漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ちはやふる40巻206首のネタバレ感想

      コメント (21)

BE LOVE 2018年20号のちはやふる206首のあらすじです♪

206首はおそらくコミック40巻に収録されると思います。

ちはやふる40巻206首のあらすじ【ネタバレ注意】

太一

向かい合い、試合終了の礼をする太一と新。この瞬間、太一が生まれてた始めて札を愛おしいと思った時間が終わります。

2人を見守っていた千早の目からは、ボロボロと涙が溢れてきます。

その時、窓の外の周防さんが、スッと新を指さします。そして、すぐにその場を立ち去っていきます。

(えっ・・・)

(えっ・・・?)

(周防くんが・・・)

(なんや今の・・・)

周防さんの意図が分からず、戸惑いの表情を浮かべる観客達。そんな中、太一は3試合目の前、周防さんに頭を下げた時のことが頭に蘇ります。

(あの礼はきっと)
(”ありがとう”と”さよなら”だ)
(”ありがとう”)
(”さよなら”)
(ありがとう)
(さよなら)
(だけど・・・)

「・・・・・・・」
「はっ・・・」

軽く苦笑いする太一。

「新」
「周防さんは強ぇー」
「でも」
「取りに行けよ日本一」

そして、太一は千早の方へ顔を向けます。

「千早」
「千早は」
「世界一な」

とても澄み切った笑顔を浮かべながら、太一は千早を激励します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

千早と詩暢

試合終了後、名人戦とクイーン戦に向けた会議が開かれます。

「え?」
「若宮さん今なんと」

「詩暢ちゃん」
「そんな思いつき言ったらあかん」

会議で、詩暢がクイーン戦5番勝負を提案し、各かるた会の先生達は仰天します。

さらに、意見を求められた千早も・・・

「わ」
「私は」
「五番勝負でも大丈夫です」
「若宮さんが望むなら」
「5戦でも10戦でも」

ハッキリとそう言い切ります。

これまで、自分は詩暢に勝つためにかるたをやってきたと思っていた千早。しかし、先ほど荒野にいる詩暢を感じて、確信します。

(私は)
(1人でいる詩暢ちゃんを)
(助けにきたんだ)

「私・・・」
「五番勝負にしてもらえたら」
「若宮さんに勝つ自信があります」

千早の言葉にハッとし、すごい形相で千早を睨みつける詩暢。そんな詩暢に負けじと、千早も詩暢の顔を睨み返します。

(太一と新のように)
(周防さんと太一のように)
(力の限りぶつかることでしか)
(助けられない)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

体調が悪く寝込んでいる新のお母さん。夜、ふと目がさめると、仏間の電気がついていることに気づきます。

中を除くと、仏壇の前に座っている新の姿が。しかし、気がつくともうそこに新の姿はありません。

お母さんが呆然としていると、寝込んでいることを聞いた由宇がご飯を持ってやってきます。

「由宇ちゃん・・・」

由宇を見て、お母さんはハッと我に返ります。

その時、お父さんからビデオメールが送られてきて、2人は一緒に見ることに。動画を再生すると、2試合目に負けて落ち込む新の姿が映ります。

「由宇の弁当先に食っとけば負けんかった」
「じいちゃんの介護」
「一緒にしてくれた由宇の弁当は」
「じいちゃん担げるくらいのカロリー入っとんのや」
「バランス変でも」
「ありがとな由宇」

カメラの方へ、しっかりと向き直る新。

「3試合目は」
「全部出して勝ってくるからな」

新は、カメラの向かって、ハッキリとそう宣言。そして、そこで動画は終ってしまいます。

「え!?」
「これで終わり?」
「なんで結果教えてくれんの父ちゃん」

お母さんがお父さんに怒り出す隣で、由宇は目に涙を滲ませます。

「・・・もう」
「バカやなあ」
「新」
「心だけ先に帰して」

先ほど仏間で見た新の姿を思い出し、新が勝ったことを悟るお母さん。

「勝った報告だけじいちゃんにして」
「ずるいわほんま」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ちはやふる40巻206首の感想【ネタバレ注意】

今回は、決定戦終了後のひとコマという感じでした~ みんなの今の心境とかが分かってよかったです。

太一が千早を激励した時の顔が、まるで少年みたいに澄み切っていたのが印象的でした。新と思いっきりやり合うことができて、太一の中では満足感でいっぱいなんだろうなと思います。

千早と詩暢ちゃんの間には、早くも火花が散ってましたね。クイーン戦も多分このまま5番勝負になりそうで嬉しい!詩暢ちゃんに、1人ではなく2人でかるたをする喜びを味わせてあげて欲しいです。

新は生霊みたいに、おじいちゃんに報告だけしに帰って来たみたいです(笑)まあ、その描画はともかく、おじいちゃんも嬉しかったでしょうね。次は、挑戦者ではなく、名人になった姿を見せてあげて欲しいなあ。

それと、最後の由宇ちゃんを見て思い出しましたけど、新がどん底の時、由宇ちゃんがずっと支えてくれていたんですよね。由宇ちゃんはきっと新のことが好きなんでしょうけど、新にも少しはその気があるのかな?

最終的には、千早と太一、新と由宇ちゃんという形に落ち着くのかもしれません。それが一番しっくりくるような気もするし、新が千早以外の子を好きになるのは少し寂しい気もします。

名人戦も、クイーン戦も、恋愛も、どういう決着になるのか今から楽しみです♪

P.S. こちらの記事もおすすめです♪
今すぐ無料で読めるおすすめ恋愛漫画20選!