漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してくださいR2巻5話のネタバレ感想

      コメント (1)

YOU2017年2月号のダメな私に恋してくださいR5話のあらすじです♪

5話はコミック2巻に収録されると思います。

ダメな私に恋してくださいR2巻5話のあらすじ【ネタバレ注意】

クリスマス

この日はクリスマス。そして、ミチコの誕生日。さらには、主任との温泉旅行の日でもあります。

外は雪が降ってきそうな天候。ミチコは出発前から目を輝かせます。

「雪合戦とかできちゃう!?」

「・・・・・・」

「えっ」
「なんですかその世界一のバカを見るような目!」

「世界一のバカを見るとこういう目になる」

「なるほど!」

「雪合戦でテンション上げるなよおまえ今日でいくつになるんだ」

「17さ・・・」

「行くぞ」

「ちょっと待って下さいよ!」

2人は温泉へ向かって出発。駅弁をガッツリ頬張りながら、電車で温泉へと向かいます。

旅館へ到着すると、ドッサリと雪が積もっています。

「主任!!」
「雪!!」
「積もってる!!」

「よかったな」

「雪合戦」

「しねえよ」

「なんっ」

つるっ

浮かれまくったミチコは雪の上で滑ってしまいます。そんなミチコを叱りながらも、主任が優しく手を差し伸べますが・・・

つるっ

主任まで滑って転倒。

「あはははは」
「主任も転んでるじゃないですか」

ぼすっ

大笑いするミチコに、主任が雪を投げつけます。それにミチコが反撃し、結局2人は雪合戦を始めてしまいます。

(ああ~~~)
(誕生日に彼氏がいるってこんなにも幸せなんだ~~~)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

旅館

ようやく旅館に入り、部屋へ案内される2人。

「大浴場の方」
「今の時間相手おりますのでよろしければどうぞ」
「雪合戦で冷えたお体もあたたまりますよ」

「「・・・ハイ・・・」」

「ではごゆっくり」

仲居さんの言葉に、2人は気まずそうに答えます。

2人っきりになり、部屋を見渡すミチコ。メチャクチャ広い部屋を見て、ミチコは恐縮してしまいます。

「誕生日プレゼントだよ」
「黙ってもらっとけ」

「イケメンかよお~~~」

「31さいおめでとう」

「歳は言うなよ~~~!」

「31さいかあ」

「2回も言うなよ~~~!」

ミチコは幸せすぎてウルウルしてきます。その後、とりあえず2人は夕食前に温泉へ入ることに。

念願の温泉に浸かりながら、幸せを噛みしめるミチコ。

(・・・去年の誕生日はプロポーズして断られたっけ)
(もし今プロポーズしたら)
(なんて返事してくれるかなあ主任)
(・・・・・・)
(・・・やめよ)
(これ以上贅沢言ったらバチ当たる)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

風呂上がり

温泉を上がって、ミチコがソファで主任を待っていると、向かいにどこかで見たことがある女性が座っています。

「あッ」
「経理の香月さん!」

倒産した前の会社の同僚だと気づきくミチコ。

「あ」
「いつも主任の黒沢くんに怒られてたかわいそうな柴田さん」

「はい・・・」
「かわいそうな柴田です・・・」

香月さんも気づいたようで、2人は懐かしくなってきます。香月さんは会社の倒産直前に寿退社していて、この日はその旦那さんと一緒に来る予定でしたが、急な仕事で来れなくなったとのこと。

そんな話をしていると、ようやく主任がやって来ます。

「えっ・・・」
「香月さん・・・ですよね」

香月さんに気づく主任。香月さんは2人がそういう仲だと分かり、目を丸くします。

「あの頃はごめんね柴田さん」
「柴田さんいつも残業してて忙しそうにしてるの」
「気になってたの」
「でも私」
「部署も違うし手伝ってあげられなくて」

申し訳なさそうに当時のことをを謝る香月さん。

「いえいえ」
「全部主任が悪いんで気にしないでください!」

「なんでオレだよ!」

「世の中の理不尽はだいたい主任のせいですから」

「夕飯の肉とりあげるぞ」

「わっびっくりした」
「こんなところにハリウッドスターがいる!」

香月さんは2人のやり取りとりをおかしそうに笑います。

主任の喫茶店のことを伝え、ミチコと主任は香月さんと分かれて部屋へ戻っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

部屋

部屋に用意された食事を食べ始めるミチコと主任。元同僚との思わぬ再会に、ミチコは今こうしていることが不思議な感じがしてきます。

(そうなんだよね)
(主任とはもう会うこともなかったはずなのに)
(こうして一緒にいられるのってすごいことだよね)

食事を終えて、テラスから外の景色を見つめる2人。空には星がランランと輝いています。

「・・・主任」

「・・・ん?」

「・・・やっぱなんでもないです」

ミチコは何かを言いかけて、恥ずかしそうにうつむきます。

「・・・柴田」

「はい」

顔を上げたミチコに、主任が優しくキス。

「・・・寝るか」

「えっ」
「ちょっ」
「わ!」

主任がミチコをお姫様抱っこしていき、ベッドの上で再び優しくキスをします。

(主任)
(大好き)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

翌日、お土産を山ほど買って帰っていくミチコと主任。楽しそうに旅行のことを振り返りながら、駅のホームで電車を待ちます。

「主任っ」
「ありがとうございました」
「私の人生でいちばん幸せな誕生日でした」

「・・・そうか」

「はい」

とても幸せそうな笑顔を浮かべるミチコ。そんなミチコを主任がジッと見つめます。

「柴田」

「はい」

「結婚しようか」

主任の言葉にミチコは頭が真っ白に。

(・・・・・・え)

P.S. こちらの記事もおすすめです♪
今すぐ無料で読めるおすすめ恋愛漫画20選!