漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

コーヒー&バニラ10巻40話のネタバレ感想

      コメント (1)

Cheese!2018年9月号のコーヒー&バニラ40話のあらすじです♪

40話はコミック10巻に収録されると思います。

コーヒー&バニラ10巻40話のあらすじ【ネタバレ注意】

リサ

実家へ帰ってきたリサ。

「深見さんどうしてるかな・・・」

離れても考えるのは深見さんのことばかり。リサが縁側でため息をついていると、お母さんがやって来ます。

「また ため息ついて」
「このままこっちに住んでもいいんで?」
「いずれお見合いするか隣の田中さんとこで農家の嫁になるか」

リアルな未来を見せられ、リサはギクッとします。

その時、塀の向こう側に深見さんの姿が。リサはあわてて、外へ飛び出します。

しかし、リサが駆けつけた時には、深見さんの姿はどこにもありません。

(あれ・・・)
(今ここに深見さんがいたような・・・)

リサがしょんぼりしていると、自分の足元が目に入ります。

「・・・あ」
「裸足だったんだ」
「・・・私ってば・・・」
「必死すぎ・・・」

リサは悲しそうに、その場に、うずくまります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

深見さん

一方、いつもと変わらぬ様子で仕事をしている深見さん。すると、社長室へ雪がやってきます。

「リサ様はご実家にいたのでしょう?」
「・・・良かったのですか」

「・・・いいんだよ」

深見さんは、雪にアッサリと答えますが・・・

「お見合いするか農家の嫁になるか・・・」
「ノンビリしたリサにはお似合いやわ」

先ほどのお母さんの話が頭に響きます。

「・・・・っ」
「そんな簡単に諦めるんですか」

「・・・雪」
「そろそろ会議だ仕事に戻れ」

しつこく食らいつく雪を返し、再び深見さんは社長室でひとりに。

「諦める・・・か」

深見さんは顔を抑え、ハーッとため息を吐きます。リサのことを考えすぎて、まるでそこのリサがいるかのように幻聴まで聞こえてきます。

「・・・リサ」
「リサ」
「リサ」
「リサ」

深見さんは、とても切なそうにリサの名前を繰り返します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

深見さんのマンション

結局、深見さんのマンションの前まで戻ってきてしまったリサ。しかし、踏ん切りがつかないでいると、車で深見が帰ってきます。

リサはあわてて物陰へ隠れ、深見さんの顔を見つめます。

(深見さん)
(深見さん)
(やっぱり大好きだよ)

その時、深見さんが隠れているリサに気づきます。深見さんに見つかってしまい、リサは慌てて駆け出しますが・・・

「は~~~」
「勘弁してくれ」

後ろから深見さんのため息が聞こえてきます。

(そ・・・だよね)
(今さら会いたくなかったよね)
(いや)
(それでいいんだよ)
(もう深見さんの迷惑にはならいし)
(これでよかったんだ・・・)

本当の終わりを実感し、涙を流して震えるリサ。

しかし、深見さんは改めてリサを見つめてハッとします。

(幻覚じゃ・・・)
(ない・・・?)

慌ててリサへ駆け寄る深見。ギュッと抱きしめると、幻覚ではない本当のリサがそこにいます。

「わ・・・わか・・・別れたのに」
「わたし帰りま・・・」

リサは深見さんの体を引き離し、逃げ出そうとしますが・・・

「オレから離れて」
「帰るって?」
「帰さないよ」

深見さんは意地悪な表情を浮かべて、無理矢理リサを引っ張っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

玄関

部屋に戻るなり、リサの唇を貪る深見さん。

「ん・・・っ」
「ふ・・・」
「だ・・・め」

「ダメ?」
「そうは見えないけど」

また恋人に戻りたくなる気持ちをグッと堪え、リサは必死に抵抗しますが・・・

「可愛い唇が震えてるよ」
「何をガマンしてるのかな」

深見さんは構わずリサの唇を求め続けます。

(口開けちゃダメ・・・)
(ダメ・・・)
(もっと)
(とけるような・・・)
(もっと)
(深見さんが)
(足りない)

深見さんの愛撫に、ついにリサは陥落。

「・・・いい子だ」
「逃さないよ」
「もう勝手に」
「離れてくなんて許さない」

リサがとろけるような甘い顔になったのを見て、深見さんは今度はリサの体を求めます。

(この体を突き放して)
(もう二度と会わない)
(そうしなきゃって分かってるのに)

最後の抵抗を試みるものの、やはり身体が言うことを聞かないリサ。そして、リサも深見さんの身体を思いっきり抱きしめます。

(やっぱり私は)
(深見さんを手放すなんてできない・・・)