名人戦も、クイーン戦も、恋愛も、どういう決着になるのか今から楽しみです♪

「ちはやふる」最新話を無料で読む

ちはやふる最新話のネタバレを紹介しましたが、やっぱり漫画は絵付きで読んだ方が断然おもしろいですよね!

「U-Next」を使えば、ちはやふるが連載されている「BE LOVE」最新号を今すぐ無料で読めちゃいます。

今回のちはやふるのネタバレが面白いと思った方は、ぜひ試してみて下さい♪

31日間の無料トライアルがあって、登録してすぐ600円分のポイントがもらえます。いつでも解約できて、解約の手続きもとても簡単なので安心です。

「BE LOVE」を無料で読む

コメント

  1. もも〜ちゃん より:

    ああ、感動。。。。 続きが読みたいです〜^_^
    早速のアップありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    相変わらず太一推しすごいね。
    まあ名人取れない以上、太一ファンの当初の目標の千早ゲットしか残ってないし、だから太一は千早ゲット、新は由宇とくっつくのが「自然」か…。
    千早のカルタの始まりで、情熱の源泉で、千早同様カルタバカで真っ直ぐなカルタして、卑怯な友人許す心持ち、千早同様頂点目指す新じゃなく、千早のカルタの始まりに関係なく、イジメしてて、その後も嫌がらせや八つ当たり無理キス放り投げ退部し、2人に同じ思い返す言ったのに翻弄しにきた勝つ気ない言って、最後まで名人目指すでも新が目標でもなく、卑怯全開で千早目当てに嫌がらせカルタしてた太一とくっつくのが「自然」か..。それってテーマもカルタも性格も全部無視して、ひたすら「太一は千早を好きだから」ってだけだよね?太一が支えた言っても、支えてくれたのわかった上で千早は振ったし、その後も死ぬほど太一のこと考えても太一が好きとか言ってないのに、何が何でも自分の感情優先で、千早を傷つける、最後にちょっと札愛しい思っただけの卑怯者とくっつくのが「自然」なんだ
    凄い恋愛脳一色の発想だよなあ。

  3. ひびき より:

    今回は後日談な回ですけど、印象に残る絵がいっぱいなので、是非とも本誌もみてほしい!
    何か決意した千早のアップ。
    新に宣戦布告する今まで見たことのないような周防名人。
    千早がずっと見たかったであろう、太一の清々しい笑顔。
    じいちゃんに報告するかわいい新。
    しのぶちゃん相手に千早がどこまでいくのか楽しみですが、
    本気になった名人相手に、新はどう戦うのかは怖いです。
    今のままじゃぼろ負けしそうなんですけど…。

    私も由宇ちゃんは新が好きなんだと思ってます。
    新が好きなのは小学生時代の千早なのか、今の千早なのか、
    千早との交流が少なすぎて、よくわからなくなってます。
    これから描写増えるんですかね。
    個人的にはしのぶちゃんと新のやりとりが好きなんですけど。

  4. D より:

    ありがとうございます。

    ファン、増えましたね。何よりです。

    僕も、頑張ります。

  5. 匿名 より:

    そんな嫌なら読まなきゃいいのに…

  6. 匿名 より:

    新と由宇ちゃんが良い感じになってゆくのかな…?
    一巻で千早と新の関係性に惚れた身としてはやっぱり寂しいかな。。
    でもしのぶちゃんと新ならそれはそれで面白そうなので見てみたい

  7. 匿名 より:

    まぁ、そんな批判せずに、フィクションなんだから気楽に読みましょうよ\(^^)/
    そういうのは5ちゃんねる掲示板行けば、いくらでも聞いてくれますよ(^_^)

    全員が善人で同じ性格してたら、ストーリーは成り立ちませんからネ。

    裕福で親の圧力があっての太一、駄目姉に手がかかり放任(信頼)されてる千早、名人を祖父にもつ新、厳格な祖母・出戻りの母と暮らす詩暢、周防さんも含め、育った環境ごとの性格が上手に描写されてると思いますけどね。

    太一が好き、新が好き、個々の贔屓目はあるでしょうが、文句や悪口は反則です

  8. 匿名 より:

    新には由宇ちゃんがすごく似合う。ベストカップル。

  9. 匿名 より:

    勝っても負けても太一はかるた止めるんじゃないかと思っていたが、続けそうな気配で良かった。

    周防さんは弟子の敵とるためにやる気出す?

  10. 匿名 より:

    また長文の頭おかしい新ファンが…
    この人、ここに何しに来てるんだろう?
    注意されても一向に態度改めないし、もはや病気にしか思えない

  11. 匿名 より:

    太一と千早にくっついてほしいなぁ〜
    ずっと頑張って努力しながら千早の側にいて支えてきた太一に報われてほしい

  12. 匿名 より:

    コミック派ですがなかなか我慢できなくて、こちらにはいつもお世話になっています。
    太一が髪を切ってから、なんだかちょっと影が薄くなったような気がして、ひょっとしてこのままフェイドアウトするのでは!?と気が気ではなかったのですが、由宇ちゃんここで出てきましたか。よろしくお願いします。

    新脳の方もいるならば、自分は太一脳かもしれません。
    先日「ひるなかの流星」を読んで「なんか太一に希望が持てる気がする…」と呟き娘に苦笑されました。

    来月の発売が楽しみです。

  13. 匿名 より:

    かるたが駄目だったから千早を景品代わりになんて展開はないでしょう
    太一はとてもいい笑顔ですしむしり吹っ切れたのかなと
    恋は叶わなかったけれど千早が大事な人間というのは太一の変わらない良い部分だと思います

  14. 匿名 より:

    太一は菫とくっつくもんだと思ってる
    ちょいちょい菫に焦点あたるし

  15. もも〜ちゃん より:

    ちはやふるって、少女漫画というより少年漫画ですねえ。 恋愛要素が薄くて、かるたが1番の主役でそれに取り憑かれる人たちや、その人たちを支える人たちのドラマ。 みんなにスポットライトが当たってて、それぞれのドラマが面白いです。最早、漫画の枠では収まりませんね。 これは一種の社会現象なのではないでしょうか? ちはやふるに関して論文が書けそうです^_^

    誰と誰がくっつくかは不明ですが、基本的に千早は新が好きなのだとお思います。が、それとは別のところで太一のことも特別に思っているんでしょうね。 太一は千早よりも菫ちゃんの方が似合う気もします。いずれにせよ、一生物の友情もライバルもあって、素晴らしい青春漫画だと思います。次回が楽しみです。

  16. もも〜ちゃん より:

    あとしのぶちゃんと周防さんも結構お似合いな気がします。しのぶちゃんは新のことはライバル視してる気がしますが、周防さんに対してはまた違う気がします。 付かず離れずで、不器用なもの同士あんがいうまくいく気もします。

  17. 匿名 より:

    まぁここのサイトの主は間違いなく
    太一大好きオタクなんだな
    後書き見たらわかるけど

  18. 匿名 より:

    机=ロリ巨乳
    肉まん=翠?代目
    ポコ作=ももちゃん
    周防=しのぶ 
    新=由宇
    太一=菫
    千早=どS

    これからの名人クイーン戦の数十年後にまとまってれば良いと思う少女マンガ的な組み合わせ♪
     
    でも菫ちゃんにはつくばか兄弟が絡みそうw
    太一にはすんなり落ち着いて欲しくないのは太一の葛藤が好きだったからかな
     

  19. 匿名 より:

    須藤さんは、天才と才能に今は勝てなくても、諦めずにいつか勝つための努力を怠らない人としての強さを持ってるキャラクターだと思うので、負ければすぐに泣く千早を支えてほしいと思います
     
    ヒョロ優狩は末永くお幸せに♪

  20. 匿名 より:

    今回の唐突な由宇のクローズアップ。
    新は由宇エンドでしょうね。
    千早とくっつくのは現実的に無理がある。
    それならまだ太一の方が可能性あるかと。
    周防さんと太一の関係性も気になります。

  21. 匿名 より:

    自分は千早と結ばれてほしい相手がいますが、それを決めるのは作者さんだけなので、誰が相手であろうととても楽しみにしていめすよ!

  22. 匿名 より:

    総じて言えるのは新ファンは粘着質でこわい。ちはやふるファンのほとんどが求めてるのは千早と太一が結ばれることってことだな。

  23. より:

    千早が好きじゃないから新と結ばれなくてもいいけど
    作者の太一アゲには反吐が出る

タイトルとURLをコピーしました