漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

コーヒー&バニラ10巻41話のネタバレ感想

      コメント (0)

Cheese!2018年10月号のコーヒー&バニラ41話のあらすじです♪

41話はコミック10巻に収録されると思います。

コーヒー&バニラ10巻41話のあらすじ【ネタバレ注意】

朝、深見さんの腕の中で目を覚ますリサ。深見さんは、となりでグッスリと眠っています。

(よく見ると目の下にくまが・・・)
(最近眠れてなかったのかな・・・)
(・・・私が)
(離れてたから・・・?)

リサはベッドから出るとリビングへ。

「こ・・・」
「これは一体・・・」

リビングは散らかり放題。いつも完璧なあの深見さんがこんなことになっていたなんて、リサには信じられません。

その時、バタバタと階段を駆け下りてくる足音が聞こえてきます。

「リサ・・・っ」
「リサっ」
「い・・・た」
「・・・よかった・・・」

ホッと安心したようにリサを抱きしめる深見さん。

「それにしても」
「まだ体動けちゃったか」
「昨日の抱き方は優しすぎたかな」

深見さんは一転イジワルな顔になると、リサの身体を求めはじめます。

「あっ」
「だ・・・めっ」

「ダメじゃない」
「もう絶対逃さない」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

リサと雪

昨日は、あれから1日中深見さんに抱かれたリサ。翌日になると、体がギシギシして動くことすらままならなりません。

「ど」
「どうしよう・・・」
「歩けないなんて」

リサが廊下を這っていると、ガチャリとドアが開きます。

「リサ様お目覚めですか?」

入ってきたのは雪。深見さんから、この日のリサの面倒を頼まれたようです。

雪に食事の面倒などを見てもらい、ようやく人心地付くことに。食後、2人はゆっくりとお茶をします。

「本当に別れたいのなら協力しますよ」
「なんせ社長といると危険も多いですし」
「愛想つきますよね」

「っそんな理由で離れてたわけじゃないですっ」
「私がいるせいで迷惑をかけると思ったから・・・」
「で」
「でも」
「まさか深見さんがあんな風になるなんて」

昨日のひどく不安定な深見さんの姿を思い出し、ギュッと手を握りしめるリサ。そんなリサを見て、雪はプッと吹き出します。

「・・・すみません」
「いま思い出しても」
「あんな社長レアすぎたなぁあと」

リサがいない間、深見さんは忘れ物をしたり、寝不足で壁にぶつかったり、営業スマイルすらできなくなっていたそうです。

「それだけ」
「あなたの存在は大きいんです」
「深見宏斗を不幸にも幸せにもできるのは」
「世界でただ1人あなただけだ」

雪の言葉に、リサの顔は真っ赤に。

(私・・・だけ)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

リサと深見さん

次の休日、2人は車でデートへ。

「こうしてリサをデートに誘うのは久しぶりだな」
「実は少し緊張してる」
「だってオレ1度リサにフられてるし?」
「だからもう1度」
「全力でリサのこと口説かせて?」

そう言って、ニッコリ微笑む深見さん。そのとても幸せそうな顔に、リサはハッとします。

2人が向かったのは、きれいな夕日の見える海辺の別荘。

「気にいってくれた・・・?」

「はいっ」

リサの笑顔を見て、深見さんはガクンと頭を垂れます。

「笑ってる」
「また笑ってくれた」
「幸せだ・・・」
「本当に・・・諦めなくてよかった・・・」

リサの身の安全を考えて、本当に別れようかとも思ったという深見さん。

「けど」
「やっぱりオレは」
「どうしてもリサが好きだ」
「一生手放せない」
「オレと結婚してください」
「白城リサさん」
「今すぐオレの花嫁になってくれませんか」

深見さんはリサにひざまずき、その薬指に指輪をハメます。

「は・・・い」
「はい・・・っ」
「よろしくお願いしますっ」